サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌×神戸 素敵なサッカー

■ 札幌のJ1昇格の可能性が消滅

この試合に敗れると、今シーズン終了後のJ1昇格の可能性がゼロになってしまうコンサドーレ札幌が、J1昇格圏内に位置するヴィッセル神戸と対戦した。ホームの札幌ドームは、もうひとりの主である日本ハムファイターズが日本シリーズを戦っている時間帯とドッキングすることもあり、さびしい雰囲気かと思われたが、チーム創設10周年のイベントもあり、18547人もの観衆が集まった。

試合は、前半16分に近藤のゴールで神戸が先制。前半27分にフッキのゴールで追いつかれるも、その直後の前半29分に、三浦淳宏のPKで勝ち越し。その後、朴康造が2ゴールを挙げて突き放し、結局、神戸が4対1で勝利した。

■ 一番素敵なサッカー

まず、ヴィッセル神戸のサッカーは、きれいで美しい。精度高いロングパスが、左右にポンポンと飛んでいって、シンプルだけど、非常にダイナミック。今、Jリーグの全31チームの中で、一番内容のあるいいサッカーをしているチームだと思う。このサッカーが来シーズンJ1でも出来れば、旋風を巻き起こすことが出来るだろう。もういなくなったが、バクスター元監督の手腕は素晴らしい。

神戸の選手の中で最も光っているのは、左サイドバックの坪内。本来は、センターバックの選手で、ユース代表のときに、5バックを採用する大熊監督によって、無理やりサイドにコンバートされた印象もあるが、今では、立派なプロのサイドバックである。利き足の右足で精度の高いロングパスでサイドチェンジをしたかと思うと、タイミングのいいオーバーラップで3点目となる朴康造のゴールをアシスト。左足で朴に送ったパスは、利き足ではない左足で上げたとはとても思えないほど、スピードもタイミングもコースも完璧だった。当然、守備も堅い。個人的には、日本代表の駒野よりもいいサイドバックだと思う。さらなる飛躍を期待したい選手である。

■ 迫力満点のプレーを見せた近藤

また、この試合ではCF近藤祐介が非常に良かった。力強いドリブル突破で札幌のDFをずたずたにして、見事な先制ゴールをマークした。FC東京からのレンタル移籍の身だが、神戸ではコンスタントに出場機会を得ていて、貴重な経験を積んでいる。ただ、サイドに朴康造と三浦淳宏という正真正銘のスペシャリストがいるわりには、ゴール数が少なく、神戸のウイークポイントのひとつになっていたが、この試合では、これまでのマイナスイメージを払拭するだけのプレーを見せた。

MF田中英雄とFW朴康造はいつもいいプレーを見せているので、今回は触れないが、栗原や三浦も含めて、非常にバランスがいい。神戸がJ1に復帰する可能性は、かなり高いと見ていい。

■ Jリーグで最も価値のあるプレーヤー

一方の札幌では、やはりFWのフッキ。もう、フッキについては、なんと表現すればいいのか分からない。この試合では、中央よりもやや左サイド気味に位置することが多く、神戸の右サイドバックの北本とマッチアップすることが多かったが、Jリーグ屈指のストッパーである北本を相手にせず、あっさり北本のマークを外して、ゴールに突進した。緩急自在のドリブル、意表を突くパス、精度の高いクロス、破壊的な威力を持つ左足。フッキのポテンシャルと比べると、川崎のジュニーニョですら2ランクは見劣りがする。PSVアイントフォーヘンへの移籍話が出ているが、これも納得。フッキが前を向いてドリブルを開始したら最後、もう誰にも止められない。

そのフッキを擁しながら、今シーズンもJ1昇格がならなかったコンサドーレ札幌。選手のタレント性を考えるとJ2では屈指で、ピッチ上で繰り広げるサッカーも悪くないし、やろうとするサッカースタイルも悪くない。この試合も、神戸に対して内容ではほとんど互角だった。しかし、結果的には1対4という大差が付いた。この原因は、何だろうか?

■ 来シーズンこそ失敗は許されない

考えてみると、若いチームにありがちだが、いいとき時間帯と悪い時間帯の差が激しく浮き足立って、失点を重ねることが多いように思う。例えば、大分トリニータのように中盤を仕切るエジミウソン&トゥーリオのようなダブルボランチがいれば、落ち着いてうまくいくのかなという気もする。

柳下監督とフッキが来シーズンもチームにとどまるのか分からないが、現有戦力のまま来シーズンに臨むことが出来れば、立派な優勝候補の一角になるだろう。そして、来シーズンこそは、もう失敗は許されない。




今回はJ2の記事でしたが、もっとJ2にも注目して記事を書いてほしいと思われた方は、

こちら394


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/394-dd777116

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。