サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[live] 川崎×福岡 等々力初体験

■ 負けられない戦い

さてさて、等々力競技場。よく考えると、新幹線に乗っていて、いつのまにか通り過ぎることはあったけれど、神奈川県に行くのは初めてかもしれない。かなり、苦しいスケジュールだけど、等々力競技場に直行。

前節、FC東京に対して、4対1とリードしながら大逆転負けを喫した川崎フロンターレ。しかも、ジュニーニョ・マギヌン・マルコン・箕輪の主力4人が出場停止の非常事態。首位浦和との勝ち点差は「7」。もう、負けられない闘いとなる。一方の福岡は、降格圏内の17位。セレッソ大阪との激しい残留争いが続いている。

■ 劣勢の川崎が勝利

川崎は、黒津・今野・西山・佐原が代役としてスタメン出場。レギュラーと控えの差が激しい川崎にとっては、かなり厳しいメンバー構成となった。一方の福岡は、表記上は、布部の1トップだが、極端に言うと、4-6-0の布陣。

試合は、立ち上がりから、福岡が優勢。川崎は、いつもの縦に早いサッカーが出来ずに、福岡のDFを崩すことが出来ない。対する福岡は、左サイドの古賀とアレックスのコンビでチャンスメーク。前半半ば過ぎには、古賀のミドルシュートがポストを叩くシーンもあった。前半は、0対0で終了。

後半も、福岡ペースなのは変わらず。しかしながら、後半14分に、縦パスから抜け出した黒津がキーパーに倒されてPKを獲得。我那覇が落ち着いて決めて先制した。後半27分、福岡は、攻撃力のある、城後と田中佑昌を投入すると、後半35分、城後のパスを受けた田中が同点のゴール。川勝監督の采配がズバリ当たって同点に追いついた。

追いつかれた川崎も、追いついた福岡も、ともに勝ち点1では満足できない状況ということもあって、両チームとも勝ち越しゴールを狙う。後半42分、川崎が右サイドでラッキーな形でフリーキックを得ると、こぼれ球を谷口がミドルシュート。ポストに当たったボールが、ラッキーなバウンドでゴール方向に跳ね返って勝ち越しゴール。2対1で、川崎が勝利して、貴重な勝ち点「3」を獲得した。

■ 忠実なサッカーで川崎を上回る内容を見せた福岡

敗れたものの、福岡のサッカーは非常に良かった。川崎のシュート数は、わずかに6本で、決定的なシュートは一本も許さなかった。基本に忠実なマーキング、スペースメーキングのうまさ、攻守の切り替えの早さのすべてが、川崎を上回っていた。特に目を引くのは、左サイドの攻撃。攻撃力のある古賀とアレックスの崩しで、再三、チャンスを演出した。3バックの川崎は、古賀とアレックスに対して、右SMFの森が1人で対応する場面が多く、劣勢を強いられた。

このチームの問題点は、言うまでもなく、点の取れるストライカーがいないこと。前線に頼れるストライカーがいると、苦しい戦いになっても、耐えていれば、最後には、彼が何とかしてくれるだろうという、期待感がもてる。既存のメンバーで、出来うる最善のサッカーをして勝ち点を拾っている福岡の戦いぶりは賞賛すべきだが、それでも、本来は中盤の選手である、布部や久藤にゴールを期待せざる得ない状況は、見ていて切ない。

■ 川崎の苦戦の要因

一方の川崎フロンターレは、よく勝ち点「3」を獲得できたなと思う。川崎らしい、縦に速いサッカーは影を潜めて、福岡の鋭い出足の前に、ボールが全くつながらなかった。

苦戦の原因が主力不在だったことは間違いないが、それ以外の要因もあった。挙げてみると、以下の4つ。

  ・トップ下の今野
  ・黒津と我那覇の役割分担の不徹底
  ・右サイドでの劣勢
  ・運動量不足

一番気になったのは、右サイドの森の位置で数的不利になるので、ここをカバーしなければならないという意識が、過剰にチーム全体に表れて、バランスが崩れてしまったこと。ほとんど攻撃に絡めず、逆に中央に位置することで、真ん中のスペースを消してしまっていたMF今野を下げて、試合途中に3バックから4バックに変更しても良かったのではないかと思う。

■ ジーコスピリット?

川崎の内容は悪かった。もしかしたら、今シーズン、最低の内容だったかもしれない。ただ、それでも、勝ち点「3」を獲得したことに、大きな意味がある。谷口の決勝ゴールを含めて、確かに、ラッキーな要素もあった。だが、それをラッキーだけで片付けてはいけない。絶対に何か、要因があるはずである。

先日のレッズ戦のフロンターレの戦いぶりを、”ジーコスピリット”が表れた試合と評しているメディアがあった。関塚監督は、鹿島アントラーズの出身。結びつけることが出来なくもないか。

■ オーガナイザー ホベルト

福岡では、MFホベルトのプレーが秀逸。福岡の攻撃は、ほとんどがホベルトを経由する。正確なミドルパスと正確なボールコントロールが光っていた。川崎の中村憲剛とのマッチアップでも、ホベルトが優勢だった。

一方の川崎では、左SMFに入った、西山のドリブルが観衆の興味を誘った。スピードとテクニックを兼ね備えた鋭い突破は、浦和レッズの相馬を連想させる。つなぎのパスがやさしくなく、クロスの精度もいまひとつだったが、ほとんど攻めてのなかった前半は、唯一の突破口になっていた。オールラウンドなMFマルコンの壁は厚いので、今後は、途中出場で切り札的な扱いをしても面白いと思う。

■ 決勝ゴールを挙げた谷口

逆サイドの森は、非常に良くなかった。古賀とアレックスの対応に苦しみ、攻撃参加したときも、1対1で相手を抜けきれず、ブレーキになっていた。圧倒的なスピードは魅力なので、使い方をもう少し学んで欲しいところ。

決勝ゴールの谷口は、攻守で奮闘した。ゴールシーン以外でも、中村憲剛の失ったボールを厳しいタックルで取り返す場面もあり、相方のフォローも完璧だった。課題は、展開力。ボールをもったときに、右往左往するシーンがあって、落ち着きがなかった。

■ 欠けているホスピタリティの精神

川崎としては、大きな前進となったが、まだ、勝ち点「4」の差がある。残り3試合は、勝ち続けるしかない。

それにしても、等々力周辺は、不親切。駅から遠いのは仕方ないが、スタジアムへの道案内くらいは、あってもいいものだ。何年間、Jリーグの試合をしているのか、という愚痴もいいたくなる。

この試合は、川崎フロンターレが劇的な勝利をおさめたこともあって我慢できたが、ホスピタリティが感じられない。せっかく、フロンターレがいい試合を見せ続けているのに、もったいないと思う。

いい印象と悪い印象の両方をもって、等々力を後にして、次に向かった。

(続く。)




人気ブログランキングに参加しています。この記事がよかったと思われたときは、そして、一緒にJリーグを盛り上げていこう、という方は、

http://blog.with2.net/link.php?194738484

をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。
スポンサーサイト

>>> tanihiroさん

どうも、こんにちは。等々力は、ホントに、迷いますね。いいスタジアムなんですが・・・。

はじめまして

はじめまして。フロンターレファンのtanihiroです。

内容悪かったですよねぇ。でも、いまさらですが黒津の裏への飛び出しは好感が持てました。ジュニーニョとはまた違う持ち味で。

等々力までの道ってやっぱりわかりにくいんですね。。
僕は自転車でいける距離だし、小さいころから親に連れて行かれてたから、自然と等々力の場所はわかって当然だと思ってました(汗)
道は中原からならわりとわかりやすいと思いますよ。あと、案内も一応あった気がします。でも駅のすぐ近くではなかったかな・・・

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/484-252368a1

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。