サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐田×浦和 軌道に乗り始めた世代交代

■ 超満員のヤマハスタジアム

超満員のヤマハスタジアム。前節、ガンバ大阪がFC東京にまさかの大逆転負けを喫して、勝ち点差は「6」に開いた。残り6試合で勝ち点差6ということは、いちおう安全圏に入ったともいえるが、残り試合で、難敵との試合が残っており、最後までわからない状況であることに変わりはない。

磐田は、4-4-2。右サイドバックに犬塚、左サイドバックに上田を配置し、2トップは、前田とカレン。浦和は、闘莉王が出場停止なのに加えて、ポンテが怪我で欠場。ワシントンの1トップで、小野と山田がトップ下に入る。長谷部と坪井が復帰し、最終ラインは、右から、坪井・堀之内・ネネで構成した。

■ 縦横無尽の働きを見せた太田吉影

試合は、いきなり磐田が先制パンチを繰り出す。前半2分に、太田のコーナーキックを犬塚がダイビングヘッドで先制すると、さらに6分にも、カウンターから太田だ相手DFを切り裂いてシュートを放つと、キーパーの山岸がはじいたこぼれ球をカレンが押し込んで追加点を挙げた。

試合を通じて、浦和は磐田のMF太田を捕まえきれずに、大苦戦。以前は、右アウトサイドだったこともあり、右サイドに張り付くプレーが多かったが、最近は、福西と攻撃的な中盤を組んで縦横無尽の働き。力強いドリブルと思い切りのいいプレーは、新しい磐田の象徴的な存在になっている。

黄金時代を築いたジュビロ磐田だが、盛者必衰というのか、近年は思うような成績をおさめられずにいる。福西・田中・鈴木の3人はいまもなお、チームの中心としてプレーしているが、藤田・名波・山西がチームを去り、中山・服部がスタメン起用される機会も減ってきた。急激に若返りを図っている最中だが、幸いにも、大田以外にも、前田・カレン・菊地・成岡・上田と、次世代を担う選手も粒がそろっている。

■ ブレーキになった前田遼一

さて、この試合が、僅差の接戦になった要因のひとつは、磐田のFW前田遼一が、3度ほどあった追加点のチャンスを決め切れなかったことである。最終結果は、3対2であったが、5対2であってもおかしくはなかった。前田遼一は、もう、いつ日本代表に呼ばれてもおかしくない選手であるが、残念ながら、この試合はブレーキになってしまった。

それでも、柔軟なテクニックで、前線で起点になることのできる貴重な存在である。ただし、ポストプレーヤーとはいっても、ロングボールを相手DFと競り合って勝負する巻や鈴木隆行、平山相太らとはタイプが異なる。ジェフ千葉のハースと同様に、巧みなボールコントロールを生かして、足元でボールを受けて時間を作るタイプの選手である。もし、代表入りしてとしても、巻や我那覇と代役として、同じ使い方をされると、持ち味が出ない可能性があるのが、懸念される材料ではあるが、是非とも、試してみたい選手のひとりであることに間違いはない。

■ 充実したプレーを見せる山田暢久

2点をリードされた浦和は、当然のように、反撃に出る。その中心となったのは、やはり、ワシントンと山田。

ワシントンは、この試合も、2ゴールをマーク。それ以外でも、川口のファインセーブに得点を阻止される場面も多々あった。スピードはないし、運動量が多いわけではないが、リーチが長くて、体の使い方がうまくて、ペナルティエリア内では無敵。強さと高さは抜けている。

そして、ここ最近の山田暢久の好調ぶりは、尋常ではない。もともと、身体能力が高く、戦術的な柔軟性もあって、使い勝手のいい選手ではあったが、これといった武器がなく、トップ下で起用されてもいまひとつ存在感を示すことが出来ないという試合が多かったが、様変わりした。オフ・ザ・ボールの動きはもちろんなく、オン・ザ・ボールでのプレーに自身がみなぎっていて、効果的なプレーを連発している。実質的に、小野伸二からトップ下のポジションを奪ったのも納得のハイ・パフォーマンスである。

■ 大きかった闘莉王不在の影響

ただ、残念だったのは、前節の川崎戦で感じられた、”どうしてもゴールを奪う”という一体感というか、執念のようなものは、この試合では、感じられなかった。闘莉王がいれば、何をさしおいても同点のゴールを目指したと思うが、この試合では、闘莉王はいなかった。

■ 軌道に乗り始めた世代交代

以前は、”ジュビロ磐田が敗れる”というだけで大きなニュースになったが、最近は、”浦和レッズが敗れる”、ということだけで、大きなニュースになる。時代は変わったが、それでも、ジュビロはジュビロだった。

黄金時代は、名波を中心にしたパスワークが最大の持ち味だったが、この試合は、格上ともいえる浦和レッズ相手だったことも影響したのか、カレンや太田のスピードを生かして、縦に速く攻めるスタイルが中心だった。ただし、細かくつないで、素早く逆サイドにつないで展開するという、かつてよく見られた、ジュビロらしいサッカーもお目にかかれた。今後、新しく生まれ変わったジュビロ磐田がどんなサッカーをしていくのか。そして、今現在、ジュビロ磐田の一歩先を行く、浦和レッズに追い付く日は、来るのだろうか。




この記事の内容が、”なかなかよかった”というときは、

こちら438


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてくださいね。
スポンサーサイト

>>> GFさん

どうも、こんにちは。来シーズン、ジュビロを優勝候補の一角に押していいのか、残りの試合で観察したいと思います。それにしても、静岡ダービーが33節にあるんですね。諸事情で、見に行けないのが残念です。

TV観戦しました。
確かにジュビロの世代交代がうまく言ってるよう泣きがします。
ジュビロファンとしてはとてもうれしいことです。

ファブリシオが時折見せる一瞬気の抜いた感じのゆるいプレー、
カレンの自分でファウルの判定をして、アドバンテージを狙いに行かないプレーが気になりました。

じじさん、こんちちは、
川崎、G大阪、浦和とTOP3を叩くことができました。残るは清水となりました。気付けば5位となっています。
世代交代は軌道に乗り始めました。しかし、得点は多いのですが、失点が多いチームですネ。試合は面白いですが・・・

前田はシュートセンス抜群の選手ですが、レッズ戦は当たっていませんでしたネ。ただ、ブレーキといっても良いところに顔を出していますし、球は収まります。磐田にとって最も重要な選手と思います。国際試合のハードなあたりとレフリングの時、どこまで通用するか見てみたい選手です。

完売のため、スタジアムに足を運べませんでした。やむなく、TV観戦していたのですが、レッズの応援が家の庭まで届きました。こんなこと初めです。恐るべしレッズサポ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/438-cd56382f

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。