サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表総括 個人別評価

日本代表の総括の第一弾です。今大会の、日本代表23選手の評価です。ピッチ外の状況は分からないので、あくまで、ピッチ上のプレーで感じた印象のみです。出場機会のなかった選手については、コメントは難しいので省きます。




楢崎正剛 -

なし。

土肥洋一 -

なし。

川口能活 6.5

数々の印象的なセーブを見せた。特に、クロアチア戦のPKストップは、大会のハイライトのひとつ。ミスらしいミスは、オーストラリア戦のロングスローへの対応ミスだけだったが、そのミスが致命的となった。敏捷性とキャッチングの安定感は際立つが、高さへの対応で限界も見せた。

茂庭照幸 5.0

坪井に代わって、オーストラリア戦で途中出場したが、結果的には、1点リードを守りきれなかった。1失点目につながった、イエローカードを取られたシーンは、相手のシミュレーションにも見えるが・・・。

駒野友一 5.0

初戦に加地に代わって先発出場。精力的に右サイドをオーバーラップしてチャンスを演出したが、ラストパスの精度があまりにも低かった。
   
宮本恒靖 4.5

オーストラリア戦、クロアチア戦と、優れたカバーリング能力を見せ付けたシーンもあったが、いかんせん、パワープレーのときの、競り合い能力のなさをさらしてしまった。ただ、これは、宮本のせいだけではない。
   
中田浩二 5.0

ブラジル戦の後半途中からボランチで起用されたが、効果的なプレーは出来ず。フル出場を果たした前回ワールドカップと比べると、不本意だったに違いない。
   
三都主アレサンドロ 6.0

この4年間、パフォーマンスに対して大きな批判を受けてきたが、ドイツでは、素晴らしいプレーを披露した。明らかに、日本の左サイドからの攻撃は、相手にとって、要警戒すべきポイントのひとつになっていた。残念なのは、3バックのときのポジショニングが中途半端で、オーストラリア戦で、左サイドの守備が破綻したこと。加地と三都主のプレーは、4バックのときの方が良かった。

坪井慶介 3.5

オーストラリア戦の途中交代と、ブラジル戦でのロナウドへの対応のまずさで、大きく減点した。今大会では、相手のドリブル突破に対して、常に受身で、非常に対応がまずかった。
   
加地亮 6.5

オーストラリア戦の欠場が悔やまれる。クロアチア戦でも、ブラジル戦でも、相手のサイドプレーヤーとの争いでは、常に優勢だった。今の加地なら、世界中のどのクラブでも、右サイドバックでレギュラーポジションを獲得できるだろう。
    
中澤佑二 5.5   

少なくとも、高さでは、世界と互角に戦えていた。宮本や坪井の穴を埋めつつ、クロスへの対応も間違いがなかった。ただし、世界的なセンターバックになるためには、強さと硬骨さが足りなかった。できれば、ワールドカップ後に、欧州のリーグにチャレンジしてほしい。

遠藤保仁 -

ジーコ監督は、いったい、遠藤をどういう場面で使うつもりだったのだろうか?

中田英寿 5.0

パスミスが多く、彼、本来の出来ではなかった。ボクは、日本が、グループリーグを突破出来なかった最大の原因は、ボランチの中田の位置でボールが落ち着かなかったことだと思う。こんなに、パスミスの多いヒデは記憶にない。ただ、それでも、ピッチ上で、一番戦っていたのは、ヒデだった。その姿は、感動的ですらあった。

大会後の報道で、「中田がチーム内で孤立していた」とか、「WBCのときのイチローのようにはなれなかった。」というような記事を目にするが、あまりにも的外れで、論じる価値もない。フランスワールドカップの予選以来、日本サッカー界は、ヒデに頼りすぎてきた。これから、日本代表の試合のときには、彼のかかえる負担をできるだけ軽くしてあげたい。ブラジル戦の試合終了のホイッスルと同時にピッチに倒れこんで、彼の体は限界で悲鳴を上げた。

小笠原満男 6.0

クロアチア戦、ブラジル戦と先発出場し、ハイパフォーマンスを見せた。オーストラリア戦で、ボールの落ち着きどころがなかった日本代表は、小笠原の存在で息を吹き返した。悔やまれるのは、ブラジル戦のジーコ采配。あの場面は、小笠原 outではなく、中村 outが正解だったのではないか?

中村俊輔 5.0

体調不良もあり、本来の出来からは程遠かった。相手のDFのマークが集中したが、かわすことも、振り切ることもできなかった。中村中心のチームで、中村が活躍できなければ、世界大会で勝利を奪うことは難しい。

福西崇史 4.5

オーストラリア戦、クロアチア戦の前半と、運動量が乏しく、相手の中盤のキーマンを捕まえ切れなかった。不動のレギュラーが一転、大会期間中に、稲本にポジションを奪われた。

稲本潤一 5.5

福西の不調で、大会途中からレギュラーに復帰。精力的な動きで、中盤を活性化させたが、2002年のときのようなチームを勝利に導く活躍は出来なかった。厳しいことをいうと、この選手は、守備だけこなしていればOKというようなレベルのボランチではない。オールラウンドな稲本の復活を望みたい。

小野伸二 3.0

チーム最低点。オーストラリア戦の不出来が大きな減点要因になった。あの場面で、小野なら、うまく試合をコントロールしてクローズしてくれるというジーコ監督の期待に応えるためには、あまりにも、体調が整っていなかった。本調子でない中、小野の3度目のワールドカップは終わったが、ボクは、小野伸二がこのまま終わる選手だとは思わない。心からの復活を期待する。

高原直泰 4.0

エースストライカーが、無得点で大会を終えたなら、批判は逃れられない。オーストラリア戦では、切れのある動きを見せて、期待感を抱かせたが、クロアチア戦では沈黙した。高原に必要なのは、まずは、クラブでゴールを量産すること、そして、代表でも価値のあるゴールを奪って、チームメートの信頼を獲得すること。ポテンシャルは十分だが・・・。

巻誠一郎 5.5

出場機会のあったブラジル戦では、精力的な動きを見せて、相手のセンターバックと対決したが、決定機は作れなかった。ただ、持てる力は、全て発揮した。

柳沢敦 4.0

オーストラリア戦では、スピードに乗ったドリブルから、何度かカウンターからチャンスを作ったが、最後の場面で精度を欠いた。ただ、この柳沢の特性は、初めからわかっていたことで、いまさら批判してもしょうがない。総合力で、柳沢を上回るフォワードがいなかったことが問題。


大黒将志 4.5

3試合とも交代で出場したが、全く仕事は出来なかった。中途半端に下がってきてボールを奪われて、決定的なピンチの場面を招くことも多く、トップレベルでの試合経験不足を感じた。大黒の選考は、正しかったのか?

玉田圭司 6.5

ブラジル戦のゴールは、ファンタスティックとしかいいようがない。玉田の選考については、いろいろと批判もあったが、その声は、ゴールで封じ込めた。悔やまれるのは、クロアチア戦でのシュートミス。




この記事がよかったと思ったときは、、

こちら259


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてくださいね。
スポンサーサイト

「横たわる中田」は感動的シーンか?

このシ-ンを多くの人は、チームの敗戦とも重ね、中田が悔しさをあらわにした象徴的シーンと捉え伝えられている。しかし私は、ブラジル戦後ピッチに横たわる「中田の7分間」を目にしたとき不安を憶えた。そして今まで思わなかったことが頭をよぎった。「中田不要論」である。

奮闘した疲れもあっただろう、悔しさを整理する時間でもあっただろう、しかし、あまりにも孤独である。
もしうながす宮本らと行動を共にしたなら、もしあの傍らに選手の誰かが付き合っていたとしたら‥。私は、中田にはこのチームに気持ちを共有する人間がいないのではないかと思ってしまった。

当初キャプテンに任命されたこともピッチ上で見せるリーダーシップを考えれば当然だと思っていたし、ストイックさとプロフェッショナリズム、自己主張は好きな一面だった。厳しさを持つが決して利己主義には映らなかった。だが、その孤高さを貫いた中田とチームメイトの間に、特別な存在になってしまったギャップがあったのではないか?
前回大会までは中田の性格を許容し、(言葉は悪いが)利用するくらいの年長者がいたが、同世代以下の今大会を経、さらに世代間差ができる次大会までにおいて中田の存在がこのままだと、それはチームにとって良いことではないのではないかとの思いからの不要論である。

次大会での選出には年齢、パフォーマンス、コンディション、さらにモチベーションなどの条件が付くかもしれない。だが中田の経験はぜひ次代に伝えてもらいたいものであり、願わくば次期監督、選手の理解を得、チームにマッチしてもらいたいと思う。

じじさん、こんにちは~
興味深く読ませてもらいました。
で、ド素人のみんみんが、じじさんの評価を読んで
うんうん!とうなずいてしまいました。
嬉しい!私の感じたことじじさんとかなりよく似てる!
こんなにサッカーのこと知ってるじじさんと同じようなこと
考えてたなんて、12年間も子どものサッカーに関わって来ただけのことははあるのかしら?!!
もともと好きだったしね~あまりルールわからないときから、なんとなくサッカーは見てたから。
これからも楽しみにしてます!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/259-73895597

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。