サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL 中村俊輔が鮮やかな同点FK

■ トリプルボランチのセルティック

CL第1節。グループFのセルティックは、オールドトラフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。中村俊輔は、右の攻撃的MFで先発出場。セルティックは、いつもの2トップではなく、ヘッセリンクの1トップ。中盤は、レノン・ヤロシク・グラベセンの3ボランチ。




試合は、前半21分、セルティックのゴールキックをファーディナンドがクリアしきれずに、ヘッセリンクにこぼれたボールを、ヘッセリンクが落ち着いて決めて先制。しかし、マンUは、後半30分にギグスがPKを獲得すると、サアが決めて同点。さらに、前半40分に、スコールズのパスを受けたサアが勝ち越しボール。しかし、セルティックは、前半43分に、中村の直接フリーキックが決まって同点。2対2で前半を終了した。

いい形で先制したセルティックだったが、いやな形で追いつかれて、ズルズル生きそうなムードだったが、中村俊輔の左足がチームを甦らせた。名手のファン・デル・サールが一歩も動けない、パーフェクトなキックだった。

しかし、後半開始早々、グラベセンのパスミスからカウンターを食らうと、スールシャールに押し込まれて勝ち越しを許した。その後、マンUは、何度もビッグチャンスを作るも、セルティックのキーパーのボルツの好セーブもあり、追加点は奪えなかった。追いつきたいセルティックも、ミラーやマローニを投入して同点を狙うが、追いつけなかった。セルティックは、初戦を2対3で落とした。

■ いいリズムで攻めるマンチェスターU

勝利したマンUだが、大砲のファン・ニステル・ローイが抜けて、前線のパワー不足が懸念されたが、そんなことはなかった。サアが昨シーズンの調子を維持しており、圧倒的なパフォーマンスを見せた。この試合では、クリスチャーノ・ロナウドを欠いていたが、それが逆に、好影響を与えたようで、前線から中盤でテンポ良くボールが回っていた。守備面では、軽率なミスもあったが、今シーズンのマンUは、いい感じでスタートを切っているようだ。

■ パスミスが致命的になったセルティック

一方のセルティックは、前半は互角の勝負に持ち込めていたが、後半は攻め込まれた。セルティックは、ポゼッションサッカーを志すチームだが、この試合では、ボランチのグラベセンが2度自陣でボールを失って、失点につながった。後半、怒涛のようにシュートを打たれたが、そのほとんどが、中盤で無理につなごうしてボールを失った後に迎えたピンチだった。スコットランドリーグでは、不用意なパスミスがあってもなんとか対応できていたが、この試合の相手のマンUは、ミスは確実に失点につながるということを思い知らしめた。無理してつなごうとせずに、この試合で最も高いパフォーマンスを演じた、CFヘッセリンクの頭を目掛けたロングボールを多用しても良かった。

さて、この試合の中村俊輔だが、フリーキックを除いても、かなりいい出来だったと思う。いつもの2トップではなくて、1トップだったことで、なかなか前にパスを出せずに苦労したが、この試合のボールタッチの多さは、これまで見たどの試合よりも多かった。不安定だったセルティックのパス回しも、中村俊輔がボールを持ったときだけは安心感があった。課題は、守備面。前半途中から対面したギグスを捕まえきれなくなった。ギグスがPKを獲得した直後に怪我で途中交代したのは、中村にとって幸いだった。

■ ボランチの差

アウェーのオールド・トラフォードで敗れるというのは、セルティックは想定内のはずで、残りのベンフィカ戦とコペンハーゲン戦が非常に大事になる。セルティックの改善点は、やはりボランチの人選。この試合では、3ボランチ気味の布陣だったが機能はしなかった。マンUのキャリックが低い位置から、前線のサアやルーニーに鮮やかにパスを通していたのに対して、セルティックのレノンとグラベセンの二人は、パスミスを繰り返して、チームのリズムを壊した。現時点では、ペトロフの穴は大きいと感じる。好材料は、マローニの復帰。マローニが復帰すれば、中村のいる右サイドだけではなく、左サイドでも起点が出来て幅の広い攻撃が可能となる。そして、なにより、無謀な突破を試みてはボールを失い続けるマッギーディを使わなくてもすむ。

■ 巻き返しは可能

この試合は、昨日のガラタサライとボルドーの試合とは違って、ゴールチャンスも多く、チャンピオンズリーグらしい、いい試合だったと思う。2対3のスコアだったが、シュート数が示すほど、一方的な内容ではなかったし、大きな実力差があったとは思わない。セルティック・ホームでの試合のときは、マンU相手でも互角以上の試合が出来るだろう。セルティックも良くがんばったし、気落ちすることはない。

最後に、この試合で、一番残念だったのは、解説者のレベルの低さ。せっかく、セルティックの試合を放送するのなら、普段セルティックの試合を見ていて、セルティックのことを理解している人に解説をしてほしかった。セルティック視点で試合を見ていた人が多かったと思うが、セルティックのことをよく分かっていない人に非難されるのは、やはり、いい気分はしない。あのスタイルは、毒舌を通り越して、不愉快である。




面白かったときは、

こちら354


をクリックして、人気ブログランキングに投票してください。投票があると、はげみになります。
スポンサーサイト

> Man Uの試合をあまり見ていないのならあなたも某解説者と大して変わらない気もしますが・・・?

???

Man Uの試合をあまり見ていないのならあなたも某解説者と大して変わらない気もしますが・・・?

Bhoysの出来や論評については言いませんが、1つ言うのならKøbenhavnやBenficaに勝つには最高の出来を披露しなければ難しいという事でしょうか。

Man Uの出来に関しては普通・・・いやDFやRooneyの不出来を考えると普通以下か。FKの前のチャレンジといいRioの対応といい下らない失点でしたから。

オフェンスの方はそれこそ普通か。Carrickが馴染めきっていない事、出場停止明けの2人のタッチの不安定さがあった割にSahaやRooneyの雑さで追加点こそ奪えなかったが大量のチャンスを造ったのは悪くない。
BhoysがDFを欠いていたとしても。

Giggsがいなくなった時点でCMでの方がSHより明らかによいプレーをするFletcherを中に入れて4-3-3にした方がよりよかったのだろうが・・・。

>>> kumaさん

どうも、こんにちは。マンチェスター・ユナイテッドの試合はそれほど多く見るわけではないのでよく分かりませんが、ホントにセルティック戦は最悪の出来だったのでしょうか?あれだけの試合をして最悪の出来であるなら、普段は、どれだけ素晴らしいサッカーをしているんでしょうね。

セルティックパークでの試合は、盛り上がりそうで楽しみですね。勝ってくれたら最高。

>コペンハーゲンとベンフィカであれば、セルティックの実力を考えると、問題ない相手だと思うのですが・・・。

うーん、どうなんでしょう。
ベンフィカは相手が上なのでは。
コペンハーゲンといい勝負。3位争いっていうのがセルティックの実力ではないかと思うのですが。

あと、フジの中継もひどいもんでしたよ。
素人の英国人がコメントするなんて、考えられません。

はじめまして。

>最後に、この試合で、一番残念だったのは、解説者のレベルの低さ。せっかく、セルティックの試合を放送するのなら、普段セルティックの試合を見ていて、セルティックのことを理解している人に解説をしてほしかった。セルティック視点で試合を見ていた人が多かったと思うが、セルティックのことをよく分かっていない人に非難されるのは、やはり、いい気分はしない。あのスタイルは、毒舌を通り越して、不愉快である。



まったく同意見です。あのひとはいつもいつもセルティックをばかにしますねーー。もうこうなったら次のセルティックホームでも解説してほしい。
そしてセルティック勝利。てことになっても、今日のマンUはいままでみたことないぐらい最悪の出来だった。というんでしょうねーーーいやあ楽しみ。


今朝はほんとフジTV見たいと思いました。見れない地方なので。
 

>>> RRさん

ペトロフがいれば・・・、マローニが先発なら・・・、という感じでした。

ボランチの組み合わせは、難しいですね。エバートン時代のグラベセンをほとんど見たことがないので詳しいことは分からないですが、グラベセンは本来プレーメーカータイプの選手らしいので、実力が発揮できれば、グラベセンで決まりでしょうが、ここまで、パスミスが多いとグラベセンの起用は慎重にならざるえません。

中村俊輔ですが、これまでは、ペトロフとマローニがいたので、ゲームを組み立てる仕事よりも、アタッキングエリアで仕掛けるプレーが多く見られたのですが、昨日のメンバーだと、ボランチが全部、俊輔にボールを預けようとするので、ボールを渡されすぎでした。

コペンハーゲンとベンフィカであれば、セルティックの実力を考えると、問題ない相手だと思うのですが・・・。期待しましょう。

いやー、実力差はあったと思いますよ。さすがに。良い試合でしたし、非常にクリエイティブな試合でした。

セルティックは俊輔とヘッセリンク、グラベセン以外の足下が……俊輔にマンUの選手がチェックにいけないのは見ていて不思議な気分になりましたが、後半は密着されてましたしね。
レノンとマクギーティー、あとはDF陣ですね。DFに宮本くらい足下がある選手が入ると一変する可能性があると思います。ついでにボルツ神。

マンUは中盤が好調ですね。球離れがいい。サハはポスト・運動量・精度すべてが最高の出来で、好調を維持すればフランスは鬼神2トップが形成されますね。
良くないのはルーニー。まあ、自業自得とも言えますが、気性難なんとかせんと。

セルティックは中村サイドからしか組み立てれなかったし、グラベセンなんかつねに俊輔に預けようとしていましたね。もう一人技術者がいると思います。にしても、FKはしびれました。連携面が上がればトーナメント進出狙えるでしょう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/354-7070ed7c

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。