サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[J1] 全チームの序盤を振り返る(上)

1位 浦和 2位 G大阪 3位 千葉 4位 鹿島 5位 広島 6位 清水 7位 磐田 8位 横浜 9位 大宮 10位 FC東京 11位 C大阪 12位 甲府 13位 川崎 14位 新潟 15位 名古屋 16位 大分 17位 京都 18位 福岡

これは、現在のJ1の順位ではありません。開幕直前に、ボクが予想した順位です。意外といい線いっていると思いませんか?

早くも、5節を終了したJ1。各チームの戦いから感じている感想を書きなぐります。


現在、首位に立つ浦和レッズ。マスコミからは、”最強はレッズ”という声が早くも聞かれるが、まったくもって同意出来ない。レッズの試合は、G大阪戦、磐田戦、広島戦を観たけど、まだまだだなという印象しかない。確かに結果だけ見ると強そうに見えるが、内容的にはピリッとしない試合が多い。確かに守備力は、J1でもトップ。トゥーリオの成長、坪井の復調に加えて、鈴木啓太の存在が大きく、ほころびは全く見当たらない。問題は攻撃陣。これまでは、ワシントンとポンテと三都主の個の能力で、点を取りたい時間帯(=苦しい時間帯=劣勢の時間帯)に点が取れているので、結果的に楽な試合展開となっているが、スムーズな攻撃はほとんど見られない。ぶっちゃけると、ワシントン、ポンテ、小野、長谷部、鈴木の魅惑のクインテットよりも、ワシントン、永井、ポンテ、鈴木、酒井という5人の方が攻守両面でチームとして機能しそうな気がする。そんな状態はあまりにも寂しい。小野と長谷部をもっと生かしたチームを作らなければ、ビッグクラブの名が泣く。

2位の横浜マリノス。開幕前のプレシーズンから状態は良かったが、かつての強さがようやく戻ってきた。なんといってもマルケスの存在が大きい。完全優勝を成し遂げたオフに、キープレーヤーのマルキーニョスを放出して、アンジョンファンを入れるという愚行をおかしたフロントだったが、ようやくいい仕事をしたと思う。ファンタジーはないが、堅実で機能美に優れたマリノスの伝統を受け継いだ、なかなかいいチームが出来上がったと思う。問題は、久保。ボクは、もともと、この選手をあまり評価はしていないが、この布陣では、久保のゴール量産が優勝には不可欠で、復調が待たれる。

3位は、序盤の主役となった川崎フロンターレ。昨シーズンから堅守速攻には光るものがあったが、今シーズンは、さらにスケールアップを果たしている。中村と谷口の日本人のボランチコンビが中盤に君臨して、マルケス、ジュニーニョ、我那覇のトライアングルを操ってゴールを量産するスタイルは、破壊的な力を持つ。相手に引かれたときに弱さを見せており、新潟、京都、甲府、FC東京、磐田と対戦相手に恵まれた感もあり、これからが正念場となる。

9位のFC東京。一時期見られた、チームとしての上昇気流は全く見られない。結局、中途半端なサッカーに終始している。確かにいい選手が多くて見ていて面白いチームだが、今シーズンやっているサッカーからは全くときめきはない。梶山、鈴木、徳永、この3人はキャパシティのある選手だが、迷い迷いのプレーの連続で、100%発揮しているとは言いがたい。以前のFC東京は、全ての選手が120%の力を発揮していたからこそ、見ている人に感動を与え続けられたのではなかったのか?ボクは、ガーロがいい監督だとは思わない。

10位の名古屋。期待薄のチームだったが、なかなかいいサッカーをしていると思う。かつてのタレント集団も、すっかり影が薄くなってしまったが、新監督の手腕はなかなか見るべきものがあると思う。ネルシーニョ時代はブラジルの香りが感じられたが、すっかりと欧州ナイズされていて好感がもてる。(やっぱり、グランパスにはこういう欧州スタイルがあっていると思う。)エースの玉田はキレキレで、結果はなかなか出ていないが、素晴らしく躍動している。全体的に物足りなさを感じる中盤には、ぜひとも本田を起用してほしい。(左サイドバックではなくて・・・。)楽しみなチームであることに違いはない。

12位の磐田は迷走中。ここはいつも、キャンプ直後の試合はバラバラで見る影もないチーム状況でスタートして、試合を重ねるたびにチームとしての形が見えていく。伝統の3-5-2のムービングサッカーを放棄して、4人のセンターバックタイプのプレーヤーを並べて、守備的な4-5-1で試合に臨む、そんなスタイルは勝とうが負けようが到底、賛成はできない。名波、服部、鈴木は確かに功労者であるし、簡単には切ることのできない選手であることは百も承知だが、決断の時期は迫っている。このまま、新しい時代を作る若きタレントと山本昌邦をベンチに座らせておくのは得策ではない。

以下、次回に続く。




この記事の内容がよかったと思われたら、

こちら146


をクリックして、人気ブログランキング投票をしてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://llabtoof.blog38.fc2.com/tb.php/146-ff743a42

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。