サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G大阪×川崎 勝て勝て勝て勝てホームやぞ

■ 万博での首位攻防戦

首位攻防の、ガンバ大阪と川崎フロンターレの試合。試合前まで、首位のガンバとの勝ち点差が「5」とひらいている3位の川崎にとっては、負けたら、首位争いから大きく後退する大事な試合。ガンバは、前の試合に続いて、4-2-2-2の布陣。山口を左サイドバックに起用して、明神と橋本がダブルボランチを組む。一方の川崎は、ナビスコカップ準決勝から中2日のハードスケジュールとなったが、ベストメンバーで試合に臨んだ。

立ち上がりは、川崎が優勢。しかし、次第にガンバは、加地のサイドを中心にチャンスを掴むようになる。前半25分、その加地が、マギヌンのハードタックルを受けると、そのタックルでマギヌンが一発レッドで退場。その後はガンバの一方的な展開になった。前半36分に二川のシュートのこぼれ球を播戸が押し込んで先制すると、後半にも、二川・マグノ・マグノのゴールで3点を追加。4対0でガンバが圧勝した。

■ 試合を決定付けたマギヌンの退場

試合前は打ち合いが予想されたが、意外な大差が付いた。やはり、マギヌンの退場が痛かった。このプレーは、非常に悪質なタックルだったので、レッドカードは妥当だった。なかなか、Jリーグでは長期の出場停止はないが、5試合ほどの出場停止であってもおかしくないほどの危険なタックルだった。選手生命を奪いかねない行為に対しては、厳しく対応すべき。

ただし、この退場が試合の流れを決定付けたのは間違いが、仮にこの退場がなくても、試合はガンバが勝利していただろう。今シーズンの川崎は非常にいいチームだが、この試合を見る限り、確かに実力差はあった。

■ 既成概念を打ち破るガンバのパスサッカー

サッカーについて語るとき、いくつか、自分なりの基準があるが、その2つを挙げる。それは、

・トップには、背の高い選手を置いて、相手DFとロングボールを競り合える選手が必要。そういう選手がいないと、ショートパスオンリーになって、攻撃が行き詰る。

・ダブルボランチの片方は、攻撃的なパスを出せる選手じゃないとボールが回らない。守備的なボランチを並べると、ボールがスムーズに回らない。

ということ。しかしながら、今のガンバのサッカーは、そういう勝手な既成概念を打ち破るサッカーをしている。

2トップの播戸とマグノ・アウベスは、高さはないが、技巧を生かして前線で起点となることができるし、ダブルボランチの明神と橋本は、難しいパスは出せないが、献身的なプレーで、チームを支える。ボール回しが滞ることは、全くなかった。

■ 特筆すべき宮本のフィード力

一見、セオリーから外れるガンバのサッカーだが、それでもスムーズにボールが回るのは、宮本・シジクレイ・山口の3人の存在がその理由。ともに、ボランチもこなせるほどのテクニックレベルを持つ。その中でも、光るのは宮本。ダブルボランチの代わりに、前線への難しいパスを難なく通すことが出来る。

今の日本には、フィードがうまくて、なおかつ、高さ+強さを兼ね備えたセンターバックはいない。いずれは、そういうセンターバックが出てくればな・・・と思うが、現状で、いないものは仕方ない。高さと強さに弱点はあるが、やはり宮本のフィード力は魅力。

■ サイドを支配した加地

ガンバはみんながいいプレーを見せたが、一番印象的なプレーをしたのは、右サイドバックの加地。この選手は、なぜか、守備の負担が大きいはずのサイドバックでプレーした方が、ウイングバックでプレーした時よりもいいプレーを見せる。対面したマルコンの攻撃力を封印して、自らも川崎の左サイドを切り裂いた。さすがに代表選手というプレーだった。右の加地がサイドを突破して、逆サイドにいる、左サイドバックの山口が中に入ってきてシュートを放つというプレーは、ワイドでダイナミックなこと、この上ない。

播戸については言うことなし。ファーストタッチに明確な意図が感じられて、しかも正確。ゴールは、ごっつぁんゴールだったが、そのボールは、偶然、播戸の前にこぼれてきたわけではない。今の播戸は、ゴールハンターと呼ぶにふさわしい。

遠藤は、この試合でも2アシストの活躍。今の攻撃的なポジションは、オシムジャパンでも任されているポジションだが、代表では必要以上に”オシムサッカー”を意識しすぎていて、持ち味を十分に発揮できていないが、この試合のように、前目で、ちょこっとだけボールに触れて、攻撃に変化を付けるプレーは、遠藤ならではのもの。代表入りが噂される中村憲剛に対して、この試合では、格の違いを見せた。

■ 素晴らしい経験をした川崎フロンターレ

川崎フロンターレは、アウェーの万博で、素晴らしい経験をしたと思う。試合終了と同時に、ピッチに倒れこんだ選手達が印象的。気合を入れて望んだ試合で、首位のチーム相手に大敗したという事実は、ショッキングな出来事だったと思うが、まだ、今シーズンは終わっていない。残り試合も、しっかりとした”川崎らしい試合”を見せて欲しい。いつの日か、この日の屈辱を晴らすために、フロンターレは、今シーズンをいい形で終えなければならない。

■ 日本人に合ったサッカー

最後に、うまく表現できないので、思ったとおりにストレートに書く。オシム監督は、日本人に合っているのは、”走るサッカー”だと説いて、そういうスタイルのサッカーを日本代表に導入しようとしているが、このオシムサッカーからは、若干の息苦しさというか、せっぱつまった感を感じる。(←そういうサッカーも悪くはないし、嫌いではない。)しかしながら、この試合で見せた、パスを回しながらもその中に遊びも感じられるガンバの攻撃的なサッカーは、そういったネガティブな感情のない、実に日本らしいサッカーだったように思う。

「勝て勝て勝て勝てホームやぞ」の横断幕は、もう長いこと万博にあって、万博の風物詩のようになっている。ガンバが弱かった時代は、実に的を得た面白い横断幕だったが、これだけの強さを見せられると、現状には、全くそぐわない横断幕になってしまった。時代は変わった。




面白かったときは、

こちら363


をクリックして、人気ブログランキングに投票してください。1票でも投票があると、はげみになります。

あなたが、そのチームのサポーターになったきっかけは?

投票はここから。
スポンサーサイト

>>> かもぞうさん

それはひどいわ(笑)。

マグノは調子は悪くないけど、シュートのときだけ力んでいるっていう感じでしょうか。この試合でも、得点はしたものの、シュート精度はいまひとつでした。

以前、西野監督が宮本を外して数試合戦いましたが、そのときはかなりの確率で負けていました。
しかも、点が入らないのです。攻撃の面子は変わっていないのに。

宮本にはフィード力以外にも、目に見えづらいところで発揮される攻撃力があるようですね。

昨日の試合はガンバの完勝でしたが、それならばフェルを入れて欲しかったですね。
がっちり引かれたチームと戦うときは、ある程度の個人技が必要になってくると思うので、彼がいつでも使える状態にあるべきでしょうね。

「勝て勝て勝て勝てホームやぞ」を西京極で張られました・・・

調子を落としていたと言われるマグノ・アウベスも良さそうですね。
シーズン前半を支えたフェルナンジーニョも控えてるとは、羨ましい話です。

>>> RRさん

ガンバは強いですね。今のガンバなら、レッズでも撲殺できるんじゃないでしょうか?(それはないかな。)

このカードは最終節にあるんですよね。”勝った方が優勝”という展開になれば面白いな。

退場までの時間、ガンバは我慢でしたが、その我慢の姿勢が「一瞬でも緩んだら一撃で流れを引き寄せる」という自信に満ちたモノに感じましたね。おっそろしく冷静だった。で、川崎の攻撃のリズムが少しだけ停滞した途端、加地の突破から一気に流れを掴み、そのまま終了まで圧倒。強すぎです。

とにかく全体の技術が高いですね。受け手も出し手も一流で、貰う動きで一瞬でも時間を作ればそこにずばっとはいるし、ずばっと出す。技術が高ければ役割はこなせてしまうモノですな。川崎にはかなり惨い試合になってしまいましたが、まあ、仕方ない。力の差はありましたね。

宮本効いてましたねー。ポジショニングも完璧で、DFまったく崩れず。攻められた時間帯もピンチらしいピンチ無かったですものね。フィードも細かく繋いでダメだった後に裏を狙ったりしていたから、相手はかなりいやだったはず。

にしても播戸。これで呼ばれないなんて絶対あり得ない。プレーからひしひしと意志を感じる。ガンバは良質のFW生み出すよなー。

あと、加地の足は何で出来てるんでしょうか(笑)? 絶対折れたと思いましたよ……

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/363-b0310a99

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。