サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島×FC東京 試合を左右した選手交代

■ 残留を決めたい両チーム

降格圏内の京都・福岡・C大阪のすぐ上の順位である、広島とFC東京の試合。残り試合と勝ち点差を考えると残留の可能性は高いが、早く正式に残留を決めるために、勝ち点3が欲しい試合。

試合は、前半9分にジャーンのヘディングシュートで先制した東京が、前半13分に梶山のミドルで追加点を挙げ2点リードを奪うも、佐藤寿人のゴールで1点差に迫ると、後半に4ゴールを挙げて広島が大逆転勝利した。

■ プリンス・柏木陽介

怪我のため、佐藤寿人と駒野を途中で欠いたものの、交代で出場した前田俊介と李がしっかりと穴を埋めた。広島は、3-1-4-2という相当に攻撃的な布陣。前半20分までは、青山の1ボランチということもあり、中盤でこぼれ球を拾えずFC東京に試合を支配されたが、その後は攻勢に出て、見事な勝利となった。3バックの中央の森崎(和)は、DF面では怖いシーンもあったが、やはり、展開力は既存のDFとは比べ物にならない。監督の考え方次第だが、DF面の不安をカバーするだけの展開力があると判断しての起用なので、今のところ問題はない。

広島では、佐藤寿人の怪我もあって、久々に長時間のプレー機会がめぐってきた前田俊介に注目したが、まずまず、というプレー内容だった。やっぱり、太り気味な感じはするが、一瞬のキレはあって、佐藤寿人には無い魅力をもっている。ただ、現状では、明らかに、佐藤寿人に劣っているので、出場機会がなかなかめぐってこない。来シーズンも、ベンチに入ったりは入らなかったりという状況が続くようだと、本人のためにもならない。難しい状況である。

U19日本代表のMF柏木陽介。ユース時代に“プリンス”(王子)とファンから呼ばれたほどの華麗なプレイをする一方、中盤の汗かき役としての泥臭いプレイも厭わない「現代型10番」の申し子とも言える選手。(参考 wikipedia)。この試合の1点目となった左足のクロスは絶品。はかったように正確にバウンドさせて、佐藤寿人のジャンピングボレーを演出した。“史上最強”と言われたサンフレッチェユースのメンバーが、徐々にトップチームでも、戦力になってきている。前田、高萩、柏木、高柳と揃うと、来シーズンこそ、サンフレッチェは楽しみだ。

■ 不可解な交代

FC東京は、ひどい試合をした。キーポイントとなったのは、後半開始から、平山とルーカスを交代させたこと。前半の平山は、シュートこそ1本だったが、確実なキープとファールゲットで、前線の基点として十分な働きを見せていた。高さに不安を抱える広島にとっては、平山の存在は非常に厄介だったと思われるが、後半からその脅威がなくなったことで、広島は躊躇なくラインを上げることができるようになり、後半の猛攻につながった。

平山とルーカスの交代について、倉又監督は、

 ・前半途中から平山のミスが多くなっていた
 ・ルーカスに前線からの守備を期待した

と2つの理由を語っているが、平山とルーカスの2トップにするという選択肢はなかったのか、と問いたい。試合前に、「同じタイプの選手なので共存させることは考えていない。」と語っていたが、ルーカスと平山は、全くプレーヤーとしてのタイプは異なるし、補完性のあるコンビになると思う。うがった見方をすると、試合前からどんな状況になろうと、後半の頭からルーカスを投入しようと決めていたのではないか?試合の流れを考慮していない、理解のできない交代だった。

■ 悪循環が続く・・・

ただ、大敗の原因は、采配ミスだけではない。広島のDFが正確に前線にパスを送っていたのに比べると、FC東京はつなぎでミスが多かった。うまくいっている時間帯は問題ないが、一度流れが悪くなるとズルズルとラインが下がってしまい、アバウトなクリアボールを拾われては、相手の二次攻撃・三次攻撃を受けるという悪循環に陥る。この試合で見せたミドルシュートのように、梶山はトップ下で素晴らしいプレーを見せているが、サイドで石川が起点になれない今の状況だと、梶山をボランチで起用せざるえない。




人気ブログランキングに参加しています。この記事がよかったと思われたときは、

こちら385


をクリックして、人気ブログランキングへ一票、投票をして下さい。




■■■FC東京(2006シーズン)■■■

第1節 大分×FC東京 開幕戦は快勝スタート

第3節 FC東京×清水 ニュースター 俊輔2世の誕生

第6節 横浜FM×FC東京  異次元のマルケス

第7節 FC東京×磐田 卓上の理想

第10節 FC東京×名古屋 梶山陽平vs本田圭佑

第14節 FC東京×鹿島 別格の小笠原満男

第15節 C大阪×FC東京 オールラウンダー今野泰幸

第16節 [生観戦] FC東京×広島 ガーロでいいのか?

第18節 千葉×FC東京 復調の兆し?

第23節 [生観戦] 京都×FC東京 封印された横断幕

第25節 [生観戦] FC東京×新潟① 怪物のデビュー戦
      [生観戦] FC東京×新潟② ごめんアルビ

第26節 名古屋×FC東京 組織の中の個性

第27節 広島×FC東京 試合を左右した選手交代
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/385-cf2e32e4

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。