サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエメン戦 苦労してつかんだ勝ち点3

■ 流動的な阿部のポジション

アジアカップのイエメン戦。スタメンは、左サイドの駒野が外れて、羽生が攻撃的MFに入り、三都主を左サイドバックに下がった。システムは、4-4-2とも、3-5-2とも取れる。阿部がボランチの位置まで上がったり、最終ラインの左に入ったり、非常に流動的。ダブルボランチの鈴木啓太との関係は、横ではなく、完全に縦の関係である。なかなか、興味深い。

■ 最悪のピッチ状態

前半の15分ほどは、日本は、全く本来のサッカーが出来ない。スタジアムのピッチは、最悪レベルで、ショートパスですら、トラップのときに苦労するような状態。”イエメンのピッチはひどいな”、と思うけど、Jのスタジアムのピッチも、今は大変なことになっているので、まあ、仕方ないかも。

前半の半ばを過ぎると、徐々に、リズムは良くなる。いい形になるのは、ゴール近くで巻が相手ディフェンダーとヘディングの勝負になったときと、田中達也がバイタルエリアでボールをもったとき。サイドバックの、加地と三都主は、イエメンの執拗なディフェンスに苦しみ、精度の高いクロスを上げられなかった。

オシムジャパンが、苦労している原因は、先にあげたように、フォワードがボールをもったとき(プレーに関与したとき)に一番チャンスになりやすいということが上げられる。つまり、フォワードにボールが渡らなければ、なかなかチャンスになりにくい。これまでの日本代表には、中田英寿や中村俊輔といった、稀代のパサーがいたので、彼らが前を向いてボールをもったときは、相当に期待感が膨らんだが、当然のことながら、フォワードの選手がいい形でボールを持つ回数は、ミッドフィールダーがいい形でボールをもつ回数よりも、圧倒的に少ない。パス一本で局面を代えられる選手の必要性を感じる。

■ ようやく先制

後半、田中達也に代えて、佐藤寿人を投入する。田中達也がドリブルで局面を打開しようとするのに対して、佐藤寿人は、ゴールエリアから離れたところでは、簡単にプレーするスタイル。佐藤寿人が中盤に下がってボールをダイレクトにはたくプレーが、日本のリズムを作った。しかしながら、三都主の出来が悪く、フィードの段階で簡単なパスミスも増えてきて、後半15分ごろから、足が止まり始める。巻や遠藤が決定的なチャンスを作るものの、シュートが思うように打てず。勝ち点3がほしい日本は、後半28分に羽生に代えて我那覇を投入して3トップに変更。さらに、後半30分を過ぎると、闘莉王も前線に上げて、巻・我那覇・闘莉王を置く、3タワーに変更。ようやく、後半ロスタイムに、巻の折り返しを我那覇が決めて先制点。そのまま逃げ切って、1対0で日本が勝利した。

■ 苦労はしたが・・・

苦労はしたが、苦戦ではなかった。守備ブロックは安定していたので、イエメンに得点の可能性はなかった。阿部・闘莉王・坪井・鈴木の4人はもちろんのこと、前からのプレスもまずまずで、守備面では、進歩していることが伺えたと思う。

問題は、攻撃陣。この試合の後半は、遠藤が軸になってパス回しを行って、徐々に、よくなっていったが、どこかの位置で、”この選手がボールをもったら絶対にボールを取られない”、というポイントが欲しい。走るサッカーを志向するのは間違っていないが、今のチームは、メリハリがないように思う。やみくもに走るのではなく、この選手がボールをもったときは、ボールを取られる心配がないので、みんなで前に上がって攻撃に参加する、というような共通理解があれば、試合展開に、だいぶ落ち着きもでてくるのではと思う。

■ 選手採点&寸評

GK:川口能活 6.0

ほとんど見せ場はなかったが、プレー機会では、落ち着いたプレーを見せた。

DF:加地亮 5.0

高い位置でプレーしたが、相手にサイドのスペースを消されて、持ち味は発揮できず。クロスの精度も、低かった。

DF:坪井慶介 6.5

守備面では、問題はなかった。後半17分に、右サイドを駆け上がってシュートに絡んだシーンは、この試合を通しての、ベストプレー。新しい一面を見せた。

DF:田中マルクス闘莉王 6.0

センターバックとして、高さを見せたが、ドリブルで駆け上がる場面では危なっかしいシーンが何度かあった。闘莉王のオーバーラップは効果的だが、まだ、チーム全体で闘莉王の攻撃力を生かそうとする場面は少ない。

DF:三都主アレサンドロ 3.5

サイドバックでプレーしたが、最悪の出来。無理なパスが多く、リズムを壊した。サイドを突破してクロスを上げる場面もほとんどなかった。非常に波のある選手なので、三都主のバックアップを探しておかなければ・・・。

MF:阿部勇樹 6.0

左センターバックと下がり目のボランチでプレー。臨機応変なスタイルは、新しい日本代表のオプションになるのか?この試合も、完全に黒子に徹した印象。

MF:遠藤保仁 5.5

決定的な場面でシュートをふかしたシーンが目立ったが、90分で見ると、悪くはなかった。後半は、遠藤にボールが集まって、プレーを展開した。ただし、ガンバで見せているような、落ち着きがないのが気になる。

MF:羽生直剛 5.0

前半は悪くはなかったが、後半は、完全に消えてしまった。周りの選手に使われるタイプなので、仕方ない部分もあるが・・・。

MF:鈴木啓太 6.5

この試合でも、中盤で奮闘を見せた。その闘志は、オシムジャパンにも不可欠になりつつあるが、前目のボランチをするには、攻撃力が不足しているのも事実。

MF:梅崎司 採点なし。

ロスタイムのみのプレーだったが、もっと早い時間から使っても面白かった。

FW:巻誠一郎 5.0
3度あったチャンスで決めきれず。高さはもちろんだが、幅広く動き回るのも、本来の巻の持ち味のはずだが、オシムジャパンでは見られないのは不思議。絶対的な存在ではない。

FW:田中達也 5.5

特に出来は悪くはなかったが、前半で交代した。切れのあるドリブルは大きな武器だが、ゴール前で雑なプレーも目立った。

FW:佐藤寿人 6.5

後半から出場。決定機は逃したが、好プレーを見せた。我那覇が入って3トップに変更してからは、左ウイングでプレー。好クロスで、チャンスメーク。

FW:我那覇和樹 6.5

値千金の決勝ゴール。決して簡単なシュートではなかった。フリーではなったヘディングシュートは決めておきたかったが、最後に大仕事をした。

■ 評価できるのは・・・

全体的な感想として、やはり、この芝では、パスサッカーは難しいが、そんな中で、比較的早い段階からパワープレーをして、勝ち点3を取りにいった点は評価したい。

T&T戦、イエメン戦(H)、サウジ戦、イエメン戦(A)と4連戦を終えたが、”こういうサッカーをします”、というのは、少しずつ見えてきた。ガンバとジェフの選手が加わった残りの3試合は、問題も多かったが、ほとんど固定メンバーで戦ったが、次の試合では、おそらく、フィットしなかった選手を外して、メンバーに入っていない選手を何人も加えるだろう。はたして、どんなメンバーが呼ばれるのか?まだ、オシムジャパンは、始まったばかりだ。




↑この記事に、「ほう、なるほど」と思った方は、

こちら343


をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。




あなたはどのチームのサポーターですか?

アンケート実施中。


投票はここから。

スポンサーサイト

サウジ戦に比べれば、大分マシになった印象でした。
坪井、闘莉王が積極的に攻め上がったりして、ディフェンスからの攻撃の意識が見られたと思います。
ただ、鈴木にバックパスが多いのが気になります。7割くらい、下げていたんではないでしょうか。

遠藤はやはり、2列目の選手では無いと思います。ボランチの位置に置いておいて、自由に動ければ彼らしさが出ると思うんですが…ガンバではそこに人がいるべきところにいないので、少しテンパっているようでした。(加地とのパス交換はスムーズでした。)

やはり空気は薄かったようで、後半の20分ぐらいで闘莉王は膝に手をつけていました。
明日のJリーグ、浦和、千葉、ガンバには何らかの影響が出そうです。

イエメン戦ですが、放送が始まってすぐ、”デコボコのピッチ”と”を見て、あんまり、参考にならない試合だな、と思いました。あのグラウンドで、パスサッカーをするのは、不可能でしょうね。

新右衛門さんの言うとおり、もっと早い時間帯からパワープレーをしても良かったと思いますが、巻以外、小さい選手が多いのでね・・・。難しいところです。

この4連戦は、メンバーを固定して戦いましたが、日本らしいサッカーではありませんでした。長期合宿がまだ一度もないので、チーム作りは難しいと思います。長い目で見ることが必要でしょう。

じじさん、こんにちは。
見ている我々にはわかりにくいですが、あのピッチ、気候という厳しい環境の中で結果を残すことができたのは大きいと思います。
私もじじさんと同じく、普段のパスサッカー(地上戦)が厳しい状況の中、パワープレー(空中戦)で点が獲れたことは評価して良いと思います。ただ、私としては、(あのピッチ状況を考えて、)前半からある程度パワープレーを使っても面白かったのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

こんばんは。「パス一本で局面を変えれる選手」「ボールの取られない選手」の必要性は大いに感じます。
俊輔、ヒデ、伸二なんかがいい例ですが、ヒデは引退、俊輔は只今個人的に失望感でいっぱいの選手、伸二に至っては選ばれない。ので今の日本選手では難しいですね。
せめて遠藤がもう少し下がり目でボールを持てれば良いな、とは思います。
それにしてもサイドからの攻撃のパターンが少ない気がします。
加地やアレがドリブルで突破するだけでなく、スペースにサイドの選手が走り込めるパターンが見れればと思います。
現段階では格下相手でなかなか難しいですが、コンフェデの時加地が決めた幻のゴールのようなのが理想。
長くなってすみません・・・(*_ _)人ゴメンナサイ

坪井はやばい横パス何回かしてましたよ。ほんとにやばそうなやつを。

なんというか、ホント勝って良かった。それだけ。まあ、そんな試合も何試合かあるだろうけど、にしてもね……がんばれ、日本。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/343-173a4236

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。