サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ Review Part4   J1 Topics


 Jリーグ Review Part1   J1 全18チーム 総評
 Jリーグ Review Part2   J1 Best11
 Jリーグ Review Part3   J1 Best Game
 Jリーグ Review Part4   J1 Topics
 Jリーグ Review Part5   J1 My Best Game 更新
 Jリーグ Review Part6   J2 総括 New!!!


あなたはどのチームのサポーターですか?  投票中 ← クリック





①全体の底上げが見られた

浦和やG大阪という強豪クラブでも、楽に勝てるチームはひとつもなかった。リーグの全体的なレベルアップが見られた。

当然、選手個々のタレント力では各チームごとに差はあるが、タレント不足を戦術で補うクレバーな戦いを見せて、試合が壊れることはほとんどなかった。

②日本人ストライカー 頑張れ

ワシントン(26得点)・ジュニーニョ(20得点)・マグノ(26得点)がゴールを量産し、得点王争いを繰り広げた。佐藤寿人(18得点)、我那覇(18得点)、播戸(17得点)ら、日本代表フォワードも健闘したが、食らいつくことは出来なかった。

気になるのは、日本人フォワードのシュート数の少なさ。シュート数ランキングは、マグノ(162)・バレー(114)・マルキーニョス(114)・ジュニーニョ(108)・ワシントン(106)・ウェズレイ(98)・パウリーニョ(97)・チョジェジン(95)・ルーカス(95)・エジミウソン(85)と続いて、ようやく11位に日本人トップの佐藤寿人(78)が登場する状況である。もっと積極的にシュートを狙って欲しい。

③力をつける日本人監督

J1では、関塚(川崎)、長谷川(清水)、大木(甲府)という3人の日本人監督が、内容の伴ったサッカーで好成績をおさめて、リーグを盛り上げた。実績のある、岡田(元横浜)、山本(元磐田)の両氏がシーズン途中で辞任に追い込まれる中、監督業界でも世代交代の機運が高まりつつあることを印象付けた。

近年は、平凡なチームだった千葉や大分が、オシムやシャムスカを招聘しチーム改革に取り組んで成功をおさめたように、監督の手腕がチームの運命を大きく左右するようになってきた。選手と同様に、フロントにもプロフェッショナルな仕事が求められる。

④海外からの帰還組の苦戦

小野・柳沢・大久保・平山と、海外リーグからJリーグに復帰した選手が、軒並み苦戦を強いられた。いずれの選手もクラブでレギュラーポジションをつかめず苦しんだ。

特に、W杯を前にJリーグに復帰した、柳沢と小野は日本代表でも活躍が期待されたものの期待外れに終わり、W杯以後もコンディション不良に悩まされた。

⑤ホームで浦和を倒すことがステータスに

ホームスタジアムが赤に占領されてしまう危険性はあるが、浦和レッズをホームに迎えて試合を行うことは、ビッグイベントになりつつある。観客数は、横浜M(50572人)、名古屋(32109人)、FC東京(41528人)、京都(16492人)、鹿島(34236人)、福岡(21545人)で、ほとんどのクラブが浦和戦で、今シーズン最高の観客動員を記録した。

リーグの終盤戦は、横綱相撲を行う浦和をどのチームが、どうやって倒すのか、一番の興味の対象となった。

⑥ 目覚しい若手の躍進

今シーズンは、内田・枝村・本田・藤本・梅崎・梶山・水本・青山・野沢・太田・柏木ら若手の躍進が目覚しかった。W杯が終わって、オシム監督が積極的に若手を抜擢させたことも、リーグの活性化につながった。

各チームに優秀な若手が続々と出現したことで、各チームとも、将来への明るい希望が見えた。

⑦ ACLに対する期待

浦和レッズがリーグ優勝したことで、2007年度のACLに出場するチームは、浦和レッズ(2005年度天皇杯覇者)と川崎フロンターレ(浦和レッズのリーグ優勝による繰上げでリーグ2位)の2チームとなった。

ACLになってからJリーグのチームは結果を残せていないが、その大きな理由は、ACLとJリーグを比べると、はるかにJリーグの方が重要で収入源となるものであったから、ACLは軽視せざる得ない状況であったからである。ただでさえ過密日程なのに、ACLまでベストメンバーで臨んでいれば、選手がパンクする可能性が高かった。注目度も低く、予選敗退しても仕方がないと思っている。

ただ、来シーズンの浦和レッズには、大きな期待をしたい。このチームには、リーグ戦と平行してアジアに遠征して、勝利するだけのパワーをもっている。負の歴史を変えるのは、浦和レッズ以外にない。




当ブログは、人気ブログランキングに参加しています。この記事が面白かったときは、

http://blog.with2.net/link.php?194738505

をクリックして、人気ブログランキングに投票してください。
スポンサーサイト

>>> スタンさん

どうも、こんにちは。入れ替え戦の後、J2の総括はする予定です。そして、そのときは、上位だけではなく中位チームについても、感想を書く予定です。どちらかというと、中位チーム(J2残留になったチーム)に言いたいことがたくさんありますから。

大総括、大変興味深く読ませていただきました。もし良かったらその鋭い視点からのJ2上位チームの総括もありましたら、ぜひ読んでみたいと思います 一ファンの声でした。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/505-c257aab0

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。