サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーコ日本代表監督に対する疑問

いよいよ、今日、ドイツ大会の日本代表メンバー23人が発表されるが、"監督・ジーコ"についての考えをまとめる必要があるので、文章にしてみる。意見・反論があれば、またよろしくお願いします。




①ジーコ監督を支持するか?

ボクは、ジーコ監督を支持する。"まあまあ支持する"、というところかな。(ついでに、右欄のアンケートに、投票お願いします。)

当初は、その能力を疑問視していた。ワールドカップの一次予選のオマーン戦やシンガポール戦での失態、一向に上昇する気配のないチーム状況に、絶望感すら抱いていた。2002年を終え、次のステップに入らなければならない状況で停滞している暇はない。日本サッカー協会は、新監督の選考を始めるべきだと思っていた。

その考えを変えたのは、2004年の中国でのアジアカップ。内容的には十分ではなかったが、とにかくアジアで頂点に立つのは簡単なことではない。(普段は、「アジアのレベルは上がっている。これからはアジアサッカーに注目すべき」といっている人に限って、アジアカップを軽視しているように思う。)アジアカップを獲得することは、(ベストメンバー同士の対戦ではなかったが、)ワールドカップで好成績を残すことと同じくらい、大変な偉業である。アジアのタイトルを守ったことで、親善試合での少々の失態も、大目に見られるようになった。ジーコの印象も、それ以後、ポジティブなものになった。

②ジーコ監督の戦術って?

よく、「ジーコのサッカーには戦術がない。ただ単に、いい選手を並べて、選手に勝手にやらしているだけ。」という厳しい意見を聞くが、その考えは、全くもって間違っている。先日のキリンカップのブルガリア戦やスコットランド戦と、2002年ワールドカップのベルギー戦やロシア戦と比べて見てみると、よく分かる。

一言で言うと、中盤をコンパクトにして高い位置でボールを奪って、早い攻撃を仕掛けてゴールに迫るのがトルシエのサッカーで、リスクレスでラインを下げて、ボ-ルをできるだけ失わずにキープして攻めるのがジーコのサッカーである。

トルシエの選手起用で面白いのは、左サイドハーフにゲームメイクのできる選手(小野 or 中村)を置いて、右サイドハーフにサイドバックもこなせる選手(市川 or 明神)を置くことと、センターバックにフィードの巧い選手(森岡 or 中田浩二)を置くことであり、中田浩二のオーバーラップからロシア戦のゴールが生まれたのは記憶に新しい。

反対にジーコの選手起用で面白いのは、中盤にボールを持てる選手(遠藤 or 小野)を置いて、クラッシャータイプの選手を起用しないことと、サイドバックにウイングもこなせるほどの攻撃力を持った選手(加地 or 三都主)を起用することである。

2002年でベスト16に入り、トルシエ路線を継続することもできたが、ジーコは、そのサッカーの限界を感じて、全く異なるサッカーを行うことを決めたのだろう。(もちろん、ジーコはブラジル人であり、いろんな意味で、ブラジルスタイルのサッカーしかできないという側面もあるだろうが・・・。)

③ジーコ監督のメンバー選考ってどうなの?

ジーコのメンバー選考は、非常にオーソドックスである。巧い選手(テクニカルな選手)を重宝し、海外でプレーする選手を重要視し、Jリーグで十分な実績を残した選手のみ、代表に抜擢する。

明神や戸田、今野ではなく、遠藤や小野や福西を重視し、我那覇やカレンや前田がいくらJリーグでゴールを量産しようとも、候補にすら上がらないのは、この明確な基準に基づいたものである。

確かに、面白みはない。これまでのサプライズ人事といえば、箕輪くらいで、意外性は全くない。(トルシエは、逆に積極的に若手を代表に抜擢した。中田や本山や前田遼一は、クラブでレギュラーをとる前に、代表に呼ばれている。)おそらく、今日の選考も、驚きはないだろう。メディア受けする選考はほとんどなかった。

しかしながら、選手選考に正解はない。日本サッカーの主力となるべき選手たちの多くが海外のリーグに所属していることと、Jリーグのレベルが上がって代表レベルのプレーをする選手(代表クラスの選手)が多くなってきていることが絡んで、いったいどれが正しい結論なのか、出場時間や得点数という結果だけで判断することはできない。例えば、ハンブルグで今シーズンの1得点の高原が選出されて、何で、去年のJリーグでゴールを量産した佐藤寿人が選出されないのか、といった類の不満が出てくるかもしれないが、置かれている状況が違うので、なかなか一般人には比較しにくい。(おそらく、高原が今、磐田に復帰したら、一シーズンで20得点くらいは挙げると思う。ただし、これもあくまで仮定の話。)大事なのは、"代表の試合で活躍できるか否か"である。(この基準がジーコによって守られているかは、また別問題であるが・・・。)


若手の選出がよその国と比べて少ないことに関して、いろいろと不満が出ているが、これに関しては、それぞれの国によって事情が異なるので、フェアな意見ではないと思う。より未来のある若手に期待したいという考えは分かるが、別に、今の日本代表の年齢層が高いわけではないし、ユース世代から結果を残してきている小野世代がいて、この世代に代表メンバーが偏るのは仕方のないことだ。(同じような能力なら若い選手を選んでほしいという意見には同意。経験をつませるために、若手を一人選ぶべきという意見には、失笑。)

④ジーコ監督で、ドイツ大会はグループステージを突破できるのか?

これは分からない。協会とスタッフ、選手たちは、とりあえずは、グループリーグを突破するためにできる限りの努力をするべきだが、日本サッカー界の最終目標は、ドイツ大会でのグループリーグ突破ではない。グループリーグ突破は、簡単ではないし(1998年と2002年大会で、ともにグループリーグを突破したのは、7カ国のみ。)、組み合わせ次第でその確率は変わってくる。大切なのは、ドイツ大会で、グループリーグを突破できれば成功で、グループリーグを突破できなければ失敗というデジタル的考えをすることだ。良かったことは評価して、悪かったことは改善するという当たり前のことをしなければ、次に何もつながらなし、また、一からのスタートになってしまう。

ボクは、別にジーコが好きなわけではないし、もっと他にいい監督もいるとは思うが、今の、ジーコの全てを否定的に考えるような論調には、違和感を感じるし、警鐘を鳴らしたいと思う。

⑤ジーコJAPANの試合って面白くない?

これは、疑問系ではなく反語です。

確かに、この間のスコットランド戦のような、どうしようもないくらいの凡戦も多かった。イライラする試合も多かった。でも、ジーコJAPANは、時々、ものすごく劇的で、感動的で、日本らしいオリジナルなサッカーを見せてくれるときがある。例えば、コンフェデ2005のブラジル戦や、アジアカップ2004のバーレーン戦や、コンフェデ2003のフランス戦。勝ち負けとか勝敗がどうでもよくなるくらいの、何度でもビデオで見返したくなるような、永久保存版の試合である。(コンフェデ2003や2005で見せた、魅惑のパスサッカーは、間違いなく、ジーコが監督でなければ、できなかったサッカーだろう。ボクが、ジーコ監督を簡単に否定できないのは、そういう素晴らしい試合を、過去に何度か見せてくれたからである。

ボクは、多分、年間に365試合くらいはサッカーの試合をみると思うが、なかには、しょっぱい試合もある。でも、ときたまめぐり合う、そういうゲームを求めてサッカーを見続ける。(たまにしかサッカーの試合を見ない、サッカー初心者をテレビ画面にひきつけるには、(相手がどこであれ)全ての試合で素晴らしい内容で勝利することが必要かもしれないが、日本のサポーターは、それほど低レベルではない。)

ボクが、今、頭の中に思い描く夢のひとつは、ドイツ大会で日本代表の試合を見た海外のサポーターに、「日本サッカーは、欧州のスタンダードのサッカーとはちょっと違うが、見ていて面白い。」、「日本には、中盤にいい選手が揃っていて、うらやましい」、「○○代表の退屈なサッカーを見た後、日本代表のサッカーを見たらすっきりした」、「NakamuraとNakataは、グレートな選手だ」と素直に言わしめることである。そして、ボクが、子供のころ、バッジオ、ハジ、ストイコビッチやレオナルドのプレーにため息をしたときと同じような感動を、世界中の子供たちに味わってほしい。確かに、問題点も多いが、今のジーコジャパンなら、その可能性は十分ある。そういうポジティブなイメージを世界に与えることができれば、成績や結果以上に、価値のあるものになるだろう。




この記事の内容がよかったと思われたら、

こちら198


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてください。
スポンサーサイト

>>> H2さん

ボクは、ただのサッカーファンで、プレーヤーではないので、戦術がどうとか、実際のところ、詳しくは分かりません。でも、ジーコジャパンの試合は、劇的な試合が多かったことは事実で、それなのに、あれこれ非難する人が多いのは、ちょっとどうかなと思います。(ライト層はジーコを批判していれば、通っぽいと思っているのか?なかには、ちゃんと知識をもった人もいますが。)
ネガティブに試合を見ても仕方ないですからね。サプライズ期待しましょう。

私もコンフェデのブラジル戦での加地・中村・大黒のゴール(加地のゴールは取り消されましたが…)とアジア杯での勝利への執念が日本代表が見せてくれた最高のパフォーマンスであり、W杯でもあのときのプレーができれば世界に対抗できると思います。
是非、6月は世界にサプライズを与えてほしいですね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/198-1b8f7186

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。