サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島×京都 不振の柳沢敦

■ 勝ち点3の欲しい両チーム


この試合が始まる前までの鹿島の勝ち点は36。首位のガンバ大阪とは13ポイントの差がある。サッカー界のひとつの目安として、順位が下のチームが、上のチームを逆転できる可能性があるかどうかを考えるとき、残り試合数と同じポイント以上の勝ち点差が付くと、逆転できる可能性はかなり薄くなる。この試合を終えると残り試合数は12。鹿島としてはなんとしても勝ち点3が欲しい試合。京都も、残留圏内の広島との勝ち点差が8。もう、引き分けでも許されない厳しい状況である。



鹿島アントラーズ・スタメン



京都サンガ・スタメン




試合は、前半から鹿島がなかなかリズムを作れずに苦戦。京都の林とパウリーニョの2トップのスピードある攻撃に、センターバックの岩政と青木が振り切られる場面もあった。攻撃では、左サイドの新井場を起点に攻めようとする意図は見えたが、ミネイロと柳沢の2トップが不調。後半17分に、その二トップに代えて田代と深井を投入。その直後、新井場のグラウンダーのクロスを児玉がクリアしきれずにオウンゴール。京都も終盤に、アンドレと松田を入れてパワープレーを仕掛けるが不発。1対0で鹿島が勝利した。

■ 押し気味の京都だったが・・・

シュート数は、鹿島の5本に対して、京都が15本。コーナーキックの本数も、鹿島の1本に対して、京都が9本。実際には、この数字が示すほど京都が優勢だったわけではないが、”人数をかけてボールを奪って、素早くサイドに展開してアーリークロスを送る”という戦法が徹底されていて、内容的には悪くはなかった。ただ、中に高さがなく、クロスの精度も低かったため、有効な攻撃は出来なかった。この試合でも、FWアンドレが先発落ち、右SMF加藤がベンチ外という状況で、なかなかベストメンバーが揃わないのが、苦しい。

明るい材料と言えるのが、左SMFの美尾が久々に復帰したこと。途中出場ながら、切れのあるドリブルで、左サイドからの攻撃を活性化させた。美尾を投入するとき、クロスの精度が低かった星をそのまま残して、この試合でも何度か決定的なチャンスをつかんでいた中払を下げた采配は疑問が残るが、ピニェイロが使えない中、貴重な駒になりそうだ。

■ 躍動感のない鹿島のサッカー

勝ち点3を獲得したものの、鹿島のサッカーは重かった。小笠原が抜けたとはいえ、まだまだいい選手が揃っていて、サイドバックを積極的にオーバーラップさせる戦術は鹿島の伝統を感じさせたが、何か物足りない。この試合では、鹿島の2トップの出来が極端に悪かったこともあるが、強豪チームとして優勝を狙うには、根本的な改革をしなければならない時期に来ているなという感じがする。

特に、柳沢の出来の悪さは、目を覆いたくなるほど。深井や田代という優秀なフォワードをベンチに温存してまで、柳沢を起用している理由が分からない。いったいなぜなのか?

■ 目立った野沢と新井場

そんな中、鹿島で目立ったのは、野沢。昨シーズン、10得点を挙げてプチブレークを果たしたが、今シーズンは、それほどの活躍が出来ていなかった。しかしながら、同ポジションの小笠原が移籍したことで、いよいよ本格化しそうな予感がする。この試合では、”鹿島は野沢のワンマンチームか”という感覚すら覚えた。

同じく、鹿島では、左SDFの新井場が良かった。今シーズンは、右SDFの内田のサイドが目立っていたが、この試合で脅威になっていたのは、新井場のサイドだった。これまではなぜかフル代表に縁がなかったが、最も人材を欠く左サイドのポジションで、一度は試されるべき能力の高い選手だということを再認識した。

■ 切り札の存在

京都としては、前半守って、後半にアンドレを投入して勝利を掴むという作戦だったようだが、鹿島のベンチに、スタメンの選手以上の能力とモチベーションを持った、切り札と言える存在の選手が深井と田代の二人もいたのが誤算だった。




↑この記事に、「ほう、なるほど」と思った方は、

こちら351


をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。




J1を制するチームはどこだと思いますか?

アンケート実施中。


投票はこちらから。
スポンサーサイト

柳沢のあの出来の悪さは一体何なんだろう。どう考えても、田代をスタメンで使うべきだと思う。あのキーパーチャージはかわいそう。素晴らしいプレーだったと思う。
野沢のインタビューを聞いていて、あの技術を持ちながら大成しない理由が見えた気がした。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/351-2129deb9

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。