サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G大阪×清水 優勝戦線に残ったガンバ

■ G大阪がシジクレイの活躍で勝利


浦和レッズとの勝ち点差が「6」で、もう勝ち点3しか許されない試合で、ガンバ大阪がホームの万博で、清水エスパルスと対戦した。試合は、前半から押し気味のG大阪が、後半14分にコーナーキックからシジクレイのゴールで先制すると、後半32分と41分にマグノ・アウベスが追加点。終わってみれば、3対0でG大阪が勝利した。

前半から両サイドの加地と家長がサイドを制圧して、何本もクロスを送っていたが、なかなか中央の選手に合わずという展開で、嫌なムードになりかけたが、シジクレイの先制ゴールで吹っ切れた感じだった。守備面でも、シジクレイの存在は大きく、この試合で一番貢献度が高い選手であった。

■ サイドを制した加地&家長

ここ4試合、勝ち点3が取れていなかったG大阪にとって、待望の勝ち点3となった。印象的だったのは、両サイドの加地と家長。右サイドの加地は、タイミングのいいオーバーラップと判断のよさで、山西を圧倒。一方、左サイドの家長は、抜群のドリブルテクニックでチャンスメークを行い、市川に攻撃参加の機会作らせなかった。

ただ、残念なのは、サイドを突破してクロスを挙げても、なかなか、中央で待つ、マグノ・アウベスと播戸に合わなかった。特別、クロスの精度が低いわけではないし、グラウンダーのクロスやアーリークロスを織り交ぜるなど、バリエーションも豊富だったが、青山と高木の壁は、破れなかった。この試合に限っては、攻撃面でほとんどよさが出せずに消えている時間が多かった二川に代えて、長身のFW中山をもっと早い時間帯に投入しても面白かった。

それにしても、家長。スペースも時間も何もない状態でボールを持ったときでも、自分でドリブルとキープを駆使して、クロスを上げることが出来る。クロスの精度もまずまずで、清水としては、脅威だった。欲をいうと、左サイドに張り付かず、中に入ってきたり、右サイドに進出してくるようなプレーがあっても良かった。

■ 結果は残したマグノ・アウベス

マグノ・アウベスは、ずっとこんな感じが続いていて、調子がいいのか悪いのかよく分からない。この試合では、7度決定的なシュートチャンスを掴んだが、なかなかゴールにつながらない。体のキレ自体は、それほど悪くないようで、運動量も申し分なかった。結局は、メンタル的な問題なのか?

G大阪では、宮本とシジクレイのロングフィードの正確さが際立っていた。サイドで待つ加地と家長にむかって、これ以上ないくらい鮮やかな軌道を描いて、チェンジサイドのパスが通る。明神と橋本がともにつなぎ役の選手であるためゲームメークを任せることが出来ず、遠藤の不在を嘆くことになると試合前には思っていたのだが、この二人の精度の高いパスが攻撃の基点になる場面がしばしば見られ、組み立てに関しては、遠藤の穴をそれほど感じることはなかった。

優勝に向けて課題を挙げると、やはり攻撃陣ということになる。明神と橋本のダブルボランチは安定感があって、シジクレイ・宮本・山口の3バックも落ち着いたプレーを見せている。取りこぼしをしないためには、ピーク時に比べると調子が下降気味の播戸とマグノの2トップの活躍が不可欠である。なんとか、最終戦の浦和レッズ戦まで、優勝の可能性を残したまま、埼玉スタジアムに乗り込んで欲しい。

■ 守備的なプランで試合に臨んだ清水

一方の清水は、かなり守備的な試合をした。ボランチの伊東とフォワードのマルキーニョスの位置がいつもよりも低く、前半はうまく凌いだが、後半15分にセットプレーからシジクレイに先制のゴールを奪われたあとは、もう反撃するだけの力は残っていなかった。

両チームの力関係を考えると、打ち合い挑んでいたら、かなりガンバに分があっただろう。勝ち点「3」を得るシナリオとしては、ラインを下げてしっかり守って、少ないチャンスでカウンターという形が、一番現実的で、可能性が高い戦法だったかもしれない。消極的なサッカーだったかもしれないが、それはそれで、長谷川監督の采配に文句をいうつもりはない。

■ プランを崩した要因

戦法としては、間違いではなかったと思う。ただ、最終ラインからのフィードが不正確で悪い形でボールを奪われることが多かったことと、チョ・ジェジンのコンディションが悪く前線で起点になれなかったことが原因で、試合前に描いたプランは、思い通りには進まなかった。ベンチには、快速のFW矢島が控えていたので、早い時間帯にチョ・ジェジンを見限って、矢島を投入していても面白かった。

ようやく試合に復帰した、MF藤本は、まだ万全ではなかったが、やはり彼が中盤にいるとボールが落ち着くし、意外性のあるパスが出てきそうな雰囲気がある。今シーズンは、新人としては十分な働きだったが、来シーズンはさらにステップアップして欲しい選手だ。




この記事の内容が、”なかなかよかった”というときは、

こちら439


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてくださいね。
スポンサーサイト

>>> ぶるさん

”ようやく”ですね。遠藤不在の影響を一番受けているのは、二川でしょうかね。二川に存在感がなかったのが、今後に向けては不安要素です。

>>> RRさん

清水がスーパーチームになれるかどうかは、来シーズンが勝負になりそうです。FC東京が今シーズン、この挑戦に失敗しました。川崎も来シーズンが、勝負です。新潟は、いつになるのでしょうか?

遠藤はずれて構成力がそれほど落ちないってのは、どんだけ他のチームと比べてDFのパス技術がすごいんだって感じですね。二川はやっぱ単独トップ下だとそんなに良くないみたいですが……驚異ですね。

マグノアウベスは、なんというか、ボール貰った瞬間にスイッチが入るか入らないかで、ゴールするかしないか決まる選手とでも言うのでしょうか。入るととんでもないの平気で叩き込むし、入らなかったら三十センチを外す。意外とむらっけあるんですかねー?

清水は、Jのグッドプレーヤーチームから、スーパープレイヤーチームに至る壁に当たっている感じ。フロント含めた戦略で金の原石が石ころに変わる。それがJリーグ(ガクガク)

ようやく、と言った感じです。
前節の酷い負けで吹っ切れたようで、よかったです。

キーパーが松代に代わり、少し不安でしたが全く問題なく90分プレーし、いいクリアも見せていました。
DF陣も本当に集中していて(清水の攻撃の拙さもありましたが)素晴らしかった。
マグノはもっと決めなければいけませんでしたが、まあ2点決めたし及第点でしょうね。
二川はもっと前で攻撃に加わらないと。代表から帰ってきてからいまいちの出来です。
加地はまだ怪我が完治していない様子。この2週間で治してほしいものです。
家長は…もう止められないですね。もっと詰めてほしいところもあったし、シュートを打って欲しかったですが、清水の右からの攻撃をほぼ0にする存在感には既に貫禄を感じます。
U-21代表に選ばれていますが…出ないなら行かないでほしい…

遠藤にささげる勝ち点3を取り続けたいです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/439-b722f23d

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。