サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[生観戦] 東京ヴェルディ×サガン鳥栖 国立初体験

会場は国立競技場。バックスタンドは、工事中のようで、誰ひとり観客がいない。よって、テレビ映りは、あまりよくないような・・・。そして、ヴェルディの応援幕は、逆さまになっているものも見られて、チーム状態の悪さが見てとれる。




ヴェルディは、川崎から獲得したマルクスが2試合連続スタメン出場。”マルクスシフト”を採用して、4-2-2-2から4-3-1-2にチェンジ。菅原、根占、金澤のトリプルボランチ。そして、右SDFは海本、左サイドは石川がスタメン。鳥栖は、形式的には、新居と山口の2トップで、右SMFに濱田、左SMFに山城、ダブルボランチが元韓国代表のユン・ジョンファンと高橋。

立ち上がりは、ヴェルディのポゼッション率が高く、押し気味に試合を進める。ボランチの金澤が、両サイドバックの攻撃参加を促す絶妙の”タメ”を作って試合をコントロールする。抜群のスピードをもつ海本と、危険な左足をもつ石川の両サイドバックのポテンシャルは、J1を含めてもトップクラスである。予期せぬマルクス加入でシステムを変更したが、トリプルボランチとなったことでサイドバックの能力をより生かせるシステムになった。それでも、シュートチャンスをなかなか作れないのは、肝心のマルクスの調子が悪いから。マルクスがプレッシャーのかかる位置でボールを受けられずに、トリプルボランチと前線のつなぎ役として機能できていない。

一方の鳥栖は、登録上は2トップだが、実際には山口貴之はもっと下がり目に位置するので、新居のワントップだといえる。新居は高さで勝負するタイプではなく、テクニックと駆け引きで勝負するタイプであるが、その新居が、ワントップではあるが、うまい具合に、バイタルエリアでボールを受けてサイドにボールを展開して鳥栖の攻撃をリードする。非常に質の高い選手である。




前半は、ヴェルディが押し気味だったが、前半のロスタイムにアクシデントが発生。萩村がレッドカードで退場し、ヴェルディは後半45分を10人で戦うことになった。相手が10人となった鳥栖は、攻撃的に出て、先制点を奪いにかかる。それにしても、鳥栖の中盤には、山口、ユン、濱田と3人もセンス溢れるタレントがいて、(サブには、宮原もいる)、前線には新居も控えている。攻撃陣のタレントを見ると、ヴェルディに劣っているわけではない。というか、むしろ優れている。この順位も納得できる。

J2順位表(第二クール終了時点)

ホームということで勝ち点3がどうしてもほしいヴェルディは、後半18分にFW森本を投入。ここで、ラモス監督は、マルクスと平本のポジションを入れ替えて、森本・マルクスの2トップに変更。平本をトップ下に下げたことで、平本がボールに触る機会が増えて、ヴェルディにリズムが生まれる。鳥栖は、新居が怪我で負傷退場したこともあり、攻撃に迫力を欠くようになる。それでも、後半37分に鳥栖が先制する。キーパー高木が前に出ていたところを、ユンが超ロングループシュート。懸命に高木がはじくが、ポストに当たり、こぼれ球を鈴木が押し込んで先制。あとは、守るだけとなったが、ヴェルディの森本が、その直後に、右サイドからドリブルで仕掛けると、エリア内でファールを誘ってPK獲得。そのPKをマルクスが決めて同点。試合はこのまま終了した。




ヴェルディは、途中出場した森本が、切れのあるプレーを見せた。ヴェルディには、平本、バジーリオ、マルクス、斉藤と攻撃的な選手がいるが、常に相手DFと駆け引きをして、オフサイドスレスレのポジションでボールを待つ森本は、中盤に下がりたがる他の選手とはプレースタイルが異なる。今後、スタメン定着の可能性も高いと見る。

鳥栖で目立っていたのは、途中出場した宮原。他の選手とは明らかにボールタッチが異なり、テクニックのあるパサーが多い中、自分で仕掛けてDFを突破できそうな可能性(怖さ)を感じた。万全の状態になると、新居、宮原、濱田、ユンと非常に豪華な攻撃陣になる。




スタジアムの雰囲気は、かなり良かった。土曜日の夜に、J2の試合を観戦に来るようなクラスの人は、さすがにみんな目が肥えている。ドイツ・ワールドカップでグループリーグ敗退に終わって、”日本サッカーは死んだのか”とか、”南アフリカ大会に向けて、視界は暗い。”とか、そういう類の特集記事を書いているメディアは、一度、J2の試合を観戦に訪れたらいいのにと切に思う。

試合終了後、ヴェルディのサポーター席からは、(森本コール以外は、)ブーイングが聞こえてきたが、この試合では、選手達は持てる力を、十二分に発揮したと思う。この試合は、勝ち点3を獲得できなかったが、この試合のようなスピリットで試合を行っていけば、まだまだ、J1昇格のチャンスは残っていると思う。




そして、サガン鳥栖。その洗練されたサッカーには驚かされた。中盤のタレントを生かすために、みんなが献身的に動き回って得点機を生み出すバランスのとれたサッカーは、(失われつつある)伝統的な日本サッカーの素晴らしさを見事に体現していると思う。瀕死の状況だったサガン鳥栖が復活して、地元のサポーターに完全に受け入れたという訳がよく分かった。今度は、是非、鳥栖スタジアムでの試合を見たい。




この記事がいいと思ったときは、

こちら269


をクリックして、人気ブログランキングに投票してくださいね。よろしく。

20060710012048.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/269-880f5751

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。