サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏×横浜FC J1昇格をかけた戦い① 

■ 最終決戦のJ2

J2は、大詰め。

46節終了時の勝ち点は、

   1位 ヴィッセル神戸 83 
   2位 横浜FC 82
   3位 柏レイソル 78


そして、47節以降の日程は、以下のようになっている。

   第47節 柏×横浜FC(柏)
   第48節 神戸×柏(神戸)
   第49節 神戸×柏(神戸)


3節連続で、3強同士の直接対決が続く。J1へのストレートインを目指す、3強の戦いが始まった。

■ エンターテイナー岡山一成

横浜FCは、アレモンがベンチスタートで、城と三浦カズの2トップ。一方の柏も、北島とフランサがベンチスタートで、鈴木達也と山下芳輝の2トップ。山下は、今シーズン初スタメンとなった。

試合は、序盤からアウェーの横浜FCが優勢。コンパクトな守備で、柏のDFにプレッシャーをかけて、奪ったボールを素早く攻める。しかしながら、先制したのは劣勢だった柏レイソルだった。前半27分に、セットプレーから、岡山のヘディングシュートで先制する。

ディエゴのボールも素晴らしかったが、このときの岡山の打点の高さは驚異的だった。これで、今シーズンはDFながら10得点。セットプレーでの岡山の得点力は、柏にはもう欠かせない。岡山ほど、サポーターに愛されている選手も珍しい。

岡山のゴールでスタジアムはヒートアップしたが、それでも、前半43分に横浜FCが鮮やかなパスワークで柏DFを翻弄。最後は、左サイドからのクロスをアウグストがヘディングで押し込んで同点に追いつく。前半は、1対1で終了した。

■ 信じられない同点劇

そして、後半に入る。14分に、横浜FCは三浦に代えてアレモンを投入し、柏は20分に、山下に代えてフランサを投入する。先に、交代の効果が表れたのは柏。フランサが入って、前線でディエゴ以外にもボールのおさまりどころが出来た。後半22分に、ディエゴの突破からPKを獲得すると、ディエゴが落ち着いて決めて勝ち越し。さらに、2分後にも、ディエゴがゴール前で押し込んで3対1になった。

2点リードを奪われた横浜FCだったが、後半37分と39分に、アレモンが連続ゴールを挙げて、追い付く。結局、3対3というスコアで試合は終了した。

■ 救世主となったアレモン

この試合のヒーローは、またしてもアレモン。これで、今シーズンは、今日とサンガから移籍してきて、途中入団ながら、19試合で15ゴールの活躍。前半戦は、強固な守備陣と比べるとやや迫力不足だった横浜FCの攻撃は、アレモンの加入で、一回りスケールアップした。京都時代は、チャンスメーカーという感じで、前線で広範囲に動いて周りを生かすスタイルだったが、横浜FCで、ストライカーとして開花した。

横浜FCは、三浦カズ・城彰二・山口素弘・小村徳男と4人の元代表を擁し、経験豊富なベテランが多い。これだけ経験豊富な選手をそろえると、ともすると、かつてのヴェルディのように、省エネでクラシックなサッカーになりがちだが、横浜FCは全く正反対で、組織的でモダンサッカーを披露する。

■ 個の能力生かすための組織

組織サッカーというと、戦術的な制約が悪影響して個の能力を封じ込めてしまうケースも見受けられるが、横浜FCの組織力は、個の力を引き出すための組織である。柏と横浜FCの選手の能力には大きな差はないが、磐石の組織力が、横浜FCの選手の能力を120%にまで引き上げる。

注目の城とカズの2トップだが、よかったのは、城。岡山を相手にしながら、ヘディングでゴールを襲うシーンがたびたび見受けられた。下がってボールを受けてリズムを作り、巧みにゴール前に入り込んでシュートを狙うセンスは相変わらず。質の高いプレーを見せた。

■ 痛かった正GK南の不在

柏は、怪我で欠場した、GK南の穴が痛かった。代役のノグチの不安定なプレーぶりは、DF陣に大きな不安感を与えたことだろう。南の復帰が遅れるようだと、ストレートインの可能性は低くなるが・・・。

それでも、観衆の後押しもあって、終始、リードを奪う形で、試合を進めることが出来た。柏スタジアムの声援は、少しくらいの戦力の差なら、跳ね返すだけの力がある。

■ 比例しないレベルと興奮度

間違いなく、J2はJ1よりもレベルが低いし、そのJ1にしてもCLと比べると、数段レベルが落ちる。もしかしたら、世界基準の目で見ると、J2は取るに足らないものかもしれない。ただ、通常、試合の興奮度や熱狂度、面白さというものは、レベルに正比例しない。ハイレベルな試合であっても、何の感動も生み出さない試合も存在する。

昨日のバルセロナとチェルシーの試合は、世界最高級のチーム同士のドリームマッチだが、土曜日の柏の試合の興奮度は、バルセロナとチェルシーの試合に、少なくとも、劣ってはいなかった。そして、試合後の後味は、はるかによかった。




今回はJ2の記事でしたが、もっとJ2にも注目して記事を書いてほしいと思われた方は、

こちら440


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/440-a6d318f7

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。