サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイス×韓国 前回ベスト4の韓国がGL敗退の大波乱

グループ首位を狙う勝ち点4同士のスイスと韓国が対戦した。得失点差の影響から、スイスは引き分けでも韓国を上回れる有利な展開。フランスがトーゴに勝つことを前提に、両チームとも激しく戦った。試合は、前半にCBセンデロスのゴールで先制、後半にも、エース・フレイのゴールで追加点を挙げて、スイスがグループ首位で決勝トーナメント進出。ウクライナと準々決勝進出をかけて戦うという、願ってもない展開となった。

それにしても、スイスはいいチームだ。ベテランと若手が絶妙に融合されたスイスのサッカーは、典型的な欧州スタイルのサッカーという感じで、欧州サッカーの最先端をいくモダンなサッカー。前線のフレイは、これと言った特出すべきものはないが、トーゴ戦でも見せたように、ストライカーとしての嗅覚に優れた素晴らしいゴールゲッターである。チームメートはフレイを信頼して、たとえ何度もフレイのシュートが外れようとも、最終的にはフレイにボールを集める。こういう頼れるフォワードがいるチームは、最後まであきらめずに粘り強く戦っていれば最後にフレイが何とかしてくれると、みんなが思っている。そういうチームは強い。

そして、注目のセンデロス。この選手は、10代のころから欧州のビッグクラブが目をつけていた逸材中の逸材であるが、アーセナルでさらなる飛躍を遂げた。先制ゴールのシーンに見られるように、高さと強さは群を抜いている。まだ21歳で、世界最高のセンターバックに成長する可能性がある。残念ながら、アジアレベルでは、手も足も出なかった。




さて、問題のフレイの得点シーンだが、リプレーで見る限り、オフサイドではない。簡単に解説をすると、オフサイドになるのは、

「味方がパスを出す瞬間に、パスの受け手が、ディフェンスラインより前に出ていてボールを受けたとき。」

だけである。問題のシーンは、

① スイスの選手が味方に横パスを送ろうとした。
② 韓国のDFがそのパスをカットしようとしたが失敗した。
③ そのこぼれ球を、ディフェンスラインの前にいたフレーが拾った。

確かに、画面で見ると、②のとき(韓国のDFにボールがあたった瞬間)、フレイがディフェンスラインより前にいたことは明白だが、このことはオフサイドかどうかの判定には全く関係が無い。このシチュエーションでオフサイドが取られるのは、①のとき(スイスの選手がパスを出したとき)に、フレイがオフサイドポジションにいて、ボールを受けようとしたときのみであるが、映像を見る限りスイスの選手がパスを出した瞬間にフレイはオフサイドポジションではないし、そもそも、スイスの選手のパスは、フレイに出したパスではなく、横にいる選手に出したパスである。(オフサイドが適用されるのは、前方にいる選手にパスを出したときのみ。横パスや後ろにいる選手に出したパスに、オフサイドは適用されない。)結局、このパスにオフサイドが適用されることは現在のルールではありえない。

線審が旗を上げていたのでオフサイドではないか、という疑問もあるかと思うが、最終判断はあくまでも主審が行う。主審がオフサイドと判断をして笛をふいたときにはじめて、オフサイドが確定する。線審は、常にディフェンスライン(DFの中で、一番、自軍のゴールに近い選手がいる位置がオフサイドライン=ディフェンスライン)と同じ位置にいて、それより前にいる選手にパスが出された瞬間に旗を上げることになっているが、この場面のように、そのパスが、相手からのパスなのか、味方からのパスなのかの判断は、線審一人ではできないので、オフサイドかどうかの最終判断は、主審に委ねられている。もし、このとき、主審がオフサイドだという笛を吹いていたのであれば主審は責められるべきではあるが、そうでないのなら、主審には何ら落ち度は無い。むしろ、よく見ていたと賞賛されるべきだろう。

韓国側は、もしかしたら、「線審が旗を上げたのでオフサイドだと判断し、プレーするのをやめてしまった。ミスジャッジだ。」と抗議するかもしれない。しかし、セルフジャッジが禁物であることは、スポーツ選手なら誰でも知っていることである。(そもそも、韓国のキーパーはフレイに対してしっかりと対応しており、それ以外の選手は、ポジションから考えてプレーに関与していなかった。線審が旗を上げていなかったら、ゴールを防げていたかというとそれも疑問だ。)そのとき、ピッチにいた選手が、その場で抗議するのは分からないでもないが、一度リプレーを見れば、それは正しいジャッジだったと理解できることだろう。

前回ベスト4の韓国は、グループリーグで敗退した。32か国中、最弱だったという評判のトーゴ(+チームの内紛付き)相手に、得点を稼げなかったのが響いた。今大会は、パク・チソン、イ・ヨンピョ、イ・チョンスという、前回大会で活躍して、その後に欧州に渡った(2002年当時の)若手選手が中心となってチームを作ってきたが、やはり、何かが足りなかった。もし、このスイス戦を、”審判の判定のせいで敗れた”ということで結論付けようとするなら、韓国サッカーに未来はない。4年に一度、ワールドカップのときだけサッカーに熱狂するのではなく、日ごろからサッカーが生活に根付くような努力をしなければ、韓国代表は、毎度、同じ失敗を繰り返すだろう。ワールドカップは、政争の道具ではないし、国威高揚の場でもない。




この記事がよかったと思ったときは、、

こちら256


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてくださいね。
スポンサーサイト

>>> プラウドシティ梅島自治会広報部さま

オーストラリア戦で、内容が悪いながらも、勝ち点3が取れていれば・・・という思いもしますが、個々の力不足も感じました。このことが、しっかりと確認できただけでも、良かったと思います。

2002年のときのように、「トルシエの奇策がなければ・・・。」とか、今回の韓国チームのように、「誤審がなければ・・・。」とか、エクスキューズになりそうな要素がなかったのは、良かったと思います。

同感です。

韓国に対しての記事、おっしゃるとおりだと思います。ミスジャッジでは無く、前回の爆発力が無かっただけのような気がします。
また、日本×ブラジル戦の記事についても同感です。
中澤がもっとも気の緩みやすい時間帯に気を抜いて、マークを外したことで得点が入りズルズル行ってしまったような気がします。
ただ、ボールをもらう前のロナウドの動きが上手く中澤が翻弄されたのかもしれません。
ブラジルは、ボールを持っていない選手の動きが日本とは格段に違っていました。
1対1が強いだけでなく、常に数的優位を作っており簡単に勝てる相手では無いですね。
今回の予選敗退、ジーコの采配ミスを原因とする論評も多いですが
ただ力の差があっただけかと思います。
采配ミスを原因にするようでは、日本の未来は無いと思います。
個々の身体能力とコンビプレー精度の高い次世代JAPAN作りに期待します。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/256-f812a096

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。