サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシムジャパンについて少し考える。

T&T戦イエメン戦を終えて、現時点で考えていることのまとめ。雑感なので、まとまりのない文章であるが、容赦していただきたい。

① ボール回しの改善策は?

オシム監督が、各駅停車という表現をしたボール回し。「ボール回しのスピードが遅いこと」と、「隣の選手を飛び越えたパスが少なかったこと(サイドチェンジがなかったこと)」と、「走って、止まって、走って、止まって、と小休止が多いこと(ダイレクトパスがないこと)」を指して、そのように表現しているのなら、うまい表現だと思う。

イエメン戦で感じたパス回しに関する問題点は、

① サイドバックのポジションが中途半端に高いこと
② パス回しのテンポが一定
③ 人選のまずさ

ということになる。




注意しておきたいのは、落ち着いてボールを回すのは何も悪いことではない。問題なのは、どこかで仕掛けのパスを出さないと相手の陣形を崩すことが出来ないのに、そういう意図のあるパスが出せていなかったことにあると思う。

まず、どのポイントから(誰の位置から)仕掛けるのかが、不明確だった。トルシエジャパンのときは中田浩二のパスから展開されることが多く、ジーコジャパンのときは中田英寿と三都主のところから仕掛けのパスが入ることが多かった。4バックを採用すると仮定すると、最終ラインの4人とダブルボランチの計6人でボール回しを担当することになるが、イエメン戦では、加地、坪井、闘莉王、駒野、鈴木、阿部の6人とも、セーフティなパスがほとんどだった。

現状では、6ポジション全てに、パス能力に優れた選手を配置するのは不可能である。ならば、仕掛けをスタートできるポイントがひとつ、もしくは、ふたつほしい。例えば、名古屋の本田を左サイドバックに起用する方法がある。ここ最近、名古屋でも、左サイドバックでプレーすることが多いが(例. 甲府戦)、名古屋の最終ラインは、ボール回しが行き詰っても、本田にボールを渡せば何とかなる、という心理が働いているので、ある程度余裕を持ってプレーをすることができるし、実際に、左サイドから攻撃を組み立てて相手の陣形を崩すことも多い。具体例をあげると、本田が左サイドでボールを持ったとき、相手のディフェンダーが本田にプレスに来ても、彼の能力であれば、十分にキープすることができるし、もしかするとプレスを突破することができる。そうすると、相対的に、周りの選手がフリーになりやすいし、余裕を持ってプレーできる。駒野だと、そうはいかない。(名古屋についていうと、甲府戦では、まだまだ、本田を生かしきれていない印象もあった。杉本と本田の関係がいまひとつだった。)

ボール回しに関しては、みんなが能力以上のプレーを行う必要はないと思う。RRさんは、阿部とともに、鈴木啓太のプレーにも不満を抱いているようだが、ボクは同じボランチであっても、阿部には難しいプレーを求めるし、鈴木啓太には求めない。また、アルケミスタさんは、坪井のボール回しに不満を持っていたが、坪井に対して、そこまで求めるのはどうかなと思う。鈴木啓太や坪井は、無難なパスを正確に味方につないでいれば現状はOKだと思う。(さらに上を目指すなら、当然、彼らにも、もっと上のレベルを要求していかなければならないが・・・。)

イエメン戦は、加地・坪井・闘莉王・駒野・阿部・鈴木だったが、この6人だと、効果的なボール回しをするのは、かなり難しい。ボール回しだけを考えたら、田中(隼)・坪井・闘莉王・駒野・長谷部・鈴木の方がベターだし、最終ラインに一人、そして、ダブルボランチの片方には、無理のできる選手を入れることが必要だと思う。(フィールドプレーヤーの10人全てが走れる選手である必要はないだろう。あまりにも「走ること」が重視され過ぎのような気がする。走れて巧い選手は、今の日本では、本調子のときの稲本潤一くらいではないか。)




もうひとつ最終ラインのプレーに関していうと、相手のプレッシャーがない状態では、もっとドリブルで進入していってもいいのではないかと思う。ジェフの試合では、ストッパーの結城耕造がドリブルで大胆なオーバーラップを披露して相手の虚を突くことがたびたび見られるし、リベロのストヤノフも積極的にドリブルでボールを運ぶ。セレッソのブルーノ・クワドロスも前線に上がっていくことがあるし、フェイエノールトのグリーンは、そういうプレーのスペシャリストだ。「オシムジャパンは、ジーコジャパンと違ってカウンターへの対処が出来ているので、イエメンにほとんどシュートチャンスを与えなかった」という論調がいくつか見られたが、ボクは、相手がイエメンのようなチームであれば、たとえ何度かピンチを迎えようとも、もっと最終ラインの選手はリスクをおかして攻め入ったほうが良かったと思う。リスクヘッジは重要だが、必要以上のものは消極的と映る。

オシム監督は、常々、「リスクを犯さなければ、何も生み出すことはできない。」と語っている。例えば、闘莉王が前線に上がっているときに、鈴木啓太だけを残して、阿部も前線に上がっていく。そんなサッカーも、別に、悪くはないのではないか?たとえ、その結果、1・2回、カウンターでピンチを迎えたとしても・・・。

② 引かれた相手をどう崩すのか?(格下相手のとき)

オシムジャパンの「走るサッカー」は、新右衛門さんが危惧しているように、中東で試合を行うときは「暑さ」で思うように走ることが出来ずに自分達の目指すサッカーが出来ないかもしれないし、格下相手の試合で引かれてスペースを消されたときに、手詰まりになるかもしれない。

これに関連して、引かれた相手をどう崩すのかについて、テレ朝では、「セットプレー」と「ミドルシュート」と「クロス」をキープレーにしていた。確かに間違いではない。(ただ、それは、相手が引いていようが、引いていなかろうが、関係なくて、攻撃の基本であると思うが・・・。)試合展開や相手のチーム状況にもよるので、どれが、正解とかそういうのはないと思うので、以下は、あくまで私見になる。




イエメン戦を見ていて一番不満だったのが、FW巻へのロングボールがほとんどなかったことだ。イエメンのディフェンスラインに高さがなかったこともあり、競り合いの場面で巻は、ほとんど勝利していたにもかかわらず・・・。

前線に味方がいない状況で放り込みサッカーをするのは良くないが、巻の頭が攻撃の基点になることをみんなが理解した上で、巻の頭を目がけてロングボールを入れるのであれば、別に問題はないだろう。相手の人数が多い場合は、密集地帯にドリブルで攻め入ったり、無理に中央突破を図るのは、得策ではない。相手に合わせて自分達のスタイルを崩すのはあまりよくないが、過度に自分達のスタイルを守ろうとする必要はないのではないか。相手の弱点を優先的に突くのが、全ての基本であるように思う。そして、相手との相対関係でいうと、分かっていても止められない強力な武器を、日本代表も装備すべきだと思う。(個人的には、それは、今、オランダで見つかると思う。)

③ オシムのサッカーとは?そして、エレガントの意味とは?

オシム監督は、イエメン戦のあと、「エレガントであることと、効果的であることは両立しないことが多い。それが両立しているのは、多分バルセロナだけだろう。」と語っている。そして、「あまりにもエレガントなプレーヤーは難しいかもしれない。普通に美しいプレーヤーはどうか? 格好いいかもしれない。美しいプレーをして、その結果はどうなるか? その結果を考慮したい。美のために死を選ぶという選択はある。だが、死んだ者はサッカーができない。美しさを追求して死ぬのは自由だが、そうなるともうサッカーではない。現代サッカーのトレンドはそうではない。今はどんなに美しいプレーをしたかではなく、何勝したか、それが求められる。残念ながら。」とも語っている。

ただ、これをもって、「オシム監督は美しいサッカー・エレガントなプレーヤーを否定している」とするのはどうかと思う。




オシムサッカーというと、「走るサッカー」そして、「考えるサッカー」といわれるが、選手に要求しているプレーは、”走ること””考えること”に加えて、”相手の意表をつくこと”のように思われる。練習中に、相手の裏をかいて意表をつくプレーを見せたとき、めったに選手を褒めないオシム監督が、「ブラボー」と言葉を発するらしい。

(坂本) 「2対1で、監督はまず一度FWにボールを当ててから始めろ、と指示したことがあったんです。でも、僕(坂本)と組んだ林(丈統)は相手の裏でボールを欲しがったので、僕(坂本)は最初から裏へパスを出した。そしたら、監督は”ブラボー”ですよ。」

(佐藤勇人) 「オシム監督の場合は、ただ真ん中からノーマークで打たせるようなシュート練習はなくて、いろいろなバリエーションをつけます。例えば、ペナルティエリア内の角度のない所から右足のアウトサイドでカーブをかけて狙え、とか。そんなときに、あえて敢えてインサイドで巻いたり、逆の足で狙ったりすると、褒められますね。」




”エレガント”をどのように定義するのか?オシム監督が、ジーコ監督のようにファンタジスタ(と呼ばれる選手)を中盤に並べるようなことはしないだろう。それでも、オシム監督の言葉からは、過度にファンタジーを強調するマスコミを否定しつつも、美しいサッカーを理想とする心理が見え隠れする。事実、ジェフ千葉で見せた走るサッカーは、ときに、そのキャッチフレーズから考えられないほど、美しく優雅なものだった。

たしかに、一人の選手がドリブルで5人のディフェンダーを突破してゴールを陥れるプレーは美しいが、その一方で、数的優位になったチームが、完全に相手のディフェンスを崩して陥れるゴールも美しい。(多分、オシムスタンダードでは、前者がエレガントで、後者はエレガントではないのだ思う。)

(坂本) 「2対1とか3対2とかで、相手をうまく崩せたときに褒められるじゃないですか。でも、その後に、ただし他にもこんな方法があるぞ、こういうアイディアもあるぞ、と次から次へといろんな方法を教えてくれるんです。」とも語っている。

結局、オシム監督の言う”走るサッカー”の目的とは、破壊するために走るのではなく、創造するために走るのだと思う。そこを勘違いすると、オシム監督の真意を見逃すことになる。

オシム監督の引き出しは無限に存在すると思うが、まだ、その引き出しは、ひとつも開けられていない。その引き出しが、初めて開けられるのいつになるのだろうか?そのとき、本当の意味での、オシムジャパンがスタートする。




最後に、こんな、布陣がいいのでは、というものを置いておく。







↑いい記事だと思ったときは、

こちら317


をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。
スポンサーサイト

まあ、機能的なチームはそれなりに魅力が出てくるものなんで、そう言う意味でチームを熟成させるのはありありですね。

自分がダブルボランチ二人とも失格点なのは、おそらく二人はCH的な(守備が第一といえ)役割で当てはめられたはずなのに、二人ともあまりに攻め上がりが悪いからです。たしかに鈴木のほうがまだ良かったですけど。

しかし、選手は集中して戦ってはいるが、それだけでしたね。サントス・遠藤・あと加地以外は。ブレイクしたのはこの三人と闘莉王くらいだった。バイタルに加地が突っ込むってのはどうなのよボランチよ? これでサントス・遠藤はずれたら思いっきり笑ってやる。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/317-2537df72

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。