サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs ベンフィカ 中村俊輔 3得点を演出 セルティック快勝

■ 俊輔の活躍で勝利
チャンピオンズリーグ第3節。セルティックは、ホームで、ベンフィカを迎える大一番。セルティックは、ヘッセリンクとグラベセンが欠場し、ズラウスキとミラーの2トップで、レノンとスノのダブルボランチのスタメンとなった。

試合は、立ち上がりはセルティックのペースだったが、ベンフィカは徐々に押し返し、前半の中盤からはベンフィカのペースとなった。しかしながら、セルティックは後半11分に、左サイドのネイラーからのグラウンダーのクロスを中村俊輔がシュート。中村のシュートはうまくヒットしなかったが、ゴール前のケニー・ミラーのゴールにこぼれて、ミラーがダイレクトで押し込んで先制ゴールになった。

さらに、後半21分には、鮮やかなカウンターから、中村→マローニ→ミラーとつないで、キーパーと1対1になったミラーが落ち着いて決めて追加点。カウンターのスタートとなったマローニに出した中村俊輔のダイレクトのパスが起点になった。

試合終了間際には、ミラーと中村俊輔が左サイドを完全に崩して中村が抜け出すと、左足で強烈なシュート。キーパーがはじいたボールをピアソルが押し込んで3対0。決勝トーナメント進出に向けて、大きな大きな勝利を手にした。

■ 危険なアタッカー

この試合の中村俊輔は、ゲームメーカーというよりはアタッカーという感じ。中盤では極力ボールを保持せずにダイレクトのプレーでボランチのスノとレノンを生かし、アタッキングエリアでは、マークが厳しかったために回数は少なかったが、ドリブルで仕掛けて、危険な存在であり続けた。

CFのヘッセリンクが欠場で不安視された前線は、ミラーとズラウスキの2トップだった。ズラウスキはいまひとつだったが、ミラーが出色の出来。切れのある動きと抜群の決定力で2ゴールをマークした。

同じく、グラベセンの欠場で代役となったボランチのスノは可もなく不可もなくというプレー。難しいプレーは期待できないが、ボールを受けてしっかりと味方につなぐことは出来るので、悪くはない。グラベセンがいると中盤はもっとアグレッシブになるが、リスキーなプレーも多く中盤のバランスを崩してまでも攻撃に参加しようとするため、周りの選手に負担がかかっていたが、この試合に関しては、レノンとスノのダブルボランチのバランスはよかった。

■ 組織的なサッカーの意味

ベンフィカには、ミッコリ、ヌーノ・ゴメス、シモン、レオ、フォンセカとビッグネームが集まっていて、名前だけを見るとセルティックを上回る。試合前の予想は、アウェーとはいえベンフィカが優勢だったが、勝敗がその足し算で決まるわけではないことがサッカーの面白さ。ベンフィカは、個人能力を前面に押し出したサッカーで、何度かミドルシュートを放って、キーパーのボルツを襲ったが、いずれも単発だった。

キープレーヤーのミッコリと中村俊輔を比較してみると、個の力でドリブルをはかり、セルティックのディフェンダーを悩ませたミッコリの方がテレビ画面上では目立っていたかもしれないが、実効性あるプレーでチームをリードしたのは中村俊輔の方。

個人技主体で攻めるのか、組織的に攻めるのかというのは、よく議論されるが、これは、二者択一の問題ではない。ベンフィカのようにベースとなる組織力がなくても個人能力があればある程度は個の力で何とかできるが、セルティックのようにベースとなる組織力があれば、個人能力がより生きてくる。

組織力があれば、それぞれの選手が無理なプレーを選択しなくて済む。ミッコリのプレーは、無理なプレーが多かった。そして、中村俊輔のプレーは、全く無理がなかった。見ようによっては、ミッコリの方が面白いプレー(ミッコリの特徴が生かされたスタイル)をしていて、中村俊輔は、その特徴を制限したプレーを強いられているようにも見えるが、実際はそうではない。

■ 色眼鏡で見ないで

この試合も3得点全てに絡んだ中村俊輔。W杯で不本意なプレーを見せたこともあって、彼に対する評価を下げている人もいるようが、W杯で活躍することができなかったスター選手は、世界中にたくさんいる。重要なのは、今、目の前で行われている試合で、どんなプレーをしているかである。W杯といえども、一つの大会にすぎない。




この記事の内容がよかったと思われたら、

こちら389


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてください。
スポンサーサイト

>■ 色眼鏡で見ないで

この試合も3得点全てに絡んだ中村俊輔。W杯で不本意なプレーを見せたこともあって、彼に対する評価を下げている人もいるようが、W杯で活躍することができなかったスター選手は、世界中にたくさんいる。重要なのは、今、目の前で行われている試合で、どんなプレーをしているかである。W杯といえども、一つの大会にすぎない。




まさに。そのとおりですね。

ベンフィカ戦は3点にからんでる。たぶん地元紙は、ミラー、ピアソンが一面かもしれないけど、
全体的にみれば、俊輔のこの試合に貢献してる度合いは相当なものじゃないかな。3点に絡んでるのも偶然じゃないです。
誰があのタイミングでPAのあの位置に走りこめるか?誰があのタイミングでうまい起点になるパスを出せるか?誰があの角度のないとこでシュートを打てるか?って考えたら、
ーーーさすが俊輔♪

11月1日のアウェーベンフィカに勝てれば 決勝Tは確実にみえてきますね。

ここまできたらぜひ 日本人初(それも主力選手として)CL決勝Tにいってほしいです。

最近の中村は。

こんばんは。
最近の中村はシュートに対する意識が明らかに高くなりましたね。
3点のうち2点は中村のシュートが起点になってるし。

W杯で不本意な終わり方をしたことと、CLに出たかった気持ちが現れているんでしょうか。

代表で見てみたいです、本当に。
応援クリックしていきます~ポチっと☆

攻守にわたる貢献度もそうですが、高い実効性がすごいですね。ダイジェストしか見れないのが残念ですが、三点目も凄い走ってる。あれだけ全てのプレーを高いレベルでやってくれれば周りも楽でしょう。

セルティック自体も非常に良い流れですね。補強選手がハイパフォーマンス>負傷しても他の選手が復活、と理想的なポジションの活性。中村のかわりだけはいないみたいなので将来的には誰か取るのかな?

にしても、生きる伝説となることが夢でなくなってきましたね。このまま突っ走って貰いたいです。W杯のことをいう馬鹿なんざほっときましょう。

まっさか、これで呼ばれないとかありえんだろうしね。

中村が最近アタッカー気味にプレーしてるってのは納得ですね。
リーグでのハットトリックもそういう意識から生まれたものだと思います。

しかも、守備での貢献度も高いですよね。
あんまり試合を見る機会がないですけど、マンUとの試合なんかはその辺が表れてたと思います。

中盤にいながらゴール前に出てきたり、守備に戻ったりってのは今までの中村のプレーにはなかっただけに幅が広がった気がします。
そういう意味ではオシムを意識したサッカーをやってるのかなっていう気もしますけどね。


初コメントで長々と失礼しました。
もしよろしければ俺のブログとリンクしてもらえるとうれしいです。
よろしくお願いします。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/389-925cd390

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。