サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ Review Part2   J1 Best11


 Jリーグ Review Part1   J1 全18チーム 総評
 Jリーグ Review Part2   J1 Best11
 Jリーグ Review Part3   J1 Best Game
 Jリーグ Review Part4   J1 Topics
 Jリーグ Review Part5   J1 My Best Game 更新
 Jリーグ Review Part6   J2 総括 New!!!


あなたはどのチームのサポーターですか?  投票中 ← クリック





■ 2006年 ベスト11(1st Team)

GK 山岸範宏(浦和)

川口(磐田)や楢崎(名古屋)も候補であったが、最も安定感のあった山岸を選出する。シーズン途中から、都築に代わってゴールを守るようになると、もともと安定感のあった浦和DFはさらに強固になった。

派手なセーブはそれほど多くなかったが、とにかく、単純なミスがなくて、DF陣に安心感を与える存在である。オシム監督によって、初めて日本代表に選出されたのも納得である。

DF 田中マルクス闘莉王(浦和)

文句なしの選出。DFとしては、ペレイラ(V川崎)以来のリーグMVPの可能性も十分。浦和DFを支えたのは、間違いなく闘莉王だった。得点も7得点をマークし、その中でも、貴重なゴールが多かった。

昨シーズンまでの闘莉王と決定的に違ったのは、精神面の充実である。無駄なファールやイエローがなくなって、非常にクリーンなDFに成長した。それでいて攻撃精神は健在。プレーヤーとして大きくステップアップした。もはや、日本最高のDFの地位は、中澤のものではなく闘莉王のものである、といっても言いすぎではない。

DF 阿部勇樹(千葉)

MF登録ながらCBで起用されることも多かったので、DF部門で選出。チーム自体は、不本意な順位に終わったが、阿部のパフォーマンスは高みで安定していた。今シーズンも、二桁得点を挙げたが、セットプレーからのゴールが多かった。

阿部は、チームが逆境のときに、普段以上の力を発揮することの出来る稀有な才能を持っている。千葉が押し込まれているときは、阿部のプレーを注視する事をお勧めする。

MF 山田暢久(浦和)

これほどの潜在能力を秘めていたとは思っていなかった。完全な認識ミスであった。浦和レッズ優勝の立役者は、キャプテンの山田暢久である。

右ウイングバックで長らくチームのレギュラーを務めたきたが、今シーズンは大型補強もあって、レギュラーの座が安泰ではなかった。事実、夏場は、ポジションを失ったこともあった。しかしながら、永井雄一郎、田中達也、そして、小野伸二という3人の優秀な選手を相手にしながら、シーズン終盤は、彼らをベンチに追いやって、トップ下でスタメン出場を続けた。

切れのあるドリブルと、意表を突くロングシュートは、浦和の攻撃にアクセントを加えただけではなく、数多くの重要なゴールを決めて見せた。終盤戦は、素晴らしいプレーの連続だった。

MF 鈴木啓太(浦和)

終盤に入ると、ややパフォーマンスが落ちたものの、全体を通してみると、十分なパフォーマンスを見せた。課題だった展開力も向上の跡が見えて、日本代表でも欠かすことの出来ない存在となった。特に、闘莉王がオーバーラップをしたときの、リスクマネージメントは完璧で、闘莉王がゴールを量産できるのは、鈴木啓太がいるからこそである。

鈴木啓太のプレーを見ていて、10年ほど前、浦和レッズに長身のドイツ人DFがいて、(守備力は世界クラスだったが、)攻撃精神の旺盛な彼がオーバーラップしたときに、その裏をつかれて失点をかさねていたことを思い出した。鈴木啓太の重要性を一番感じているのは、おそらく、その方であろう。

MF 中村憲剛(川崎)

大躍進を果たした、川崎の司令塔。日本代表にも選出されて、飛躍のシーズンとなった。得意のパスだけではなく、自己最高の10得点をマークし、得点力も光った。

類稀なボールコントロールでボールを保持し、計ったようなタイミングで繰り出すスルーパスが最大の魅力。ボランチの位置から攻撃的なパスを出すことはリスクを伴うが、中村憲剛はパスミスをしないので、全くピンチにはつながらない。

MF 伊東輝悦(清水)

大躍進を果たした、清水エスパルスの大黒柱。運動量が豊富で、テクニックがあって、クレバーで、自ら突破して局面を打開することも出来る。今シーズン、ボランチの相方の枝村がブレークしたのも、伊東の存在があってのものだった。

前園・城・小倉・中田といったアトランタ戦士が次々とピッチを去る中、いまなお、トッププレーヤーとしてJ1に君臨するのは、驚くべきことである。清水は、伊東の後継者探しという、難解な課題をかかえている。

MF 遠藤保仁(G大阪)

遠藤がいなくなった後も、G大阪はチーム全員でよく戦ったが、やはり、遠藤の穴は埋めようがなかった。遠藤がいるガンバと、遠藤がいないガンバは、全く別物である。

精度の高いプレースキックはさらに威力を増して数多くのゴールをアシストし、さらには、崩しの段階でも、チームの攻撃のほとんどに絡んで攻撃に変化をつけた。昨シーズンまでも素晴らしかったが、今シーズンは、さらに進化を遂げたように思う。

繰り返しになるが、病気でのリタイアは残念である。過密日程の前に、さすがの遠藤も耐えられなくなったということだろうか。この離脱がなければ、2006年は「遠藤の年」として記憶されたかもしれない。

MF 太田吉影(磐田)

前田遼一にするか、太田にするか迷ったが、今シーズンの成長度を考慮して、太田を選出。サイドアタッカーからトップ下(フォワード)へのコンバートが大成功し、超人的な活躍を見せた。

ドリブル突破は脅威的で、決定力の高さも魅力的、さらには、運動量も豊富と、非の打ち所のないアタッカーに成長した。新生ジュビロの象徴的な存在。

FW マグノ・アウベス(G大阪)

精彩を欠いた時期もあったが、やはり、他の選手とは少しレベルが違った。スピードに乗ったときは、誰にも止められなかった。移籍一年目ながら、26得点を挙げて、初の得点王に輝いた。

アラウージョの穴を埋めるのは困難と思われたが、見事に代わりを果たした。2トップを組んだ播戸とは、当初は呼吸が合わなかったが、徐々に呼吸が合い始めて、脅威のコンビとなった。文句なしの選出。

FW ワシントン

マグノ・アウベスと並んで、得点王を獲得。移籍一年目ながら、チームになくてはならない存在となった。

圧巻なのは、ボディバランスの良さとペナルティエリア内での落ち着きである。ペナルティエリア内でワシントンがボールをもつと、無敵の状態になる。決定機を外したとしても、決して折れない不屈の精神で、メンタル面も規格外だった。




人気ブログランキングに参加しています。この記事が面白かったときは、

http://blog.with2.net/link.php?194738503

をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。お願いします。




■ 2006年 ベスト11(2nd Team)

GK 川口能活(磐田)

中盤以降、快進撃を続けたジュビロ磐田を支えた、日本代表の守護神。決して安定感があったとはいえない磐田のDF陣を、後方から鼓舞した。1対1に強く、安定感もあった。

DF 坪井慶介(浦和)

快速を武器に、シーズンを通して、相手FWにほとんど仕事をさせなかった。シーズン終盤に怪我で離脱したが、それまでのパフォーマンスは高く評価されるべきである。

DF アレックス(福岡)

福岡の入れ替え戦進出に大きく貢献した、超攻撃的左サイドバック。チーム事情で、フォワードで起用されたときもあった。強力な左サイドアタックの主役となった。

DF 山口智(G大阪)

G大阪のDFを支えた、日本代表CB.チーム事情で左サイドバックで起用されたときも、高パフォーマンスを見せた。そして何よりも、セットプレーでのゴールシーンが印象的。遠藤とのコンビは、ホットライン。

MF 羽生直剛(千葉)

オシムの申し子で、千葉の”走るサッカー”の象徴。オン・ザ・ボールの動きが格段にアップし、危険な存在になった。クレバーな選手。

MF 谷口博之(川崎)

ボランチながら、脅威の13得点をマークした大型選手。勝負強さも目立った。得点力だけではなく、体を張った守備も光った。

MF 二川孝広(G大阪)

高度なテクニックで、チャンスを演出する司令塔。6得点を挙げるなど、ゴールへの意欲が増した。13アシストは、リーグ2位。

MF 三都主アレサンドロ(浦和)

高精度のクロスで、数多くの歓喜の瞬間を演出した日本最高のサイドアタッカー。守備能力の向上に著しく、オシムジャパンでも、不動のレギュラー。左足のクロスは、もはや芸術の域。

FW ヨンセン(名古屋)

17試合で10得点を挙げて、チームの救世主となったノルウェー代表ストライカー。得点力だけではなく献身的なプレーも光る、本物のプロフェッショナル。

FW ジュニーニョ(川崎)

20得点11アシストをマークした、褐色の弾丸。我那覇との2トップは、補完性もあって最高のコンビとなった。

FW 前田遼一(磐田)

高度なテクニックが光る、磐田のストライカー。15得点を挙げて、日本代表にも選出された。勝負強く、試合終了間際の劇的なゴールが多かった。




人気ブログランキングに参加しています。この記事が面白かったときは、

http://blog.with2.net/link.php?194738503

をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。お願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/503-44376115

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。