サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐田×G大阪 連休




[相互リンク・追加]


サッカーブログ日本代表宣言!


ACミランを中心に、日本代表・欧州サッカー・Jリーグ等のサッカー全般を網羅したアルボレさんのブログです。




■ ガンバの連敗の原因は何だろうか?

ジュビロ磐田とガンバ大阪の対戦は、ロスタイムにシジクレイのゴールで同点に追いつかれた磐田が、その直後にFW前田のゴールで勝ち越し。3対2で劇的な勝利を飾った。

痛恨の連敗となったガンバ。ピッチ上で繰り広げるサッカーはそれほど悪くないし、チャンスも作っている。試合の入り方に関しても、前節は良くなかったが、今節は特に問題はなかったと思う。結局、アクシデントというか、攻め込んでいて不意に迎えた、(それほど多くない)ピンチの場面で踏ん張りきれずに失点を喫している、という印象がある。

確かに、右サイドバックの加地の不在の影響は大きい。前節の甲府戦の敗因は、甲府の左ウイングのバレーと右サイドバックに入った前田(←もともと攻撃的な選手)のミスマッチを突かれて、シジクレイが右サイドに引っ張られたことが主だった。でも、この試合では、それほど右サイドを突かれる場面はなかった。連敗のはっきりした原因は、よく分からない。多分、いろいろな要素が絡んでの連敗なのだろう。

■ 家長の才能

ただ、ひとついえるのは、ビハインドの状況でガンバが点を取りに行ったときのかさにかかった攻撃は面白いということ。前半で2点リードされたガンバは、後半から家長を投入し、いったんは追いついた。

前節の甲府戦でも後半から途中出場して見事なプレーを見せた家長。今シーズンは、開幕からずっと、左サイドでポジションを獲得していたが、A3で不本意なプレーをしたことと、代役で入った前田が左サイドでいいプレーを見せていたことと、4バックにシステムチェンジしたことが原因で、ポジションを失っていた。

この試合では、磐田にがちがちにマークされたので、前節ほど試合の流れを引っ張り込むことは出来なかったが、やはり、家長はスペシャルな選手であるという認識をもった。

家長の一番の良さは、サイドで仕掛けるためのスペースを自分で作り出すことが出来るところにあると思う。並のサイドアタッカーだと、サイドで仕掛けるためのスペースを消されると行き詰ってしまって、バックパスをするしかない状況に追い込まれるものだが、家長は前方のスペースを消されたときでも、一度自分でキープをしてタメを作り、周りを動かすことで、自らが突破するための空間を、自分主体で作り出すことが出来る。したがって、いったん、家長にボールが入ると攻撃が滞ることはなく、最終的には、高確率でクロスボールが上がってくる。

■ 若返ったジュビロ 前田・太田

磐田は、ホントに若返ったな、という印象。黄金時代の中心メンバーで今もスタメンで残っているのは、田中・服部・鈴木の3人だけ。特に攻撃陣は様変わりしている。しかしながら、アンダー世代の日本代表で活躍してきた選手も多く、小粒になったという感じは全く受けない。

いまさら言うまでもないが、CFの前田のポストプレーは巧みで、安定感がある。ポストプレーだけではなく、最近は、試合を決める時間帯に価値のある印象的なゴールを多く決めている。怪我がちだが、ポテンシャルは、間違いなく今の日本人のフォワードの中で、トップ3に入る。

磐田で期待したいのは、MFの太田吉彰。サイドアタッカーというイメージがあるが、アジウソン監督の指示は、右サイドでタッチライン際に張り付いているのではなく、広範囲に動いてチャンスメークを行うことを求められている模様。スピードに乗ったときのドリブル突破が最大の魅力だが、この試合でシジクレイをぶち抜いた後に見せたキャノンシュートも魅力。オシム監督の望む、”考えて走れる選手”ではないかもしれないが、何も考えずにがむしゃらにプレーするという選手が、1人くらいピッチ上にいてもいいかも。

■ 名波の後継者・上田康太

磐田で最も注目を集めるのは、レフティ上田康太。アジウソン監督から「将来の日本代表に欠かせない選手になる」とまで言われている非常に有望な選手である。この試合でも、(利き足ではない)右足でループ気味のファインゴールを決めた。

比較対象は、やはり名波浩。名波のセレッソへの移籍が発表された8月12日は、上田がJリーグ初スタメンを飾った日と同じ。結果的に上田の出現が名波をクラブから追いやった形となったわけだが、上田も名波と同様、ファンタジスタというよりは、精巧なキックとクレバーな動きでチームを統率する、オーガナイザータイプである。最近の若手選手はアタッカーは数多く出現してきたが、このタイプの選手はなかなかいなかったので、期待が高まる。「名波や藤田以上にテクニックがある」と評されるように、ワンタッチコントロールで相手をかわすプレーは見事。ただ、プレースタイルや体型を見ていると、「運動量がない。」という不当な批判を浴びそうではあるが・・・。

ベテランの服部もいいプレーを見せた。もともとは左サイドバックの選手だが、ここ数年はサイドバックでプレーする機会はほとんどなかったが、今シーズンは、久々にサイドバックでプレーしている。イージーなパスミスが多いのは気になるが、守備に安定感があるのはもちろんだが、攻撃でもタイミングのいいオーバーラップで、うまくチャンスに絡んでいた。




最後に、私事になりますが、この試合はチケットを持っていたので、エコパに行く気満々だったんだけどね・・・。世間は3連休なんですね・・・。やることがないという状況よりはよっぽどいいけど、仕事が多いのもね・・・。生で見ていた人は、ホントに面白かっただろうな・・・。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する380


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

>>> ぶるさん

西野監督は前田を積極的に使っていますね。面白い選手であることは間違いないですが、甲府戦の前半20分くらいで、SBが無理なことは理解できました。なので、今節もスタメンだったのは驚きました。

家長に関しては、調子が悪いわけではないようですね。甲府戦でスタメンから外れていたのは理解できますが、磐田戦もスタメンでなかったのは、悔いの残る采配だったなと思います。

しかし、前田の右SBは反対ですね。西野監督はどうも前田にはユーティリティー性を感じているようですが、彼の技術はガンバのスタメンレベルには達していません。途中で入れて、かき回すのが前田のベストの使い方だと認識しています。

また、加地無しなのに4バックにしたのも一つの敗因ではないかと思います。山口はSBに関してはやはり素人です。加地ありきの4バックだと思うので、昨日に関しては3でよかったかな、と。

前節、今節と家長のおかげでなんとか点を取れた感があります。
外されたのは蔚山戦が酷かったのもありますが、「オフザボールの動き」を学ばせるため、という一説があります。
しかし、そんなこと言っている場合ではないです。もうスタメンに戻すしかないでしょう。また、4バックに固執せず、3も使っていかないと。連覇は諦めません。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/380-88007fc1

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。