サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本×韓国 可能性を感じさせた日韓戦

■ 悔しいドロー

五輪代表の親善試合が国立競技場で行われ、前半ロスタイムに先制を許した日本代表だったが、後半に水野のクロスを増田が中央でへディングで決めて同点。両サイドを基点に、終始押し気味の日本だったが、守備に安定感を欠き、韓国相手に勝利することはできなかった。

■ 理解できないスケジューリング

はじめに、この時期に親善試合をする意味が分からない。若い世代が国際経験をつむために、沢山の試合をこなさなければならないのは理解できるが、先週からのスケジュールは、あまりにも過密すぎる。例えば、家長や水野は、日曜日にJリーグを試合をして、火曜日に五輪の試合をして、木曜日にJリーグの試合をして、さらに、日曜日もJリーグの試合をすることになる。

アジアカップ等の公式戦が組まれているのであれば仕方がないが、わざわざ、過密日程の中に親善試合を組み込む必要はない。五輪代表選手は、22日(水曜日)にチームに戻って、23日(木曜日)にぶっつけ本番で試合に臨むことになる。全く、戦術的訓練をする時間はない。終盤戦を迎えたJリーグだが、代表選手が多くいるチームが、不利になるようなスケジューリングをしてはいけない。

■ 圧巻のプレーを見せた水野

さて、試合は、ベストメンバーではない韓国に対して、終始、日本が優勢。目立ったのは、右サイドの水野と左サイドの家長の攻撃。前半は、左サイドの家長から、逆サイドで待つ水野に精度の高いロングロールが次々に渡り、そのボールを受けた水野がドリブルで突破して、きわどいクロスを入れるシーンが続いた。

この試合で右MFに入った水野は、非常にいいプレーを見せた。右サイドに張り付いて、韓国の左サイドをズタズタにした。水野は、正確なトラップ・切れ味鋭いドリブル・精度の高いクロスと、サイドアタッカーに必要な要素を全て兼ね備えている。ややセルフィッシュな感もあるが、これだけ打開力があるのだから、OK。

■ 前線で見事なプレーで起点を作った平山

両サイドの攻撃を促したのは、CF平山相太。高さ勝負では競り負ける場面もあったが、前線で、味方のフィードを受けてボールをはたくプレーが正確で、起点となった。これだけ、相手を背負った状態でボールを受けてキープしてくれると、ボランチが前を向いてボールを受けられるので、サイドが上がる時間を作ることができる。

平山は、この試合が、帰国してから、一番、出来が良かった。FC東京では、スタメンから外れているが、逆に、コンディションを上げるには、都合が良かったかもしれない。
■ 真っ白な攻撃陣

このチームになって、はじめて、ほぼベストメンバーで試合を行ったが、まだまだ、始まったばかりのチームという印象で、組織だった攻めは、ほとんどなかった。右サイドでは、MF水野のアタックが効果的だったが、例えば、右SDFの中村北斗がオーバーラップして韓国DFを釣る動きもほとんどなく、右からの攻撃は、水野にお任せの状態であった。

このチームには、平山・水野・家長・梶山と優れた攻撃のタレントはいるものの、まだまだ、融合はできておらず、1と1の和が2にまで達していない。個々の選手は栄えるものの、有効性はいまひとつであった。

■ 不本意だった中盤

中盤の苔口・梶山・増田・青山の4人は、アウェーの中国戦・ホームの中国戦に続いて、3試合連続で、この組み合わせでのスタメン出場であったが、この日は、いまひとつの出来だった。韓国の個人能力の高さを必要以上に警戒したのか、ベースポジションを壊して、攻めあがることがほとんどなく、サイドからボールが上がっても、平山しか中央にいない状態が多かった。

後半にカレンが入って、攻撃が活性化したように、スペースに飛び出て行くプレーは不可欠である。いくらいいクロスが上がってきても、中央に待つ人数が少ないと、なかなかゴールにつながらない。梶山と青山で組むダブルボランチは、ボール回し等、安定感はあったが、もっと、バランスを崩して攻め込む必要があった。この試合は、平山にシュートミスが目立ったが、原因は平山だけにあるわけではない。もっと周りがサポートしてあげれれば、もっとプレッシャーの少ない、楽な状態でシュートを放つことも出来たはずだ。

■ 中央でドリブル出来る選手が必要

このチームで戦っていくことを想定して、懸念されるのが、サイドアタッカーが充実しているので、逆にサイド攻撃が多くなってしまって、攻撃が単調になってしまうのではないかということ。水野にしても、家長にしても、サイドでボールを持ったら、相手を抜き去ることが可能。ただ、サイド攻撃に頼りすぎると、相手は守りやすくなる。

変化をつけるために欲しいのは、ドリブラー。この日のスタメンの中では、MF増田にはドリブラーの要素があるものの、ドリブルで、相手DFと勝負するシーンはなかった。増田は、前の2試合が非常にいい出来だっただけに、なかなか、ボールに触れられなかったのは残念だった。

■ 不安定だったCBとGK

立ち上がりから攻勢をかけていた日本代表だったが、前半15分あたりに、青山の判断ミスから韓国にフリーでヘディングシュートを打たれた場面以後、リズムが悪くなった。青山にしても、千葉にしても、単純なロングボールに対しては強さを見せたが、ドリブルで勝負されると、突如、不安定な対応を見せるようになった。

また、正GKの西川を失ったため、代役で松井がスタメン出場したが、安定感を欠いた。ハイボールの処理やバックパスの処理にもたつくこともあって、CBとの連携も、不十分であった。

■ 総括

総括をすると、以前の日本では考えられないほど、サイドアタッカーが充実していて、今後に可能性を感じる試合を見せた。今後も、サイドから、ある程度、形を作ることができるはずである。あとは、いかにゴール前に人数をかけて得点を奪うことができるかである。




人気ブログランキングに参加しています。この記事がよかったと思われたときは、

http://blog.with2.net/link.php?194738489

をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。
スポンサーサイト

各ポジションでもったいない試合でしたね。FWはもちろん決定機の逸失。平山はこれくらいやってくれるといい。

MFはボランチは青山・梶山で制圧できると思いました。増田はもっと高い位置の方が運動量もチェイシングも技術も生きる。水野はズタズタの先に行けないのなら増田にポジションを譲ることになるかも。個人的には、ポテンシャルの分だけ不満が大きいですね。戦術眼の部分ではもっと良くなるはずだし、して貰わなければ困る。

DF陣は相変わらず凡ミスが……家長はポジションの不慣れはありますが、失点シーンは酷すぎ。全体的にもいまいちでしたね。ビルドアップに関してもまだまだです。

交代で伊野波を左サイドに使ったのが意外と良かった。審判の笛は極端と言うほどではないけど、相手よりだよなー。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/489-56db19b0

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。