サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド戦 リスクをかけるサッカー

インドとの試合。中村憲剛と播戸竜二が、代表初スタメン。前半23分に播戸のゴールで先制すると、さらに前半44分にも播戸が追加点。後半は攻めあぐんだが、中村憲剛のミドルシュートで追加点を挙げた。




■ 有効だったサイドチェンジ

前半の日本は、いつになく、ロングボールが主体の攻撃。阿部や鈴木啓太の大きなサイドチェンジが効果的で、サイドの三都主や駒野の前のスペースをうまく使った、ダイナミックな攻撃を見せた。1点目も2点目も、三都主のクロスボールから生まれたゴールだった。

3バックの中央に入って阿部は、もともと、ロングボールの精度の高さに定評のある選手だが、最近は、ジェフでも、それほどロングボールを使った展開を見せておらず不満に感じていたが、この試合は、さすがに阿部というプレーを見せた。

■ 鈴木啓太がいなくなった中盤

さて、問題の後半。水本の負傷で、長谷部がボランチに入って、鈴木啓太が最終ラインに入ったが、見事なまでに攻撃が衰退した。別に、長谷部のプレーに大きな問題があったわけではないが、鈴木啓太不在の大きさを感じずにはいられなかった。

中村憲剛と長谷部のダブルボランチは、もしかしたら、中村憲剛と鈴木啓太を並べるダブルボランチよりも、卓上では、魅力的に見えるかもしれないが、現実は、そうはうまくいかない。どちらがいいというわけではないが、ジーコ監督のサッカーは、クリエイティブな選手がより光るサッカーであり、オシム監督のサッカーは、クリエイティブな選手をより光らせるサッカーである。

前半の鈴木啓太は、後方の選手へのサポートだけではなく、正確なロングボールと、積極的な飛び出しで攻守の要になっていたが、鈴木啓太のポジションを下げたことで、チームは、軸を失って迷走した。鈴木啓太に関しては、この試合のインドレベルの相手であれば、センターバックの中央でプレーすることも可能だが、判断ミスからピンチになりかけたシーンがあったように、やはり、センターバックでプレーすることにやりにくさを感じているようだった。

■ 鈴木啓太のセンターバック起用

この試合での鈴木啓太のセンターバックでの起用に関しては、2つの考え方がある。

 ・インド相手だからといって、普通の相手にはやらないような、起用はするべきではない。意味がないとする意見。

 ・緊急事態になったときは、鈴木啓太をセンターバックで起用することは、全くありえない話ではない。また、この段階で、鈴木啓太の可能性を探ってみるのは悪くないという意見。

である。どちらの意見も間違ってはいないと思う。ただ、結果的には、鈴木・阿部・今野の3人をセンターバックに置いた、センターバックレスのサッカーは、失敗に終わった。(試みとしては非常に面白いとは思うが・・・。)

■ 再考が必要なフォワードの人選

フォワードの人選については、もう一度、考え直す必要があると思う。この試合に関して言うと、ここまで覇気がなくて低調なプレーをする巻をはじめて見た。インドには失礼だが、このくらいの相手であっても、センターフォワードがほとんどヘディングで競り勝てず、前線で起点になれなければ、苦戦するのは当たり前。オシム監督は、よく、後半の半ばまで、我那覇の投入を我慢したなと思う。この試合のことだけを考えたならば、前半の途中で巻を交代させる選択肢もあったと思う。

巻に代わって出場した我那覇に関しては、可もなく不可もなしという印象。柔らかいタッチのキープは魅力で、これまでの試合でも、なかなかのプレーを見せてはいるが、もうワンランク上のチーム相手に戦うには、もう一歩足りないように思う。

ジーコ監督は、ターゲットタイプとしては、鈴木や久保を重宝したが、最終的には、柳沢と高原のコンビを選択した。オシム監督は、一貫して、ターゲットタイプとシャドーストライカータイプの組み合わせで試合に臨んでいるが、人材が不足しているのは明らかで、当分は、ターゲットタイプにこだわらないほうが、うまく攻撃は回るかもしれない。

■ 山岸

2試合連続でスタメン出場を果たした山岸に関してだが、左サイドを基本のポジションとしながら、三都主のプレーエリアと重ならないように、中央に進出してクロスに飛び込もうとする意識が高かった。181cmの高さに加えて、運動量もあるし、また、フォワード出身らしく決定力もあって、潜在能力は非常に高い。例えば、右サイドから多くのクロスが上がってくるチームなら、左サイドに位置しながら、フラフラっと中央に進出してきて、ゴールを奪っていく山岸のプレースタイルは、はまるかもしれない。そういうオプションがあってもいいかもしれないが、現状の山岸は、代表でスタメンを飾るだけのレベルをもった選手ではないと思う。

今シーズン、ジェフ千葉でなかなかいいプレーを見せていることは承知しているし、いい選手であることは間違いないが、代表は、グレートな選手が集まる場所である。国際舞台で戦うには、もうひとつ、ふたつ武器が欲しい。現状は、中途半端な印象を受ける。

■ 初スタメンでMOM級の活躍を見せた中村憲剛

初スタメンとなった、中村憲剛に関しては、ポジティブな印象を受けた。ワンタッチコントロールで相手をかわす技術があるので、少々のプレッシャーを受けてもあわてないし、相手をひきつけてからパスを出すことが出来るので、必然的に味方がフリーになりやすい。柔らかいスルーパスも秘めていて、強烈なミドルシュートも備えるとなれば、現状では、国際舞台では、Jリーグで普段見せているハイレベルなパフォーマンスを、なかなか披露できない遠藤よりも、オシム監督のプライオリティが高くなるかもしれない。

三都主については、前半は非常にいい出来だったが、後半は非常にまずいプレーをした。前半の三都主は、裏のスペースに飛び出す意識が強く、無理な突破をせずに、ダイレクトで上げる高速のクロスが効果的で、2ゴールを演出した。

しかし、後半に入ると、チームのパフォーマンスが落ちたのに比例して、三都主のプレーレベルも著しく低下した。この選手は、いろいろと考えさせたら駄目で、本能の赴くままにドリブルやクロスが出来る環境を周りが提供しなければならない。三都主が中心になって攻撃を組み立てようとすると、必ず裏目に出て、非効率的なプレーが多くなってしまう。

■ 先送りになったトータルフットボール論

ガーナ戦から論争を巻き起こしてきた、”トータルフットボール”に関してだが、この試合に関しては、その片鱗はほとんど見えなかったし、また、格下のインドが相手ということもあって、あえて、バランスを崩してまで、センターバックが攻めあがる必要性もなかった。

オシムサッカーに関していろいろな意見が出ているが、ボクは、オシム監督のサッカーを一言で表すと、”リスクをかけるサッカー”だと思う。トータルフットボール的な、センターバックのオーバーラップとそれに伴うポジションチェンジには確かにリスクが伴うが、リスクをかけて攻撃しないと、現状が打破できないことを、オシム監督は理解している。もちろん、やみくもに前線に飛び出していけばそれでOKかというそうではなくて、しっかりと周囲の状況を把握して、メリットがデメリットを上回るような状況では、リスクをかけることを控えなければならない。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、「なかなかいいことを言っているんじゃないの」と思ったときだけ、

こちら383


をクリックして、人気ブログランキングへ一票、投票をして下さい。
スポンサーサイト

あいうえお

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200610/at00010913.html
選手インタビュー。播戸の最後のコメントは、機嫌取りか擁護か、はたまた事実か。まぁ会長様まで名指しで叩きあげてくる現状では救えないと思いますが。

ラストアシストでもフィニッシュでもない周りの選手の、何を見たらいいんでしょうかね。

僕は残念ながら前半しか見られなかったのですが、思ったのは巻でボールが収まらないのと、センタリングの精度の低さです。基本的には三都主と駒野があげてましたが、三都主は2アシストですし、他のクロスもまずまずでした。駒野は相手がインドというのもありますが、いつもよりも果敢にサイドをかけあがっていた印象です!が、肝心のセンタリングが常にホームランや誰も居ない所へ…前から思っていましたが流石にあれだけセンタリングが決まらないといくらサイドを崩しても駄目でしょう。というかセンタリングの基本は低くニアへ!特に播戸や佐藤がいるときなんかはそうです。なんか適当にあげとけって感じに思いました。もう少しサイドの選手も発掘してもらいたいものです。つーか市川か田中か内田を起用してほしいかな~。

>>> 専修大学神田鳳祭実行委員企画局さま

このような宣伝であれば、かまいません。興味深いですね。何か面白い話が聞けましたら、ご報告願います。

突然のことで大変失礼とは思いますが広告を出させてください。不適切と管理人様が感じられた場合削除されて結構でございます。

【PR】鈴木 國弘元サッカー日本代表チーム通訳 講演会 開催決定!!!【PR】

■ジーコジャパンの本当の姿
■試合では見せることのない控室での選手の顔
■あのときヒデは・・・

■話すことが出来なかった、あのときの出来事を今、鳳祭で語る・・・

[講演者profil]
鈴木 國弘(すずき くにひろ)
元サッカー日本代表チーム通訳
1991年から2003年鹿島アントラーズで、2003年からはジーコジャパンの専属
通訳としてアジアカップ優勝、ワールドカップアジア予選突破、ドイツワールド
カップ本大会の現場全てに立ち会った。
ジーコ前監督が『彼こそが、ジーコ2号』と表現したジーコ前監督の喜怒哀楽を
選手に伝えてきた人物。
オフィシャルサイト : http://srp-web.co.jp/suzukinho/

◎◆専修大学神田鳳祭◆◎
※◆場所:専修大学303教室◆※
(東京都千代田区神田神保町3-8 神田キャンパス1号館3F)
水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より
徒歩3分
※◆日時:10月14日(土)◆※
※◆時間:13:00開場 14:00開演◆※
※◆値段:学内生500円 一般700円

お求め先は、神田校舎B1ホール正面入り口前で販売しております。
そのほか、HPからでも予約ができます。
HPでのチケット御予約の際は、e-mailに氏名、枚数、学内生か一般の方か、
連絡先(必ず連絡の取れるもの)、そして『鈴木通訳への質問』を御記入の上、
御送信下さい。数日中に整理番号を送信致しますので、mail内容をプリントア
ウトして、当日神田校舎B1ホールまでお持ち下さい。ご質問があればお問い
合わせより、ご確認下さい。
鈴木通訳への質問内容は良識の範囲内でお願いいたします。

神田鳳祭オフィシャルサイト  : http://sky.geocities.jp/ohtori2006infoo/sub3.html
イーメールアドレス ohtori2006infoo@ybb.ne.jp

10月15日(日)にはお笑い芸人『タカアンドトシ』さんのお笑いライブも
ございますので、お誘い合わせの上、ご来場お待ちしております。

【PR終了】専修大学神田鳳祭実行委員企画局【PR終了】

ため息と切なさで胸が満たされる試合でしたが、とにかく攻撃が画一的すぎるうえ、最高効率を上げる選手にクロスをあげさせようとしない戦術。ダイジェストシーンの凄さにびっくりです。
しかも後半鈴木CB……山口・青山……
巻・山岸はがんばってます。がんばっているから代表なのは勘弁して欲しいです。
インドの方が明らかに良いサッカーしていたのがご愛敬ですねー(愛)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/383-ee3db8d7

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。