サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本×ブラジル  オブリガード・ジーコ

前半のロスタイムの失点が全てだった。あの場面、ロナウドのマークに付いていた中澤がボールにつられてロナウドをフリーにしたのが失点の要因だった。これで張り詰めていたものが切れた日本代表は後半に3失点で、予選リーグ敗退となった。前半、カウンターから玉田のゴールで先制するという理想的な展開だっただけに、悔やまれる失点だった。

実力差を考えると、日本とブラジルが普通に試合をすれば、この日のスコアどおり、1対4くらいの試合になってしまう。その差を埋めるには、監督の選手起用であったり、戦術であったり、戦略が必要とされるが、この試合の日本代表には何もなかった。ワールドカップで勝ち進んだ経験がある、と言うことで、大会前から、そのあたり何か特別なことをしてくれるのではないかとジーコ監督には期待していたが、実際には無策だった。

ブラジルの選手は、みんな巧かった。前を向いてボールをもたれたら、日本の選手は、もう止めようがなかった。個々の選手の能力で勝負する日本代表チームが、個々の対決で勝てなかったら、試合には勝ちようがない。個の力を前面に押し出して戦ったジーコジャパンの、個の力不足を痛感させられた3試合だった。ボクは、ジーコ監督は、悪くない監督だとは思う。世の中には、1+1を1.5にしてしまう監督も多い中、ジーコ監督は、きちんと1+1=2をとしてチームを作ることが出来る。それでも、1+1を3や4にするだけの能力は持ち合わせていなかった。




この大会で見えた日本代表の一番の課題は、「強さ」と「高さ」と「突破力」の3つ。特に、世界で戦うには、ディフェンスラインの強化は必須だ。ただ、幸いなことに、今の日本サッカー界はかつてないほど、若年層の選手層が厚くなっている。しっかりしたビジョンを持って、新しい監督を迎えれば、ドメスティックな改革は可能だ。

決勝トーナメント進出はならなかったが、決して悲観することはない。世界でベスト16に入るというのは、一般人が思っているほど簡単なことではないし、グループリーグでの敗退は不名誉なことでもなんでもない。厄介なのは、これから始まるネガティブキャンペーンで、「日本サッカーは駄目なんだ」と言うレッテルを張りたくてしょうがないマスコミ達だ。オランダやアルゼンチンといった強豪国でも、毎回グループリーグを突破できるわけではない。日本サッカーは、あんたらが思っているほど未熟ではないし、あんたらが思っている以上に成熟したものだと確信をもっていえる。



オブリガード・ジーコ。あなたが指揮をした日本代表チームは、時々、想像もできないようなドラマを見せてくれた。サッカーの楽しさとパスサッカーの素晴らしさを、確かにあなたは日本国民に教えてくれたと思う。それは感謝する。でも、あまりにも選手選考に柔軟性がなかった。選手に対する厳しさに欠けているところが、”ジーコ監督”の、いい面でもあり、悪い面でもあるのでしょう。




ともかく、ジーコジャパンは本日で終焉した。




この記事の内容が「よかった」と思われたときは、

こちら255


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてくださいね。
スポンサーサイト

>>> ぴかぴさん

そういっていただけると、感無量です。ブログをはじめた最大の理由は、一人でも多くの人にサッカーの楽しさを伝えたいという思いでしたから・・・。

ジーコについては、このブログでもいろいろと采配は批判をしましたが、この人ほど、人間味あふれる方はなかなかいないのではないかと思います。ボクは、”ジーコ監督”はそれほど好きではないけど、一人の人間としての”ジーコ”は大好きです。

>>> 新右衛門さん

結果は残念でしたが、この4年間は決して無駄にはならないと思います。ワールドカップの期間だけしかサッカーを見ない人にとっては、グループリーグ敗退という結果は不満でしょうが・・・。ジーコは、「うまさ」を重視して選手選考をしましたが、ボクは、今回の大会ほど、個々の選手に強さと高さが必要だということを感じたことはありません。

ただ、課題がはっきりしたという意味では、素晴らしい成果を得られた大会だったといえるでしょう。今の日本サッカーに必要なのは、ヒディンクのような戦略家を連れてきて、その”マジック”で偶発的に大会を勝ち進むよりも、できることとできないことをはっきりさせながら一歩一歩進んでいくことです。そういう視点で見ると、ジーコは適役だったと言えますね。

こんにちは。

終わりましたね。
単純な私は、ピッチに倒れている中田選手を見て泣けました。
やはりブラジルはすごいと思いました。

今回のW杯はじいじさんのブログのおかげで沢山の事を知り、試合を見るときの楽しみが倍増したと思います。息子の部活から付き合いはじめたサッカーですが、その奥深さが少しわかったような気がします。
前よりすっとサッカーが好きになりましたよ!

それから今回の記事は嬉しかったです。私もジーコ監督にはお礼を言いたいです。これから日本のサッカーがどう成長して行くのか、じじさんの記事を呼読んで、4年後が楽しみになりました。

>>> ひつじさん

サッカーの世界でいう、経験とか歴史っていったい、何なんでしょうね・・・。日本の中盤の選手もテクニックのある選手が揃っていますが、ブラジル代表のそれは別次元でした。

今回の日本代表は、若年層の代表で活躍した選手が多く、経験豊富な選手達だと思っていましたが、世界の壁は思った以上に厚かったです。でも、ボクは、逆に、これから先の日本サッカーが楽しみになりました。J発足後ずっと上り調子できていて、ドイツで初めてといえる屈辱を味わいました。これをバネに、いっそうの飛躍をしてほしいと思います。


前回大会で、開催国の日韓があっさりと勝ち進んだことで、(特に、あちらの国はいろいろな疑惑もからんでいましたし・・・。)ボクも、ワールドカップを甘く見ていた感があります。でも、今回の大会で、やっぱりワールドカップは厳しいものだし、1つ勝つのも大変なんだということを実感しました。

もう一回、みんなで勝利の歌を歌いたい。それは、4年後に必ず・・・。

>>> H2さん

確かにあっけない幕切れでした。テレビ画面から感じる限り、最後まであきらめずに戦っていた選手は少なかったように思います。ひたむきにがんばると言うのが、日本代表の特徴だったはずですが、今大会ではそれが見られませんでした。

それが、なぜなのかを考えると、やっぱり、チームとしてひとつになっていないことが原因だったのでしょうか。結果はともかく、それが一番残念ですね。

ジーコ監督の意味

じじさん、こんにちは。
私もジーコが日本の監督であったことは良かったことだと思います。もちろん、最終的な結果は残念なものになってしまいましたが、この4年間で、今まで組織が重視されてきた日本に対して、個の重要性を再認識させてくれた意味は非常に大きいものだと思います。
じじさんのおっしゃるとおり、個の力を重視したジーコジャパンでさえ、結果として「日本の個の力不足」が露呈したわけですから、これからの若年層の育成をもう一度考えてみることもいいのかもしれないと、私は思いました。
また、この結果を見て、私はふと「野洲高校のような環境で育成されたならば世界ともっと戦えるのでは」と思ってしまいました。

日本終戦

戦犯探しは常だがやめたい。この4年間の代表を冷静に見ていれば予想し得る結果だと思う。
90分間持たないチームであることはこれまでも垣間見えていた。後半に入ると運動量が落ちるような試合は何度もあった。フィジカルの強化不足、コンディショニングの問題もあるだろう。しかし体力的に90分間全力を出せるチームは現代サッカーでは数少ない。
中田英の辛辣なコメントがマスコミを通じて流され、我々が求めた結果を伴わないとき、「戦わないチ-ム」と刷り込まれていった感はないか?
暑い時間帯での前2試合、条件付の勝利が必要だったブラジル戦、選手は奮闘したと思う。


日本に足りなかったのはクリエイティビティーだと思う。プレーと思考の両面において。
多分ジーコは就任時から目標としてきたはずだ。選手に与える「自由」によってそれを紡ぎだそうとしたはずだ。しかし、日本のサッカーからそれは感じられなかった。
結果から想像するに、創造性を発揮するためには土台が必要なのではないかということだ。
サッカーのアイデンティティ。自分たちがどのようなスタイルをとり、成果を得、自信とするか。その構築に欠けていたのではないかと思う。さらに経験。局面に対処し判断材料となる経験が、監督にも、選手にも足りなかった。

「歴史」‥と言ってしまえばひと言かもしれない。時間の経過だけを追ってしまえば強国に追いつくすべもない。しかし成熟に時間は必要でもあるだろう。私はその時間に付き合い、代表は確実な成長を見せてほしいと思う。サッカー(スポーツ)は、時に苦しく、悲しく、そしてとても楽しい。この後のワールドカップも楽しみましょう!

ジーコが悪かったのか?否…

なんかあっけない終り方でしたね。正直言ってここまで酷い結果は予想していませんでした。期待が大きかった分今日の敗戦は1次リーグ敗退ということよりも勝ちたいと強く思う気持ちが感じられなかったことがショックでした。1対1で負けるのは始めからわかりきっていたことなのにその後必死で追い掛けるわけでもなくファールしてでも止めるわけでもない。中田英寿が大会直前に言っていた「このチームは勝つための準備ができていない」というのはこういうことだったのかもしれません。試合終了後ピッチに倒れ込んだヒデは何を想っていたのでしょうか。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/255-7bf93129

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。