サッカーコラム トータルフットボール

国内、海外のサッカー事情についてつづるウェブログでした。J1・J2、日本代表の話題が中心でした。YAHOOカテゴリー登録サイトでした。

トップページヘサッカーブログランキングに投票する。厳選サッカーコラム集お気に入りに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表 欧州組集結

明日の夜は、ドルトムントの本拠地、べェストファーレンで、ボスニア対戦する。いつもは黄色く染まるスタジアムは閑散としているだろうけど、中身の濃いテストマッチにしてほしい。

欧州組は7人。毎度、欧州組の試合感不足が指摘されるが、今回に限っては、そんな心配は無い。中村、松井はチームの中心として常時スタメンで起用されているし、中田英、稲本もレギュラーを確保しているし、大黒と中田浩も移籍して間もないながらもすでにスタメン出場を続けている。高原にしても、最近スタメンで起用される機会が増えてきており、コンディションに問題は無いだろう。

予想スタメンは、GK川口、DF加地、宮本、中澤、中田浩、MF中田英、中村、稲本、小野、FWが高原と久保。久々に海外組がみんな揃う中で、どれだけ効果的な攻撃ができるかがポイント。

ボスニア戦は、W杯直前を除くと、フルメンバーで戦う試合は最後となるので、いろいろと試してほしい。具体的に例を挙げると、

 ・中田浩二のセンターバック
 ・三都主のウイング
 ・中田と小野のダブルボランチ
 ・中澤をトップに上げてパワープレー
 ・中村と松井を両ウイングにした3トップ
 ・駒野の左サイドバック

これまでの世界大会では、大会に入っていきなり奇抜なことをして失敗しているので、出来る限り、いろいろと試してほしいと思う。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する119


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

vs アヤックス 平山 先発フル出場

へラクレスの平山が、ホームでアヤックスと対戦。アヤックスはミッドウイークのCL準々決勝でインテルと対戦し、2対2のドロー。特に、前半はインテル相手に2点のリードを奪うなど、おそらく今シーズン最高の内容で圧倒しただけに、上り調子で苦戦が予想された。

しかしながら、前半からヘラクレスは素早いプレスから、サイドのヌルメラとスラウターを生かした攻撃で、主導権を握る。アヤックスは、インテル戦で怪我をしたCBのハイティンガが長期離脱中、右サイドバックのトラベルシが累積警告で出場停止と、DFラインの人材が不足しており、この試合では、中央の平山に簡単に基点を作られてしまう。先制は前半18分。ヘラクレスは右サイドのヌルメラがペナルティーエリアで粘ってボールをキープすると、スラウターにグラウンダーのクロスを送ると、走りこんだスラウターが難なく押し込んだ。

いいリズムのヘラクレスに対して、アヤックスは、CFのフンテラールと、左ウイングのローゼンベリにまったくボールが集まらない。それでも、戦力で優位に立つアヤックスは、前半30分過ぎからチャンスを作り始めると、ロスタイムにフンテラールが同点ゴールを決め、1対1で終了した。

そして後半。終了間際になって、ドローも見え始めた後半37分に、ハリステアスのシュートがポストにはじかれたボールを、右サイドバックのティミセラが決めてアヤックスが勝ち越す。その後も、エマニエルソンのシュートをペーケンハーゲンがファンブルしてボールにつめた、バベルが追加点を挙げ、3対1で終了した。

勝ったアヤックスだが、この試合はヘラクレスが相手ということもあり、相当にモチベーションが低かった。得意の4-3-3のフォーメーションだが、まったく機能していなかった。フンテラール(オランダ代表候補)、ローゼンベリ(スウェーデン代表)、ロサレス(元アルゼンチン代表)、マドゥーロ(オランダ代表)、エマニエルソン(オランダ代表)と、いい選手は多くいるにもかかわらず、内容は散々だった。特に、両サイドバックの守備力に大きな問題があり、ヌルメラやスラウタークラスの選手に、再三クロスを上げられてしまった。10日後には、アウェーのインテル戦が控えるが、どうするんでしょうか?という印象だ。今シーズンのアヤックスは、いったいどうしたんでしょうかね。

一方のヘラクレスだが、アヤックスが良くないということもあったが、最近では、なかなかいい試合だった。やはり、平山が前線でキープできると、ある程度攻撃の形が出来て、得点チャンスも生まれる。最高の形で先制点を奪ったあと、いい時間帯に追加点が取れれば・・・。

さて、この試合の平山の出来に関してだが、評価が難しく見た人によって分かれるところだと思う。シュートは4本だったが、後半半ばにキーパーと1対1になってキーパーにぶつけてしまったシュートと、ロスタイム直前にボール前で粘って足を突き出して同点ゴールを狙ったがミートしきれずれキーパーにキャッチされてしまったシュートのどちらかが決まっていればかなりのいい出来だったと思うが、結局は千載一遇のチャンスを逃してしまったことを考えると戦犯といわれても仕方が無い。調子自体は、やや上向きといった感じで、次節に期待。

せっかくなんで、アヤックスのセンターフォワードのフンテラール(22歳)、バベル(19歳)、ローゼンベリ(23歳)のトリオと比べてみる。3人とも代表経験があって、世界的にも注目を集める若手有望株だが、この試合を見ていると、平山の能力はまったく彼らにひけをとっていないと感じる。オランダ代表の時期エースといわれるフンテラールは、今シーズンすでに24ゴールを挙げていて、実績では頭一つ抜け出ているが、バベルやローゼンベリ相手だと、(タイプはそれぞれ違うけど、)十分に渡り合える。こんな選手が日本に現れるとは、ちょっと前には考えられなかったなということで、ここ最近点が取れていないのも成長するための糧だと考えて、ポジティブに思うことにしたい。(得点がない時期が続くと、FWの選手を応援しているサポーターとしてはどうも気持ちが沈んでいく。。。)

ヘラクレスに関しては、前回、アヤックスをホームで迎えたのが、20年前で、そのときのスコアは1対8。開幕当初と比べるとチームは進歩しているが、基点的なプレー(足元の不自由なキーパーにバックパスはしない、サイドの選手が中に入っていったらしっかりマークをする、キーパーはキャッチに行って前にボールをこぼさない、)がまったく出来ていないし、クロスの精度は相変わらずの低さで、チームとしての限界を感じる。平山には、出来れば来シーズン、もう一枚上のクラスのチーム(フローニンゲン or AZ or ヘーレンフェーン)に移籍してほしいなと思う。そのためにも、なんとしてもあと3ゴールしてほしい。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する118


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

[J1]順位予想 (下)

[J1] 順位予想 (上)の続き。

[J1] 順位予想 (中)の続き。

第13位は、川崎フロンターレ。昨シーズンは、堅守速攻のスタイルで快進撃を見せ、8位に食い込んだ。ジュニーニョ、マルクスのホットラインに、我那覇、中村が絡むはシンプルながら効果的だった。さらなる躍進を狙う今シーズンだが、オフに、ベテランながら左サイドでキープレーヤーとなっていたアウグストが移籍して、大きな穴が生まれてしまった。もともと、攻撃的なポジションの層が薄いため、新外国人選手のマルコンがチームにフィットしないようだと、大きなダメージとなる。反対に、守備陣は万全で、日本代表候補の箕輪、伊藤、寺田に加えて、米山、井川の実力者が加入して、いっそうのレベルアップした。そんななかで、注目は、21歳の谷口。昨シーズンはボランチながら、5得点を挙げる活躍を見せた。北京五輪の代表チームでも、レギュラーの有力候補で、今後、クローズアップされる可能性大。

第14位は、アルビレックス新潟。チームのベースを作った反町監督が退団して新しい時代に入った。いい意味でも悪い意味でも、反町カラーが濃かったアルビレックスが、これからどういったチームに育っていくのかを見極めることのできる重要なシーズンだと思う。新戦力では、柏から、DF永田とFW矢野と二人の逸材を獲得したが、ベテランが多かったチームに新風を巻き起こすことだろう。矢野は、エースのエジミウソンとの2トップが予想されるが、これまでははカウンターアタック中心のリアクションサッカーだった攻撃の中で、185cmの矢野の高さをどのように生かすのか注意して見たいと思う。

第15位は、名古屋グランパスエイト。ゴタゴタ続きのチームの新監督に就任したのは、オランダ人のフェルフォーセン。オランダ人監督というと、比較的オーソドックスにポジションを固定して、サイド攻撃を重視の監督が多いが、この監督も、そういうタイプのようだ。ウェズレーとマルケスをシーズン途中に失ってから、深刻な手駒不足に陥っていたチームの救世主として日本代表の玉田が加入したが、あまり多くの期待するのは酷である。昨シーズン、孤軍奮闘をしたクライトンを失ったチームに明るい材料はほとんど無いな。

第16位は、大分トリニータ。経営難もあり、マグノ・アウベスと吉田という攻撃の核を失って、一気にスケールダウンした。新外国人としてFWのオズマールを獲得したが未知数で、高松にエースとしての期待がかかる。

第17位は、京都パープルサンガ。3年ぶりのJ1復帰となったが、当時の主力はほとんどが移籍をしており、まったく新しいチームとなった。オフには、守備の中心でJ1の経験が豊富な、DFの手島が移籍し、守備の要を失った。チームの目標は、3年後に優勝争い出来るチームに育てることだが、それにしても、J1で戦うには不安が大きい。パウリーニョとアレモン以外の日本人選手が相当に奮起しなければ、残留争いは避けられないだろう。

第18位は、アビスパ福岡。正直に言うと、アビスパだけはどんなチームなのかよく分からないので、この順位になりました。開幕戦の磐田戦は、じっくり見極めたいと思う。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する117


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

[J1] 順位予想(中)

[J1] 順位予想 (上)の続き。

第7位は、ジュビロ磐田。今年は優勝争いに食い込むかと思っていたが、先日の清水エスパルス戦を見て評価をダウンさせた。選手層は、レッズに次いでリーグで2番目の厚さだが、この選手層の厚さを、山本監督が有効に使いこなせるとは思えない。太田、成岡、カレン、菊地と他チームがうらやむくらいの若手有望選手が揃っているが、結局、今年も、ジュビロは名波の出来次第。もしかしたら、将来を見据えて、藤田に続いて名波をも外す選択肢があってもいい頃かもしれない。

第8位は、横浜Fマリノス。どうも、最近のマリノスのサッカーが好きになれない。昨シーズンは、怪我人が多かったというエクスキューズがあるにせよ、リーグでもっともつまらないサッカーをしていたと思う。前と後ろが分断していて、意外性の無い、まるでセリエAのチームのサッカー。2003年に完全優勝したときのサッカーが、洗練されていて、素晴らしかっただけに残念に思っている。そんな停滞ムードを払拭する存在として期待されるのが、元名古屋のマルケス。実績十分のマルケスは、ゲームを作りながらフィニッシュにも絡む、典型的な1.5列目タイプ。マルケスの加入で、トップ下の山瀬が本来のプレーを取り戻す気がする。そうなると、当然、優勝争いに絡んでくるが・・・。

第9位は、大宮アルディージャ。昨シーズンは、降格候補の筆頭といわれながらも、三浦監督も下、持ち前の組織力を発揮して、残留争いに巻き込まれること無くシーズンを過ごした。そして、今シーズン、意欲的な補強を見せて、台風の目となることが予想される。注目は、ホンジュラス代表のマルティネス。藤本、桜井、小林大吾、小林慶行という、リーグ屈指のテクニシャンが揃った中盤からのパスを決められる、待望のストライカーを獲得である。最終ラインも、柏から土屋と波戸を獲得し、安定感を増した。

第10位は、FC東京。原監督からガーロ監督に代わり、徳永、伊野波、赤嶺という3人の即戦力大学生を獲得し、戦力アップを図った。痛いのは、チームの顔である石川の離脱中。栗沢や馬場が代役となるが、スケールダウンは否めない。見所は、昨シーズンのワントップ気味の布陣から、ルーカスとササの2トップに変更となることで攻撃にどれだけの影響が表れるかという点。2トップが機能すれば、ササが、現役パラグアイ代表の実力を大いに発揮してくれるだろう。そんな中、チームの命運を握るのは、梶山陽平。昨シーズンのリーグ後半からレギュラーポジションを獲得したが、ミドルシュートの精度と威力はリーグ№1で、今シーズン最も注目の選手。

第11位は、セレッソ大阪。昨シーズンは後一歩のところで優勝を逃したが、なぜか、あまりセレッソとは縁がなく、ほとんど生試合を見れなかったので、実際のところの強さをあまり実感できなかったので、順位は下の方になってしまった。メンバー的には、ユーティリティープレーヤーの山田と河村を獲得して、柔軟性が出てきたと思う。西沢、森島、古橋のトライアングルは、J最高のユニットであるが、黒部の移籍で、西沢の代役が、J1経験がほとんど無い、柿本だけとなってしまったが2年連続で、J2で二桁得点をマークした柿本が、昨シーズンの大島(横浜)のようにブレークすれば、大きな戦力となるだろう。

第12位は、ヴァンフォーレ甲府。昨シーズンの入れ替え戦で、柏をJ2へ突き落とした試合は、すでに伝説。その攻撃的なサッカーは、J1でも旋風を巻き起こす可能性を秘める。3トップの中央に位置するバレーの能力は、間違いなくJ1でもトップクラスで、そのバレーを生かすためにも、MFの藤田と倉貫の活躍は必須。この二人は、ともに高校を卒業してジュビロに入団したもののJ1での出場機会がなく、甲府に移ってきた選手。危機的な状況にあった甲府を、ずっと支えてきた屋台骨の選手である。愛着のあるチームでようやくたどり着いた夢の舞台。開幕の清水エスパルス戦は、いろいろな思いのこもったJ1デビュー戦となる。

長くなったので、このへんで(中)は終了します。以下、(下)に続く。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する116


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

[J1] 順位予想(上)

各国のリーグ戦は、通常、開幕戦の1週間前に行われる、スーパーカップ(リーグ戦王者とカップ戦王者の対戦)で幕を開ける。ということは、今日(2月24日)がJリーグの開幕前夜ということになる。そんなわけで、ちょっとばかり、J1の順位予想をしてみたい。

まずは、過去のワールドカップイヤーから見られる傾向を上げる。

①代表入りへの最後のアピールでリーグが活性化する。
②ワールドカップで活躍した選手は海外へ移籍する。
③ワールドカップで燃え尽きる選手が出てくる。
④ワールドカップに出られなかった選手が奮起して、ブレークする。


①は、1998年でも、2002年でも見られた、いい傾向。1998年では、小野伸二、市川大祐という10台の若者のプレーがリーグ序盤を活性化させ、二人はフランス行きの切符まで勝ち取った。2006年、そんなブレークしそうな選手の筆頭は、誰だろう・・・。

②は、全世界共通。世界最高の選手品評会で活躍した選手は、当然のように、欧州のクラブに目をつけられて、移籍をしていく。典型は1998年の中田英寿。

③のワールドカップで燃え尽きてしまった選手として名前が挙げられるのが、清水エスパルス在籍時の戸田和幸。大きな舞台で戦うことは、大きな重圧がかかるため、リスクもある。

④の筆頭は、2002年の高原。ワールドカップに出られなかったことをモチベーションに、更なるレベルアップを果たす選手が生まれることだろう。

以上の点を踏まえて、順位予想を始める。

1位は、浦和レッズ。小野、ワシントン、相馬とビッグネームを継ぎ継ぐと獲得し、永井や平川、黒部に酒井といった実力者がベンチに控える層の厚さは驚異的で、Jリーグ史上屈指のタレント集団となった。最大のストロングポイントは、小野伸二、長谷部誠、ポンテという稀代のコンダクターが揃う中盤で、これまでのカウンター主体のサッカーから変更して、終始ボールをキープして、試合の主導権を握って戦いを進めることが可能となり、安定感が増すと思われる。不安材料となりうるのは、トップのワシントン。ワシントンがワントップで中央に構える布陣となると、去年のヴェルディのように、ワシントン頼みの単調な攻撃となる可能性がある。その辺りをどう調整するのか、ギド監督の手腕が試される。

2位は、ガンバ大阪。昨シーズン、センセーショナルな活躍を見せたアラウージョが退団して、大きな穴が空いたが、幸運にも、経営難の大分からマグノ・アウベスを獲得し、致命的な戦力ダウンを避けることが出来た。タイプ的にも、同じ1.5列目の選手で、代役としては最適の存在だが、アラウージョほどの突破力は無いため、チームメートとの息が合うまでは、苦労しそうな感じもする。マグノ以外でも、昨シーズン通して苦労した、右サイドに日本代表の加地を獲得し、ウイークポイントが一転して、ストロングポイントになった。加地の加入で、3バックにも、4バックにも対応できるようになったのは戦術的にも大きく、現段階では、浦和に対抗できる唯一のチームといえる。不安材料は、ACLでの疲労と、W杯後の代表組のモチベーション低下。

3位は、ジェフ千葉。オシム体制となって4年目となり、そろそろリーグ戦で優勝してもおかしくはない。過去2年はシーズン前に主力の流出があったが、今シーズンは皆無。引退したポペスクの代わりにクルプニが入り、攻撃はスケールアップを果たした。若手の水野、水本、山岸らのブレークがあれば、首位戦線を引っ張るだけの総合力がついた。心配の種は、キャプテンの阿部の海外流出のうわさと、スーパーサブの林を失ったこと後釜が見当たらないこと。それでも、粘り強いサッカーで大崩れしそうにないところが強み。

4位は、鹿島アントラーズ。開幕直前になってメッシーナから柳沢敦を獲得し、ようやく、エースのアレックス・ミネイロとコンビを組む選手が固まった。メッシーナでは出番に恵まれなかったが、日本代表ではコンスタントに活躍しており、古巣に戻って、意気に感じてゴールを重ねる可能性が高いと見ている。注目の選手は、新人の右サイドバックでユース代表の内田。高卒のサイドバックで、ポテンシャルが高いと前評判を持つ選手は、最近では記憶に無いくらい枯渇しているポジションであるため、奈良橋という名手を手本に、どれだけ出場機会を得て、ドノ程度のパフォーマンスを見せられるか、楽しみにしたい。

5位は、サンフレッチェ広島。昨シーズン前半は、持ち前の組織的なサッカーで、前半戦は優勝争いに加わる勢いを見せた。駒野、ジニーニョ、小村、服部という4バックは、リーグ屈指の安定感を誇るだけに、課題は攻撃力ということになる。そんななかで、期待の新戦力はFWのウェズレー。ウェズレーに全盛期の力が残っていれば、日本代表の佐藤寿人とのコンビは脅威だが、始まってみないと分からない。それでも、期待のホープ、前田俊介が控えており、ダメージは少ない。中盤では、元日本代表の戸田が入ったことで、森崎和がより攻撃面で力を発揮できるようになるのはプラス材料。

6位は、清水エスパルス。天皇杯の準優勝から得たものは、将来への明るい希望と大いなる自信だった。攻守の切り替えの早い、モダンなフットボールは、リーグに新しい風を吹き込む可能盛大。新しい10番、藤本淳吾がどれだけピッチで存在感を発揮できるのかは、今シーズンのリーグの見所の一つだ。課題は、ゴール前の決定力。チョ・ジェジンとマルキーニョスの2トップは。スピード、高さ、強さと全てを兼ね備える魅力的なコンビだが、怪我も多く、ムラがあって、計算できないのが不安。得点力不足に陥ったときに、長谷川監督がどんな対応を見せるのかが鍵となるだろう。

長くなったので、このへんで(上)は終了します。以下、 (中)(下)に続く。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する115


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

日本代表 ベストメンバー集結

28日のボスニア戦の日本代表メンバーが発表された。楢崎と土肥の怪我で、代わりに下田と都築が選考されたゴールキーパー以外は、おそらくジーコの考えるベストの布陣となったのだと思う。

メンバーは、順当そのもので、非常にオーソドックスなジーコらしい選考となった。おそらく、本大会ではセンターバックの坪井 or 茂庭を外して、攻撃的な選手をもう一人入れることになると思うが、基本メンバーはこれで固まったなという感じはする。

DFで注目したいのは、バーゼルの中田浩二。ずっとMF登録だったように思うが、DFで使う可能性があるのかなと勘ぐる。中田浩二がサイドバックで出場したのは、たしかラトビア戦だけだったと思うが、フィードの正確さと高さに加えて、カバーリングのうまさも備えており、現在の日本人選手では、左サイドバックとしては№1の守備力を誇るだけに、三都主や村井とはまったく違うタイプで面白い存在だ。ついでに、センターバックのテストもしてほしい。

MFでは、常連メンバーになりつつある松井大輔に注目したい。今度の試合では、スタメン出場ではないだろうが、キープ力とアイディアは飛びぬけたものがある。途中出場の機会はあるだろう。

FWの選考については、いいたいことはたくさんあるが、ジーコの中ではこの4人がほかをリードしているのだろう。

選考漏れの選手に関しては、長谷部と佐藤寿人は残念だが次回のチャンスに期待。村井、巻は仕方ない。平山は調子を落としているので、選考外は順当。

さて、スタメンは、4-4-2で、GK川口。DFが加地、宮本、中澤、三都主。MFが中田、中村、小野、稲本。FWが高原と久保でしょうか。ただ、久保の相方としては、1.5列目のタイプの方が合うと思うし、高原と久保の2トップだと、仕事場が重なって、互いにスペースをつぶしあうという展開になりそう。そう考えると、日本代表のベストフォーメーションは、4-5-1(4-3-3)かなという気もする。そうすると、中田、中村、小野、稲本に加えて、松井や長谷部がスタメンから起用できるメリットもあるし、面白いサッカーが出来そうだな。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する114


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

インド戦 光り輝くレッズの3人衆

アジアカップの予選のインド戦。フォーメーションは4-4-2。小野、長谷部、小笠原、福西の中盤は、ダブルボランチというよりは、ダイヤモンドで、底の位置の福西以外は流動的。

前半は、苦戦。32分に相手のバックパスを拾った小野がゴールするまでの時間帯は、決定的なチャンスもほとんどなく、安易にクロスを上げて跳ね返されるという攻撃が続く。久保と巻の2トップは、日本では最高峰の高さをもつ、センターフォワードコンビだが、インド相手でも簡単には競り勝つことは出来なかった。久保の運動量が乏しく、巻も中央に位置することが多かったため、二人が接近しすぎていて、相手にとっては守りやすかったと思う。仕事場がかぶっている二人の2トップが機能しなかったのは、フィンランド戦と同様で、個人的には、佐藤寿人をスタメンで起用してほしかった。

沈黙の前半とはうって変わって、後半は、ゴールラッシュ。加地→小野→長谷部とつないで長谷部がシュートを放ち2点目。3点目は三都主のコーナーから、福西のヘッド。4点目は、佐藤寿人とのワンツーから抜け出した久保が左足でゴール。5点目は、加地のパスを受けた佐藤寿人が、巧みに体を入れ替えてフリーになると、左足で決めて代表初ゴール。最後の6点目は、久保のこの試合2点目だった。

後半半ば過ぎまでは攻めあぐねていたが、最後の20分くらいは、非常にいい攻撃が出来ていた。その要因は、相手の運動量とモチベーションが落ちたこと以外の日本側の要因としては、佐藤寿人と遠藤の投入だったと思う。佐藤寿人の相手をかく乱する動きと、遠藤のシンプルで正確なつなぎが光っていた。

それでは、個々の選手の評価をしたい。

この試合で一番良かったのは、三都主。左サイドから中央にまで切れ込んでから、精度の高い強烈なシュートを連発した。サイド攻撃は、この試合ではむしろ右の加地の方が目立っていたが、シュート力で村井との差を強烈にアピールした。彼にとっては、フィンランド戦のベンチスタートがいい薬となったようだ。

次に良かったのは、代表初先発の長谷部。実力からすると、これくらいの活躍は当然といえば当然だけど、なかなか初代表で自分のプレーを発揮するのは難しい。そんななかで、運動量も豊富で、ドリブル、パス、シュートとどれも良かった。特に、ぺナ付近でボールを持ったときに、パスだけでなく、自らドリブルで切り込んでいけるのは非常に魅力的。ライバルとなる小笠原と比較すると、突破力と運動量で優っており、小笠原を蹴落としてドイツ行きの切符を勝ち取る可能性が出てきた。是非とも、ボスニア戦で海外組みと一緒にプレーさせてみてほしい。まあ、欲を言うと、前半の膠着した時間帯に、自ら仕掛けて、打開してほしかったけどね。

対照的に、小笠原のプレーには3試合連続で不満が残った。決してドイツ行きの切符は安泰ではないと思うし、コメントからはやる気が見えるのだけど、試合では散漫な動きが多く、パスミスが多い。もっと出来る選手だ思うが・・・。長谷部と小笠原を比較すると、小笠原はパスで攻撃に変化をつけるタイプで、長谷部は、パスだけでなく、ドリブルで相手を切り裂くことができる。中田、中村もパサータイプであるので、攻撃にアクセントをつける意味でも、長谷部の台頭は面白い。この試合では、小笠原が前を向いたときにドリブルで打開できずに無理にパスを出してカットされる場面が目立っていたし、ボクが監督なら小笠原ではなく長谷部を優先して使うけどねえ・・・。

小野は相変わらず、このチームでは、中盤の王様。前半のチャンスは、ほとんどが小野を経由したもので、何気ないワンタッチのプレーで相手をかわして、鋭いパスを送ることが出来る貴重な選手だ。これからの注目点は、中田や中村が加わったときに小野をどう生かすかになる。国内組み中心のメンバーだと、自然とボールが小野に集まるので、小野自身がリズムに乗って試合に参加できるが、中田や中村が加わったときに、どうなるかは、やってみないとわからない。ただ、この試合を見ていると、小野伸二を日本代表の攻撃の中心にして全権を与えるというやり方もありだと思う。それだけの価値がある選手だということを、示した試合だったと思う。

FW陣では、久保の出来はまずまず。シュートは、やはり日本人の中では別格。ゴールパターンを持っている選手なので、やはりトップにいると心強い。さて、問題は、ボスニア戦での2トップは誰と誰になるかだが、これまでのジーコの起用法を考えると、高原と柳沢をベンチにおいておくとは考えにくいので、久保の扱いは興味深いところだ。後は、もう少し、運動量が増えてくれば問題ないと思う。

巻は、いい選手だが、立場は苦しい。泥臭さ、ひたむきさは買えるし、厳しい戦いになればなるほど必要になってくるタイプの選手なだけに、Jで再びアピールしてほしい。

スタメン出場の久保と巻以上に光ったのは、佐藤寿人。代表初ゴールは、彼らしいすり抜けからのゴールで、大黒の調子がずっと良くない中で、滑り込みでの代表入りの可能性が出てきた。ボールのもらい方、ゴール前でのポジショニングが抜群で、試合終了間際に投入すると、集中力を発揮して力を出すタイプでもあるので、スーパーサブとして期待したい。

加地と福西は、まずまずの出来。加地はクロスの精度の向上が望まれるが、仕掛けのタイミングや裏への飛び出しが光っていた。福西は、ワンボランチとして、バランスに気を使いながら、シンプルなはたきで攻撃にリズムを作ったと思う。

ジーコ采配で面白かったのは、前2試合でフィールドプレーヤーでただ一人出番が無かった茂庭を、宮本に代えて起用したこと。大量リードの余裕があったにせよ、人に強いタイプのセンターバックを二人並べることは、最近の試合ではほとんど無かった。(ジーコ監督になって、中澤が始めて起用されたのが2003年のチュニジア戦で、茂庭とセンターバックコンビを組んでいたが、最近は、宮本もしくは田中のどちらかは必ず試合に出場していたはずなので、かなり珍しい。)ワールドカップを戦う上で、宮本では身体能力で不利になるケースを想定しているとしたら、興味深い実験だと思う。

相手のインド代表だが、思っていたよりもずっと良かった。もっと、いい加減なサッカーをするのかと思っていたが、組織的で守備に関してはまとまっていた。南アジアカップのチャンピオンチームらしく、あわよくば日本から勝ち点を奪いたいと、いう意気込みで日本にやってきたようだ。ただ、それならば、こんなサッカーでいいのか、ということをインドには言いたい。10人で引いて守ると確かにスペースはつぶせるし、日本を焦らすことは出来る。ただ、焦らすことはできても、今の日本代表チーム相手に、90分間、集中して無失点で守りきるのは不可能だ。それならば、堂々と、前線に人数を割いて、攻め込んで敗退した方が、よほどインドサッカーの将来のためになるのではないかと思う。東南アジアの選手の中には、日本代表の選手にも引けを取らないだけのテクニックをもった選手が多く存在することは良く知っている。インドのスタジアムには、どの試合も多くの観衆が詰め掛けるというが、彼らは、彼らにとってのスター選手が、日本のDF相手にどれだけの攻撃が出来るのか、楽しみにこの試合を見ていたはずだ。それならば、もっと違った作戦があったはずだと残念に思う。

次の相手は、ボスニア戦。現時点のベストメンバーが選考されるはずで楽しみだな。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する113


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

[CL] 決勝トーナメント 予想

いよいよ、CLの決勝トーナメントが始まる。日常のワールドカップといわれるCLだけど、一次リーグは、比較的2強2弱のグループになることが多く、本番は、決勝トーナメントに入ってから。(二次リーグがあったときはもっと面白かったけど・・・。)

組み合わせは、去年に引き続いて、(UEFAの策略で、)ベスト16の段階から、ビッグクラブ同士の顔合わせが相次ぐ。そんな中で、一番の好カードは、やはり、チェルシー×バルセロナのカード。

もうあの死闘から、1年が経つ。昨年のスタンフォードブリッジでの試合は、サッカー史に残るエキサイティングなゲームだった。欧州最強と謳われたバルサが前半の20分で3失点を喫するという衝撃。チェルシーのカウンターがキレまくって圧勝ムードの中、一人で盛り返し形成を逆転させたロナウジーニョの個人技。事実上の決勝戦にふさわしい戦いだった。この両者が再び激突する試合は、チェルシーが、バルサを返り討ちにすると予想する。

ほかの注目カードは、初対戦となる、レアル×アーセナル。CLでは(基本的に)全試合が同時刻開催なので、どのカードを視聴選択するかが大きな問題となるが、初日のカードでは、この対戦が興味深い。ようやく調子がでてきたレアルと、怪我人続出のアーセナルの対戦ということで、レアルの優位は動かないが、ここで、アーセナルがあっさり敗退するようだと、そろそろベンゲルの首も危うくなる。美しいサッカー対美しいサッカーの激突で、美しい試合となることを期待する。

さて、CLが面白いのは、クラブの戦いでありながらも、国と国、リーグとリーグのプライドをかけた戦いが見られるからである。昨シーズン、レアル・マドリードとバルセロナが敗退したときのスペインメディアの落ち込みようは見ていて面白かったし、近年復権したイタリアのマスコミが今年も、意気揚々と、イタリア勢優位の報道を繰り広げているのも面白い。

ボクがCLを見始めたのが、2002/2003のシーズン。この年は、好ゲームが続出したが、特に素晴らしかったのは、準々決勝の4試合。レアルマドリード対マンチェスターユナイテッドのカードは、オールドトラフォードでの第2戦で、ロナウドがハットトリック。驚異的な活躍に対して、マンチェスターのファンからも喝采を浴びた。バルセロナ対ユベントスの試合は、カンプ・ノウで延長までもつれる死闘。最後は、サラジェタのゴールでユーべが勝ち抜けた。アヤックス対ACミランは、若手対ベテランの戦い。しかしながら、ズラタン、ファンデルファールト、キブ、ファンデルメイデ、スナイデルら、若きタレント集団が見せたサッカーは、システマティックで高度に洗練された大人のサッカーであった。サンシーロでのゲーム、彼らは欧州チャンピオン相手に、ロスタイムまでリードを奪った。そして、バレンシア対インテルのカード。この対戦の主役は、GKのトルド。メスタージャで見せた、神々しいスーパーセーブの連続は、すでに伝説となっている。

今シーズン、新たに加えられる名勝負は、いったいどのカードのどの試合なのだろうか?




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する112


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

フィンランド戦 個人評価 

2日経ちましたが、いろいろと興味深い試合となったフィンランド戦の感想を書きます。

システムは3-5-2で、遠藤に変わって小野がボランチに下がり、田中に代わって坪井がストッパーに入る。2トップは巻と久保というスタメン。

ゲーム展開は省略して、選手個々の評価をしたいと思う。

まずは、村井。左サイドでアンタッチャブルな存在となっているサントスに代わってスタメン出場。これまでのジーコの采配では、サントスをスタメンから外したケースは稀で注目を集めた采配だったが、出来は良かった。サイドを切り崩して、クロスを上げることが数度あったが、特記したいのは裏に飛び出てセンタリングを上げたことが2度3度とあったこと。DFラインの裏への飛び出しこそが、最近のサントスにかけていたプレーであると思う。(日本代表のドキュメントDVD「6月の勝利の歌を忘れない」では、練習試合の前に、トルシエがサントスに対して、「積極的に自分で裏に飛び出して、味方のパスを呼び込め」という指示を出しているが、まさにそのとおりで、かつてのサントスの持ち味は、裏への飛び出しの鋭さであった。)村井の課題は、クロスバリエーションを増やすこと。確かに、アーリークロスは精度が高いが、ワンパターンになりがちだった。確かにアジアのチーム相手だと、サントスの突破とクロスの精度の高さは大きな武器となるが、世界の舞台では、プレーの軽さとDFの甘さが致命的になりかねない。そういった意味で、次のインド戦に村井を起用するのか、サントスを起用するのか興味深い。

トップの久保はまずまず。結局、FWの軸を、柳沢にするのか、高原にするのか、久保にするのか、ジーコの考えが現時点ではまったく分からないが、久保の場合は、ようやくスタートラインに立ったところで、これからが勝負の時期となる。

2トップの一角に入った巻は、久々のスタメン出場だったが、相方が久保だったことはやや不運だった。スピードタイプの選手と組んだ方が、巻の持ち味がうまく発揮されたと思うが、ボールがなかなか集まらずれ、見せ場はなかった。いい選手だけど、残りのチャンスは少ない。

巻と交代で入った、佐藤寿人は、らしいプレーで決定的なチャンスを作ったが、惜しくもポストにはじかれた。得点してアピールしたいところだったが残念。

小笠原は、まあまあ。3-5-2のトップ下で入ったが、いつものように、試合から消えることが多かった。アシストとゴールは、素晴らしかったが、もっと出来る選手だと思う。松井、長谷部とライバルが多く、まだまだ、指定席は確保できていない。

最後に、小野はさすがのプレーを見せた。やっぱり、あの位置に小野がいると、ボールは回るし、ふとしたところからピンポイントでロングパスが飛んでくるので、相手にとって脅威そのもの。まだまだ、らしくないミスが多く、本調子ではないが、それでも、日本代表のボランチのポジションは小野でもう決まり。遠藤はいい選手だが、相当に立場は苦しくなったと思う。

この時期で、相手がフィンランド、ということを考えると、2対0は非常に妥当な結果だった。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する111


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

更新再開

思ったより修理に時間がかかってしまいましたが、更新を再開します。とりあえずは、週末のゲームをまとめて。

まず、FAカップのボルトン対ウエストハムの試合から。

この試合の中田は、中盤の前目でプレー。スタメンの段階から、オコチャとスピードと3人でコンビを組んだのは、初めてかな。そんな中で、精力的に動いていたが、どうも不完全燃焼。結局、中田がパスを欲しいタイミングでパスが来ないことが、リズムに乗り切れない原因。オブライエン、スピード、ガードナーらは、近くに中田がいてもお構いなしで、遠くのスペースに蹴りだすことが多い。相性が良くて、中田を使って自分も生きようとするのはボルへッティやバス・テ。だけど、彼らはベンチにいることが多く、同時にプレーする機会が少ない。いいプレーを続けて、チームメートの信頼を得ていくしかないという状況が続く。

さて、次に、ヘラクレスの平山の試合を振り返ってみる。

この試合の平山も中田と同様に、不完全燃焼だった。平山の場合は、単純に調子が落ちているのが問題。プロ1年目で、異国の地で、ずっとスタメン出場が続いているので、疲れが出て当然なので、仕方ないといえば仕方ない。キレが良くないのは、今年に入ってからずっと続いているので、そろそろ調子があがってきてもいいころだけど・・・。

平山の状況は中田とは正反対で、チームメートが平山に頼りすぎ。チームからは、基点を作る仕事と、点をとる仕事の両方を求められているが、平山自身、最近の5試合点が取れていない。点が取れなくなった原因の一つに、トップ下のタンゲの存在が挙げられる。ユトレヒトから加入した、ベルギーの元代表のタンゲは、横浜の山瀬・兄タイプの選手。トップ下に構えていて、ボールを受けて展開していくというプレーはほとんどなく、ボランチの位置まで下がってきたり、サイドに流れてきたりして、自由に動いて、最終局面で、スルスルゴール前に入って点を取る選手である。ウイングのスラウターとヌルメラはワイドに開いているので、平山にとって、サポートを期待できるのは、タンゲだけなのに、近くにいないので選択肢が限られてきて、非常にプレーがしづらい状況。仕掛けてドリブルするにしても、パスを出せる位置に選手がいるかいないかで相手の対応は大きく違ってくる。ボクが監督なら、タンゲは左ウイングにおいて、トップ下にクワンサーかタメルスを起用するが、タンゲが入って中盤のバランスが良くなっているのも事実で、平山を孤立させないために、どう対処するか、見物。

最後に、プレシーズンマッチの磐田対清水の試合。

後半途中までしか見られなかったけど、清水のサッカーが天皇杯の勢いそのままに、いいサッカーをしていて良かった。典型的な、4-2-3-1(マルキーニョスは自由に動いているので、登録上はFWだが、トップ下と記述する)。右の兵働、左の藤本をサイドハーフの位置において、そこを基点にしたサッカーは、見ごたえ十分で、特に右サイドは、中に兵働が絞ったスペースに市川が侵入して、何度もクロスを上げていた。問題は、中の人が決めるだけだが、これは、チョ・ジェジンの次第。いい選手なんだけど、いまひとつ殻を破れないし、アテにならないけど、この人が15点くらい取れれば、上位に食い込む可能性が出てくると思う。

清水エスパルスはやりたいサッカーがビシビシ伝わってくるのに対して、ジュビロは、まったくどんなサッカーをしたいのか分からなかった。個々のタレントでは勝っていて、特徴のある選手も多くいて、融合させれば非常に魅力的なサッカーができると思うが、監督が変に型にはめようとして、自滅しているように見える。(これだけのタレントがいるのだから、余計な口出しをせずに、自由にやらせた方が、よほどいいサッカーをすると思うが・・・。)なぜかDFラインからのロングボールが多く、結局チャンスになるのは、名波のアイディアと技術からだけ。ただ、この試合は、前田遼一がいなかったので、もし、中山の代わりに前田が入れば、前線に基点ができてもっといいサッカーができるとは思うので、そこには期待したいところだ。ただ、代表メンバーが帰ってくれば、菊地、成岡、太田(西)といった選手が、サブにな回るということを考えると、選手層の厚さは凄いと思う。(監督は使いこなせないけど・・・。)




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する110


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

セルティックの魅惑的なサッカー

セルティックのサッカーがいい。いつもSOLD OUTのの熱いサポーターに
囲まれて、非常に魅惑的なサッカーをしている。

フォーメーションは、オーソドックスな4-2-2-2。

2トップは、先頃ウェールズ代表引退を表明した、ポストプレーヤーのハートソンと、ポーランド代表のエースでオールラウンドタイプのFW・ズラウスキーのコンビ。中盤は攻撃的な位置は、右サイドが中村俊輔で、左がスコットランド代表のマローニ。下がり目に、ブルガリア代表のペトロフと、守備専門のレノン。タイプの異なる4人で創る中盤は、シンプルだが機能的で、チームとしての意図がはっきり見える。

攻撃のパターンは次の3つ。

1つ目は、トップのハートソンのポストを生かした攻め。幅があって、キープ力のあるハートソンは、ペナルティーエリア近くでも相手DFにつぶされることもなく、ボールを保持できる。強引な突破も可能で、攻撃に落ち着きをもたらす。

2つ目は、左サイドのマローニの突破を生かした攻め。165cmで、レッズの田中達也を思い起こさせるような、小刻みなドリブルと思い切りのいいシュートが持ち味のマローニは、チャンスメーカーとして非常に優秀。マローニの仕掛けから、多くのチャンスが生まれる。

3つ目は、右サイドの中村俊輔を生かした攻め。キープ力のある、中村が右サイドでボールを持つとチームメートは信頼して、攻撃のスイッチが入る。右サイドバックのテルファーがサイドを駆け上がっていき、ハートソンはぺナ付近中央でボールを受ける体勢に入り、ペトロフは躊躇なく前線に飛び出していく。そんな中で中村は、自ら仕掛けて突破を試みることも出来るし、シンプルにはたいてマークをはぐらかすことも出来るし、単純にクロスを上げることも出来る。

攻撃的か守備的かを見分ける方法として、一番分かりやすいのは、アタッキングエリアでボールを持ったときに、味方のサポートがどのくらいあるのかと、クロスを上げたときにどれだけの枚数がゴール前に集まっているかのふたつ。(よくシステムで攻撃的とか守備的だとか判断する人がいるが、これは無意味。)ただし、むやみに前出ても、つなぎの段階でボールをとられたら大ピンチに陥るわけで、このマインドのおかげで、多くのプレーヤーは前に出るよりも、自制が働いてしまう。確実にキープの出来る選手がいるかどうかは、大きい。

スコットランドのサッカーというと、とかくキック&ラッシュのイメージをもたれるが、セルティックのサッカーは異質。昨日のオールドファームダービーで対戦した、レンジャーズと比較してもやわらかさは際立つ。来シーズンのCLが楽しみだ。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する109


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

vs PSV 平山と久保の比較

ヘラクレスの平山相太は、昨シーズンの欧州CLでベスト4に入り、オーストラリア代表監督のヒディンク率いるPSVとアウェーのフィリップス・スタジアムで対戦。この試合では、右サイドバックのヤンセンが怪我のため、ヌルメラが代わりに、DFラインに入った。

戦力的な差はどうしようもないくらいの差があるが、この試合のPSVは、それほどモチベーションが高くなく、また、フェイエの前線ほど、個人技が高いわけではないので、ヘラクレスのDFもまずまずの対応を見せて、前半は無失点で終了。後半26分、ペルー代表のファルファンのフリーキックが直接決まって先制し、そのまま逃げ切った。

平山にとって、最大の見せ場は、後半20分のシュートシーン。この試合で右ウイングに入った、ヘッヒャーからのロングフィードを中央で胸トラップ。しぼってきた、右サイドバックのライジハー(元オランダ代表)をはね飛ばして、ゴールに向かい、右足のアウトサイドにかけたシュートでゴールを狙うも、惜しくも枠をそれてしまった。

ヘラクレスのフォーメーションは4-3-3だが、両ウイングの位置が低いので、実質4-2-3-1で平山のワントップ。さらにトップ下のタンゲの位置が通常より低いので、4-3-2-1っぽい形になることが多いため、味方のサポートはほとんどない。そんな中で、この試合では、アッドのマークを受けながらも、前で基点となるポストプレーができていて非常に良かったと思う。当然、この選手は、単なるポストプレーヤーではなくて、前線ではっていて得点を決める仕事が求められるが、ここ4試合で戦った、上位チーム相手の試合(フェイエノールト、フローニンゲン、ヘーレンフェーン、PSV)が相手だと、低い位置に下がって仕事をせざる得ない。ここ4試合ゴールはないが、試合を見ていれば分かるが、相手が強いからチーム力に差があるので、ほとんどシュートチャンスがないからであって、平山自身は、特に調子が悪いとか、壁にぶつかっているとかいうわけではない。

こうなると、比較したくなる対象の選手は、アメリカ戦でワントップを務めた久保となるが、日本代表が本大会でもワントップを採用するのであれば、明らかに平山の方がワントップの適正は高い。実力的に代表に呼ばれても何ら不思議はない現状で、ジーコが若すぎるからという理由で召集に慎重になる気持ちも分からないではない。そうはいっても、もし平山を起用せずにドイツ大会で敗れるようなことがあれば、モヤモヤ感が残るのは間違いない。ジーコの決断を望む。

最後に、来シーズンのヘラクレスの監督候補が次の3人に絞られたようだ。その3人とは、元アヤックスのGK・メンゾ氏、元サンフレッチェのハウストラ氏、そして、元ジュビロのファネンブルグ氏。ファネンブルグって懐かしいな。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する108


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

vs アーセナル 中田はフル出場で守備で奮闘

プレミアリーグ、ボルトンの中田はハイバリーでのアーセナル戦に先発。アフリカ選手権から戻ったファイがスタメン復帰で、ノーラン、中田と中盤を構成する。

立ち上がりからボルトンが攻勢。開始早々、中田が左サイドのジャンセンに展開。ジャンセンのクロスをノーランがダイレクトにあわせるが、レーマンが好セーブ。さらに、その続きのコーナーからエヌゴティがヘッドで狙うもポスト。

アーセナルは、アンリにいいボールが渡らずに苦戦。

先制点はボルトン。前半12分、中田が裏のジャンセンのスペースに絶妙のスルーパスを出す。ジャンセンの反応がやや遅くて、相手とイーブンのボールになるが、ジャンセンが粘って中央のノーランにつなぐと、ノーランがファンタスティックなアウトサイドにかけたループシュートを放ち、そのボールが飛び出したレーマンの上を越えて先制ゴールとなった。

中田は、運動量豊富で守備で奮闘。読みのよさで、いいカットを何度も見せた。

試合の流れが一気に変わったのが、前半30分のファイのワンプレー。悪質で危険なタックルで、レジェスが負傷退場してから試合は荒れていく。ボルトンはリスクレスのロングパス多様サッカーとなっていき、アーセナルは、アンリと2トップを組んだトーゴ代表のアデバヨールが前線で基点となって攻撃を仕掛けるも、2列目からのフォローが遅く、決定機はほとんどなし。接触プレーで相当にナーバスになっていった。ボルトンが1対0でおり返す。

後半は、アーセナルが猛攻。ピレスが左サイドで、相変わらずのプレーを見せて、攻撃をリードする。しかし、そこに立ちはだかったのは、ヤースケライネン。ビッグセーブを神がかり的なセーブを連発して得点機を防ぎ続けた。

後半30分を過ぎると、アーセナルがずっとボールを支配して攻め込み、日本代表と対戦した前半のアメリカ状態になる。アーセナルは、切り札ベルカンプを投入し、ようやくロスタイムのジウベルト・シルバのゴールで追いついた。

ボルトンとしては、前節に続いて痛いドローとなった。これがアラダイスのサッカーで、それなりに勝ち点を稼いでいるので文句はいえないが、前節の後半に、ボルゲッティ+バステ+ヤンナコ+中田で見せたつないで崩すサッカーをもっと見せてほしいと思う。あれだけのタレントがいて、それでもデービスへのロングパス一辺倒のサッカーしか出来ないのであれば、イングランド代表監督の候補に挙がる資格がない。

この試合の中田は、守備面での貢献が非常に高かった。セスクやジウベルトクラスが相手だと、少し格が違っているようで、相手を自由にさせなかった。ただ、攻撃面では物足りなかった。これは、戦術の問題であるが、ボールを持つ回数自体が少なく、インパクトは与えられなかった。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する107


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

アメリカ戦 収穫のある戦いも黒星

まあ、こんなもんだろうな、というのがこの試合の感想。アメリカ代表が合宿を開始したのが1月5日で、日本代表が合宿を開始したのが1月29日。前半は、コンディションの差がそのまま表れたと思う。試合前の選手のコメントからも分かるように、相当に厳しいトレーニングをやってきているようなので、今が疲労のピーク。逆に言うと、この試合でコンディションがよければ、「いったい合宿では何をしていたんだ」と心配になるくらいだ。

国際親善試合のアメリカ対日本戦。日本のスタメンは、予想通り、3-6-1でGKは川口能活。DFは右から田中誠、宮本恒靖、中澤佑二、MFは、ボランチが福西崇史、遠藤保仁、右サイド加地亮、左サイド三都主アレサンドロ、トップ下に小野伸二と小笠原満男、FWはワントップに久保竜彦。

立ち上がりの日本は、積極的なプレスから攻撃を仕掛ける。開始早々、小野が飛び出しから裏に抜けて、ヒールで中央に折り返すも誰もパスも反応できず。さらに前半5分には、早いフリーキックから、加地が飛び出してのシュートを放つも枠の外。

ただ、前半10分辺りから、アメリカが主導権を握り続けることになる。前半12分には、ゴール正面のドノバンのフリーキックであわやの場面を作ると、その後も、センターバックのポープが積極的に攻撃参加してチャンスを作る。失点は時間の問題と思われた、前半23分、セットプレーの流れから残っていた、ポープが先制ゴール。さらに、アメリカの攻撃は続き、前半39分には、トウェルマンが中央をワンツーで抜けてフリーでシュート。これが2点目となった。前半は、0対2で終了したが、シュートは1対16。完全なサンドバック状態だった。

後半は、遠藤と久保に代えて、佐藤と巻を投入して、小野をボランチに下げて3-5-2の2トップに変更。しかし、セットプレーからアメリカが追加点を挙げる。コーナーキックからデンプシーが完全フリーでダイビングヘッド。中澤のマークを外してのゴールだった。

後半10分には、田中と福西に代えて、長谷部と阿部と投入して、4バックに変更。ようやく日本がいい形を作ったのは後半15分。小野が右サイドに展開すると、加地が中央にクロス。ニアに走りこんだ佐藤の裏にいた、巻がヘッドで決めてようやく1点を返した。

後半22分には、小野に代えて、本山を投入して、長谷部をボランチに。この時間帯から、日本が立て続けにシュートを放つ。小笠原のミドル、巻のシュート、宮本のヘッドがゴールを襲う。しかし、2点目は奪えずに時間が経過する。完全に足が止まったアメリカ相手に、最後まで戦う姿勢を見せた日本は、ロスタイムに、小笠原のコーナーから中澤が執念で押し込んで1点差に迫るも、試合終了となった。

この試合の一番の問題は、スタジアム。誰がマッチメークしたのか知らないが、こんなズルズルのピッチで試合をして怪我人が出たらどうするつもりなのだろうか?ピッチが悪いと、選手の評価がしづらい。こんなスタジアムしか用意できない国とは試合をすべきではないのでは。

まず、システム論からいうと、ワイドアタックが持ち味のチーム相手に3-6-1で守るのは不可能。アメリカと同タイプのオーストラリア、クロアチアが同組なので、ワールドカップで使用できるとは思えない。4バックでチームの方向性を固める時期に入ってきていると思う。この試合の一番の収穫は、3-6-1は使えないという判断が出来たことか。

個人の選手でいうと、前半に出場していた選手はみんな良くなかったが、まずは久保に関して。この試合の久保の状態では、ワントップはこなせないと思う。相手のセンターバック2枚を相手に、一人でポスト役をこなすのは難しい。ただし、無造作に蹴られたボールを、1対1で競り合って、何度か競り勝っていたのも事実。次の試合は、2トップで試してほしいが、過度な期待はしていない。

前半にトップ下に入った小野と小笠原の二人は、前半は良くなかった。球際の強さで相手のボランチに完全に負けていたので、ルーズボールを拾われ続ける原因となっていた。ただし、後半になって、小野はボランチに下がった後、そして小笠原は4バックになった後は、非常に良くなったと思う。やっぱり小野がボランチに入ると落ち着くし、展開がスムーズになるが、ワントップ下では厳しい。

交代で入った選手では、巻と長谷部はすばらしかったと思う。前半のターゲットマンの久保が、様子見プレーが多くて、相手と競れないことが多かったのに対して、巻は運動量も豊富で、申し分のない働きだった。ワールドカップに向けて、面白い存在だ。長谷部は、ところどころで遠慮も見られたが、前に運べる力強さとしなやかさは魅力で、押されている展開では、持ち味を発揮する。代表入りできるかは、ルマンの松井との一騎打ちの勝負か。

ディフェンスの選手で言うと、中澤は彼らしくなかった。最後のゴールは、自分の不出来への怒りで生まれたゴールだったと思う。中澤でも、こんな試合があるんだな、という感じだ。加地とサントスは、後半に入って4バックになってからともに持ち味を発揮した。この二人の攻撃力は、ジーコ日本の生命線だが、3バックのときの中途半端なポジショニングは気になるところ。

総括すると、この試合では、あれだけ相手とコンディションに差がありながら1点差に追い上げるのだから、やっぱりこのチームには自力がある、ということを確認できた。ただ、明らかに機能していない前半の半ば以降の時間帯で、先取点を取られた後、さらにアメリカが攻勢をかけてきたときに、なにもジーコが修正できなかったことに不安を覚えた。これまでの3年間、ここまで一方的な展開になることがなかったし、この試合はただの親善試合なので、問題ないといえば問題ないのだけど、例えば、小野を下げてトリプルボランチ気味にするとか、出来の悪かった小笠原や遠藤を下げて2トップにするとか、田中を下げて4バックにするとか、いくつか対処法があったにもかかわらず動きがなくて、痛い追加点をとられてしまった。ワールドカップでは相手に先に2点を取られると、追いつくことはほとんど不可能になるが、本番で修正できるのか疑問に思う。(まあ、中田がいれば、コスタリカ戦のように中田が自分で判断して、ポジションの修正を図るだろうが・・・)

アメリカも強かったし、後半の内容は良かったので、過度の不安感に襲われる必要は全くないと思う。選手は悪条件の中、よく戦ったし、ただの親善試合の1試合が終わっただけ。収穫も多かった。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する106


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

小倉隆史 レフティーモンスターがピッチを去る日

ここまで一人のサッカー選手に引きつけられることは、これから先は、もうないだろうと思う。ボクは、彼がドリブルをしている姿、パスをしている姿、そしてシュートを放つ姿、ただ単純に、そんなシーンを見ているだけで楽しかった。

オグは、ボクにとっては唯一無為のサッカー選手。多くの感動と驚きを、そして、つらい悲しみを与えてくれた存在だった。この選手の虜になったのは、Jデビュー戦の川崎戦。代表選手が揃うヴェルディ相手に、得意のドリブルで面白いようにDFを切り裂いていく。破壊的なパワーを秘める左足にカミソリの切れ味を併せ持つ、そんな怪物に日本サッカーの未来を託した人は多かった。

転機となったのは、五輪代表での合宿中の出来事。ほとんど再起不能とも思われるような、着地のときに足が逆に曲がる大怪我で、2年半もの間ピッチから遠ざかった。ベンゲル監督のもと、魅惑的なサッカーで天皇杯を勝ち取ってから一月、絶頂期に起こった悪夢だった。

その後は、Jのチームを転々とするが、ようやくたどり着いた安住の地が、甲府だった。ヴァンフォーレはオグの経験とリーダーシップを必要とし、オグはその期待に10得点とチームの躍進という結果で応えた。もう、かつてのようなスピードとパワーはなかったが、インテリジェンスあふれる左足のテクニックと、シュート力は健在だった。

この日をもって現役を引退することになったが、オグ自身、サッカー人生に悔いはないだろう。ボクも、完全燃焼しつくした。あの怪我がなければ・・・、とは思わない。あの怪我があったからこそ、ここまでの思い入れをもってサポートすることができたと思う。第二の人生だが、解説者としても期待するが、やはり指導者として成功してほしいという思いが強い。オランダサッカーの影響が強いので、豊富な経験を生かして、面白いチームを作ることができるのではないかと期待する。

最後に、一人のオグ・サポとして、ヴァンフォーレ甲府のサポーターには感謝を示したい。行き場を失ったオグを、あたたかく迎えてくれたサポーター達。これほど、サポーターという言葉が似合うサポーターをボクは知らない。みんなの力で勝ち取ったJ1の舞台で、躍動するシーンを楽しみにしている。




人気ブログランキングに参加しています。この記事に同意されたオールドファンの方は、

人気ブログランキングに投票する105


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

日本代表 アメリカ戦展望

今年初試合となる、アメリカ戦が土曜日に行われる。

注目は、久々の出場となる小野伸二と久保竜彦。2004年の欧州遠征で見事なコンビネーションを見せた二人が、どの程度のパフォーマンスを見せるかは、ワールドカップに向けて大きな関心を集める。

システムは、3-6-1が濃厚。中盤で、中田、中村、小野を共存させるなら、必然的にシステムは、4-4-2か、4-5-1か、3-6-1のいずれかに限られてくるが、ジーコ監督の元では2トップがほとんどだったので、3-6-1は予選のバーレーン戦(アウェー)くらい。トップがムービングタイプの柳沢でなく、ターゲットタイプである久保となって、どの程度機能するのか、とりあえず見てみたい。

ボランチは、福西と遠藤。稲本の復調と、小野の代表復帰で、代表常連の二人も立場が危うくなってきているので、いいパフォーマンスを見せてほしい。

新戦力では長谷部に期待したい。出場機会があるとすれば、トップ下で、小笠原か小野とのチェンジだろう。3-6-1のトップ下であれば、タイプが違うコンビ(片方がパサーで、片方がドリブラー)の方が機能するだろうから、逆転ドイツ行きの可能性はそれなりにあるのではないかと思う。欧州組がいない間に、代表での居場所を見つけることが出来るか楽しみ。

センターバックのスタメンは、常連の宮本、中澤、田中の3人だが、4番手争いは熾烈。今回は、坪井と茂庭が召集されているが、アピールできるかどうか。

相手のアメリカ代表は、MLS所属の選手がほとんど。J所属の選手のみで構成された日本代表と、どの程度の試合をするのか、楽しみ。中心となる欧州でプレーする選手はいないが、アメリカらしい、システマティックなアメフトサッカーをされると、日本苦戦しそうだ。サイドの攻防が鍵で、仮想オーストラリアには絶好の相手か。

シュート練習でゴールが少なかったとか、紅白戦の内容が良くなかったとか、ネガティブなニュースが流れているが、そんなに気にするようなこととは思わない。アメリカ戦も内容が大事で、結果は二の次だとは思うが、ただ、気分よくワールドカップイヤーをスタートしたいので、すっきり勝ってくれると嬉しいな。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する104


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

vs フォルカーク 中村・先発出場で好プレー

中村俊輔は、フォルカーク戦で右サイドで先発出場。ボランチで出場したロイ・キーンとの連携がどうなのか、そして、ハートソンの代わりに初めての先発出場のダブリンのプレーが注目ポイント。

立ち上がりからセルティックの攻撃は、ホントにスムーズ。この流れを作っているのが中村とマローニ。右サイドの中村は、右ボランチのロイ・キーンと、右サイドバックのテルファーとのコンビで何度もチャンスを作る。中村は、タメを作るべきところと、簡単にはたくところの判断が的確。相手のマークが集中すると、簡単にはたいて、キーンやペトロフを使って攻撃の組み立てを任せて、自分は前線に進出する。逆サイドのマローニは、対照的に、自らドリブルで切れ込んで仕掛けるのが持ち味。

先制はセルティック。キーンの強烈なミドルシュートが相手に当たってコースが変わって入るラッキーなゴール。さらに45分には、マローニの左からのクロスを、バルデがつないで、最後は、マクマナスが決めて追加点となった。後半、フォルカークが1点差に追い上げるも、なんとかセルティックが逃げ切った。

ヘラクレスの試合の後だと、セルティックの攻撃のよさが分かる。プレスをかけられても、中村かマローニにボールを預ければしっかりとキープしてくれるのでボールが落ち着くし、リターンをもらった周りの選手は、比較的フリーの状態でプレーできる。だから苦し紛れのパスはほとんどない。

この試合を見た限り、中村の調子はよさそう。サイドでボールを持って仕掛けたときに、相手は相当に突破を警戒しているので、パスを選択したときに成功しやすいし、シュートチャンスを作りやすい。周りから完全に信頼されているので、ほしいタイミングでパスが回ってくるので、やりやすいと思う。

課題は・・・、今のところは、特になさそう。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する103


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

vs ヘーレンフェーン 先発出場も3試合ゴールなし・・・

ヘーレンフェーン戦に先発出場した平山だが、見せ場はほとんどなし。先発した9試合のうちで、もっともインパクトの薄い試合だった。

この試合でも3トップの真ん中でプレーしたが、味方の押し上げの遅さもあって、ほとんどボールキープができない。風邪という報道もあったが、体調はそれほどよくなかった。

ヘーレンフェーンは、前半45分に、自陣からのロングボールにネイルソンが抜け出て先制。ヘラクレスは、後半38分に、中央で受けたタメルスが右サイドに展開して、右のヘッヒャーがクロス。平山がニアに入り込んで、相手を釣った裏のスペースに入り込んだタンゲがヘディングで決めて同点として、そのまま引き分けた。

この試合で、3試合ゴールがないわけだが、原因は3つほど挙げられる。

1つ目が、相手のマークの厳しさ。あれだけ点を取ると、相手のマークが集中して、なかなか自由にプレーできない。平山のマークが厳しいので、囮で使って攻撃が出来ればいいのだが、そこまでの余裕はヘラクレスにはないので、つぶされても、素直に平山にボールを集める。そこを狙われている。

2つ目は、コンディションの問題。プロ1年目なので、ここまで試合が続くのは初めてで仕方ないが、今年に入ってからの試合は、ずっとコンディションが万全ではない。1試合くらいリフレッシュ休暇があってもいいと思うが、平山がいないと攻撃ができないので、休ませるわけにもいかないので難しい。

3つ目は、単純に、チーム力の差で、チャンスの数自体が少ない。この問題が一番大きいと思う。ここ2試合の相手は、2位のフェイエノールト、5位のフローニンゲン、6位のヘーレンフェーンといずれも上位のチームで、ずっと、試合支配されるので、ほとんどいいボールが上がってこない。いつの日かは、一人でも強引に突破して、打開できる選手になってほしいが、今の段階では、いいクロスが入ってこないと、シュートチャンスは訪れない。

次節は、PSV。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する102


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

マルケスの加入でFマリノスは変われるのか?

はっきり言って、昨シーズンのマリノスのサッカーはつまらなかった。久保を筆頭に怪我人が多く、中盤の奥と山瀬の調子がいまひとつだったことが原因だったにせよ、J屈指の戦力を誇る強豪チームというには、あまりにもお粗末な内容のシーズンだった。

岡田マリノスがもっとも輝いていたのが、2003年のシーズン。久保、マルキーニョスの2トップに、佐藤、奥、那須、遠藤が絡む攻撃は、機能美の美しさを存分に示してくれた、見事なチームだった。

完全制覇を果たして、黄金時代に突入するかに思われたマリノスだったが、そうはうまくはいかなかった。翌2004年のシーズン、2トップの一角のマルキーニョスを放出してアンジョンファンを入れたことで、前線のダイナミズムが失われて、平凡なサッカーになってしまった。リアリスティックなサッカーで、年間チャンピオンには輝いたが、前年ほどの感動はなかった。

昨シーズンは、優勝争いにすら加われないシーズンで、停滞ぎみというそんな中で、今回のマルケス獲得の二ュースが入ってきた。Jでの実績は十分。チャンスメーカーとしても、フィニッシャーとしても優秀な、まれな才能を持った選手である。

久保とマルケスの2トップはいったいどれだけの破壊力があるのか?山瀬と奥の復調はあるのか?そして、岡田監督が再びチームに勝利をもたらして、下がり気味の評価を上昇させることが出来るのか?今シーズンのマリノスに注目したい。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する101


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

J2 全試合生中継

今シーズンから、スカパーで、J2の試合が全試合生中継されることになった。

去シーズンまでは、J2の試合は、だいたい1節で3試合くらいが生中継だったが、仙台や札幌、京都、福岡といった人気クラブのホーム試合が中心で、甲府の試合が見たかったのになかなか中継されない、という不満があったが、これでそういったこととは無縁となった。土日開催であれば、試合時間が分散するので問題ないと思うが、水曜開催の日は、全部の試合を生で中継するのが本当に可能なのかちょっと疑問だけど、とにかく、スカパーらしい決断だと思う。

去年の入れ替え戦をみれば分かるように、J2のレベルは、年々上がってきていて、エキサイティングな試合が多くなっている。松井、大久保、トゥーリオ、今野、森崎兄弟ら、多くのアテネ五輪の代表選手がJ2で力を磨いたことでも分かるように、特に若年層の代表選手がプレーする舞台として、十分に刺激的なものとなっている。特に、今シーズンは、柏、東京V、神戸といったJ1の常連だったチームが降格し、仙台、札幌を巻き込んで、これまで以上に混戦となることが予想される。
(ちなみに、ボクの昇格クラブの予想は、札幌、東京Vで、入れ替え戦進出は神戸。)

この調子で、J1も全試合生で。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する100


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

vs ブラックバーン フル出場でシュートを5本放つ

WBAの稲本潤一が、ブラックバーン戦でスタメン出場。サウサンプトンから加入のMFクアシがウォールワークと共に中央のポジションに入り、稲本は今期初めて、右の前目の攻撃的MFでプレーした。相手のペデルセン封じの意味もあったのかと思う。

ここ最近、絶好調のブラックバーン相手だが、先制したのはホームのWBA。前半7分に、右サイドの稲本から、すばらしいピンポイントのロングパスがゴール前のFWのK・キャンベルの足元に。K・キャンベルが、これまた見事なトラップを見せてDFを外すと、最後は落ち着いて流し込んだ。

追加点もWBA。この試合、左サイドに回ったグリーニングが、ファインゴールを決めた。(グリーニングは、本当にいい選手。打開力のあるサイドアタッカーで、フィーゴみたいなドリブルをする。)後半は、ブラックバーンが猛攻を見せるも、いつものようにクシチャクが好セーブを見せて、結局、無失点が逃げ切った。

この試合の稲本は、非常によかったと思う。今シーズンの中では、11月19日のエバートン戦についで、いいパフォーマンスだったと思う。ここ最近はずっとセンターハーフのポジションだったが、この位置に入ると、どうしても守備中心になって、自由に上がれないため、やや不完全燃焼の試合が続いていたが、(守備は文句なし。攻撃が不満だった。)この試合は躊躇なく、攻めあがることが出来ていた。理想をいうと、センターハーフのときも、この日と同じように、どんどん前に言ってもいいと思うが、今のWBAでは、難しいか。

カマラがいないので、当分は、右の前目の攻撃的MFで出場することになるかと思うが、問題はアフリカの選手がアフリカ選手権から帰ってきたときだな。

最後に、一つ残念だったのは、ボルトンの試合と時間がかぶっていたことだ。生中継で見届けたい試合だった。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する99


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

vs フローニンゲン 平山幻の2ゴール

フローニンゲンと対戦したヘラクレスの平山相太は、この試合も3トップの中央でプレー。マースが出場停止で、ヘッヒャーがボランチに入り、デフリースとコンビを組む。

今シーズン、ここまで5位と好調なフローニンゲンは、組織的なサッカーでヘラクレスに襲い掛かる。好調が伝えられる平山に、どのくらいボールを集められるかが鍵となる。

立ち上がりから、フローニンゲンが攻勢。そんな中、ヘラクレスのチャンスは、セットプレー中心。5分には、右サイドからのフリーキック、ヌルメラが蹴ったボールは、平山相太の頭に当たってゴールインかと思われたが、ハンドでノーゴール。さらに、36分にはフリーキックから、スライターのキックが再び平山相太の頭にどんぴしゃで合って、先制ゴールかと思われたが、今度はファールの判定でまたしてもノーゴール。リプレーで見ると、1つ目のハンドの判定は仕方ないという感じだが、2つ目は???の判定だった。全体的には、フローニンゲンのペースだったが、ヘラクレスはセットプレーでは、得点の期待がもてる状況で、0-0で折り返した。

後半は、フローニンゲンの一方的な展開となる。原因はヘラクレスのボランチの出来の悪さ。レギュラーのマースが不在で、ウイングが本職のヘッヒャーと、デフリースノコンビだったが、攻守に力不足。ポジショニングが悪く、セカンドボールはほとんどフローニンゲンに取られていた。マースの相棒には、これまで、デフリース、クワンサーが主に起用されてきたが、ボールキープできる分、クワンサーの方がいいと思う。(デフリースが出場している試合はいつも内容が悪くなる!)タンゲボランチで、タメルストップ下でもいいかな。

最後は、フローニンゲンのシュート精度の無さに助けられてドロー。上位相手に、アウェーでドローなのでヘラクレスとしてはよかったのではないかと思う。

さて、この試合の平山だが、調子は上がってきているなという印象。チーム力に差があって、(シュート数は22対3。)ほとんどシュートチャンスはなかったが、それで2度ネットを揺らした。なにより、ポストプレーが今日はパーフェクト。相手を背負ったとき、これまでは後ろから、突っつかれてボールを失うことが多かったが、今日は、しっかり体を入れて完璧にこなしていた。またまた、成長が垣間見れた。ゴールが取り消されたのは不運だったというしかない。次節は、久々にホームでチーム力が同程度のヘーレンフェーンということで、固め取りに期待。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する98


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

vs ウィガン 中田奮闘の90分

怪我の影響から、ウイークエンドのポーツマス戦を欠場した中田が、ホームのウィガン戦でスタメン出場した。ボルトンは、デービス、ヤンナコプーロス、ジャンセンの3トップで、ノーラン、中田、ファティガの中盤でスタートした。

試合開始から、ボルトンは、得意のロングボール攻めで展開を優位に進める。とにかく、センターフォワードのデービスにボールを集めてそのこぼれを狙うという形でゴール前のシーンを数多く作る。中田は、序盤は、頭の上をボールが通過することが多くて、ボールに絡めない。

いい感じで試合を進めていた、ボルトンだがアクシデント発生。前半23分に中盤の底に入っていた、ファディガが怪我で退場、代わりに、ハントが入ったが、ハントはリズムに乗れずに、逆にウィガンのペースに移る。

中盤すぎになると、中田が攻撃に絡み始める。1本目のシュートは、こぼれ球をボレーシュートで狙うが、キーパー正面。さらに、スローインから、絶妙のボールコントロールを見せて、相手ディフェンダー頭上の浮き球でかわして、ゴールに突進すると、カバーに来たディフェンダーを交わしてシュートを放つも、ブロックされる。中田は上り調子で前半を終了した。

そして、後半。スタートからジャンセンに変えて、バステを投入。後半7分に、ボルトンはまたまたアクシデントで、センターフォワードのデービスが捻挫で交代して、メキシコ代表のボルゲッティを投入する。そして、この交代がこの試合の転機になった。

ストライカーというよりは、ターゲットマンとしてつぶれ役のデービスがいる時間帯は、ほとんど全ての攻撃がデービスの頭目掛けてロングボールが集められる。このボールに対して、デービスがトラップして、キープするなりして、中盤が上がれる時間を作れるのであれば、そういう攻撃でも問題ないが、デービスはとにかくつぶれるだけ。競り合いには強いので、ゴール前に放り込むと、なかなかの確率でチャンスを生み出すが、攻撃は単発に終わることが多い。一方の、ボルヘッティは、長身で、当然ヘディングも強いが、足元も柔軟なので、グラウンダーのボールを受けて、キープをして、中盤の選手が攻撃に参加するスペースと時間を生み出すことが出来る。(ストライカーとしての才能は段違いでボルヘッティが上)。

ボルヘッティが入ってから、ボルトンの攻撃は見違えてスムーズになっていく。中田、ヤンナコ、バステが絡んで展開するサッカーは、ここ最近のボルトンにはなかったゲーム展開だった。ボクは、監督の心理というのはよく分からないが、明らかに、デービスよりボルゲッティのほうが能力が優れていると思うが、アラダイスの考えは違うようだ。(デービスの存在は、ちょうど、日本代表で鈴木が入るとゲームが硬直しているように感じるのと同じ感覚をもつ。監督にしてみると、汗っかきタイプで、安定した仕事をする選手を起用したくなるものらしいが・・・。)

そろそろ点が入りそうな時間帯だなと思った後半15分、ボルトンはエヌゴティのハーフライン辺りからのロングフリーキックから、相手のクリアミスをついて、ヤンナコプーロスが先制のゴール。これで、完全にボルトンがペースをつかみ、中田は、精度の高いロングパスでチャンスを組み立てる。(ここ最近の、中田のロングパスの精度の高さと軌道の美しさは秀逸。)前半は、なかなか中田にボールが集まらなかったが、いいプレーを続けていくことで、チームメートの信頼を取り戻して、試合終盤には、近くの味方は、まず中田を探して攻撃を組み立てようとする展開になった。

試合は、ウィガンがフリーキックから、ヨハンソンが押し込んで同点で終了したが、ボルトンにとっては後半の内容は良かったので、アンラッキーだったが、次につながる試合だった。

ずっと言っているように、中田の調子はシーズン序盤から安定していい状態だと思う。フィオ時代は、明らかに調子が悪かったが、コンディションにはまったく不安はない。問題なのはロングボール多様のボルトンの戦術で、ボールが頭上を超えていく展開が長く続くと、いくら中田でもどうする事もできない。ちゃんと試合を見たうえで中田を批判をするのであればそれは人それぞれの見方があるので、まあ正当な行為だと思うけど、結果だけを見てもしくはハイライトだけを見て、選手を判断するのは非常に危険だと思う。

それなりに今のサッカー(=デービス中心のサッカー)でも、結果が出ているのでアラダイス監督は静観しているようだが、もうワンランク上のチームを目指すなら、ヤンナコ、中田、オコチャ(バステ)を中心にした、コンパクトなパスサッカーに切り替える必要があるのではないか?アラダイスの考えを変えていくには、中田が今日の試合の後半に見せた、プレーを続けていく必要があるし、手っ取り早く話を進めるなら、ゴール or アシストがほしいところだ。

とにかく、この試合は、トップの選手が一人代わるだけで、こんなにもサッカーが変わるんだということを示した、面白い試合だった。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する97


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

名手 チェ・ヨンス退団

元韓国代表のチェ・ヨンスがFCソウルに復帰することが決まった。(FCソウルは最近出来たチームだが、LGチタスが元になっているチームなので、古巣に復帰ということになる。)チェ・ヨンスは、ジェフで54点、サンガで20点、ジュビロ磐田で1点の計75得点を記録したストライカーだ。

どこも、意外とあっさりした扱いだけど、チェ・ヨンスがJで残した功績は、非常に大きいと思う。2001年のシーズン前、生え抜きの広山、山口、酒井らを失って、危機的状況に陥っていたジェフにやってきた文字通りの救世主。2003年には、オシム監督の下、リーグ制覇寸前まで躍進したときのセンターフォワードだ。特に印象的なのは、1stステージの13節のジュビロ戦。J史上に残る熱戦となった真夏のジュビロスタジアムで見せたプレーはすばらしかった。(PKのときは、チップキックでゴールを決めた!)

1997年のアジア最終予選。韓国の大エースだったチェ・ヨンスは日本にとって、脅威そのものだった。長身で、パワフルで、ヘディングがうまくて・・・。日本にも、こんなセンターフォワードがいればな、と当時は思った。残念ながら、フランス・ワールドカップでは、チャブンクンの不可解な采配(熱くなって退場の危険性があるという、理解しがたい理由でスタメンから外された)で活躍できず、日韓大会ではアン・ジョンファンやファン・ソンホンの影に隠れてしまったが、韓国サッカー界に残る偉大な選手だったことは間違いない。

もう一つ、この選手を語る上で忘れてはならないのが、日本にだけは負けられないという、闘争心の旺盛さだ。当時の韓国代表選手は、それこそ必死の形相で日本選手に向かってきて、日本選手も負けずに戦った。だから、あのころの日韓戦は面白かったんだと思う。最近の日本人選手は、韓国といってもそれほどの意識はしていないし、ガチンコフルメンバーで戦う機会は、それこそ、ワールドカップの決勝トーナメントくらいしかないので、真剣勝負の舞台がないのは残念に思う。かつては韓国のプレスに苦しんだ日本の中盤が、中村、中田、小野を中心に、華麗に相手をいなして攻撃を組み立てて試合を支配する、そんな展開になるのかなぁ。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する96


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

日本代表 小野伸二のトップ下での起用

レッズに入団した当時の小野伸二は、テクニックがあって、やわらかいスルーパスが出せて、得点感覚にも優れている。しかしながら、運動量には乏しく、守備はほとんでしない、という典型的な王様タイプのトップ下のプレーヤーだった。

今から、8年前、Jリーグ開幕を控えた日本サッカー界は、小野伸二の登場に沸いていた。正確にいうと、”今年レッズに入った、小野伸二という選手はものすごい選手らしい”という噂でもちきりだった。今でこそ、ユース代表の試合でも当たり前のように試合中継が見られる時代だが、当時は、ユース代表の選手ですら、メディアに取り上げられることはほとんどなく、高校サッカー選手権に出られなかった小野は、一般サポーターにとっては、ベールに包まれた、未知の存在だった。

開幕戦は、駒場でのジェフ戦。異常な興奮状態の中で、小野はゴールもアシストもなかった。いわゆる、普通の出来だったが、何気ないプレーの一つ一つが正確で、インテリジェンスにあふれていて、周囲には大物感を漂わせていた。開幕前は冗談半分で、「小野はすでに、レッズの中で一番うまいらしい」といわれていたが、試合が終わったあと、その言葉が冗談ではなくなっていた。

さて、今度のアメリカ戦では、小笠原とのダブルトップ下で先発起用されることが濃厚のようだ。日本代表では左サイドとボランチ、フェイエでは左ウイングとボランチで主に使われてきたため、トップ下の小野を見るのは久しぶり。(フェイエでは、たまにトップ下で起用されることはあったが。)

これまでの言動から、ドイツ大会で、ジーコは、中田、中村、小野を3人同時に起用するだろう。4-4-2で、4人の中盤のうち、中田を前に上げて小野をボランチにするのか、はたまた、小野を前に上げて、中田をボランチにするのか。それとも、4-5-1にして、3人を二列目で並べて起用するのか。どの組み合わせが最適なのかを見つける、第1段階のテストとなる。あれから8年たって、オールラウンドなサッカー選手に成長した小野が、久しぶりのトップ下でどんなプレーを披露するのか楽しみだな。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する95


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

ユース代表 こんなサッカーでいいのか?

19歳以下の代表で争うカタール国際ユース大会。韓国と対戦した日本ユース代表は、0-0からのPK戦を4-3で制して優勝した。

結果は優勝だったが内容は散々だった。途中で、韓国の選手が二人退場になって、11対9になりながら、試合を決められなかった。相手が完全に引いてしまったので攻めづらくなったという側面もあったが、それにしても、ゴールの予感のない非クリエイティブなサッカーだった。サイドからひたすらボールを上げ続けるも、すべて跳ね返される、工夫のないサッカーだった。

思えば、最近のユース代表は、いつもこんな(つまんない)サッカーをしている。UAE組しかり、オランダ組しかり。「ボールを奪ったらまずセンターフォワードに当てる→こぼれ球を拾ってサイドに展開してクロスをあげる→中央でクロスに合わせてゴールする」という流れが、日本サッカー協会の理想の攻撃らしい。ということで、日本サッカー協会推薦のエリート若手監督は、何の迷いもなく、この戦術を取り入れて自滅する。

前線に高さのあるセンターフォワードがいて、サイドで基点になれるサイドアタッカーがいて、正確なフィードができるセンターバックがいるチームなら、こんなサッカーでもいいと思うが、小林大吾がいても、梶山陽平がいても、何でもかんでも、教科書どおりの戦術に選手を当てはめていく。なまじ、選手層が厚いものだから、このやり方に従わない反抗的な選手は出場機会を失っていき、監督の要求をこなす選手だけが生き残っていく。

トルシエは自分の戦術に選手を当てはめていくサッカーをして、ジーコはいる選手にあった戦術を用いていて戦っている、とジーコを賞賛する日本サッカーのトップは、このユース世代の現状をどう見ているのだろうか?優れた選手がいないのであれば我慢するが、クラブで輝きを見せる逸材は多くいる。相手がワントップでも、最終ラインに4人のDFを残しておく、そんなサッカーはもう見たくない。

ユース代表チームや五輪代表チームは、日本人若手監督の育成の場ではない。若年層の監督に代表を任せると、目先の勝利にとらわれてリスクレスのサッカーになるのは、明白だ。この世代にこそ、ビッグな監督を連れてくるべきだ。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する94


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

ジェフ千葉 クルプニが加入

ジェフ千葉にクルプニコビッチ(クルプニ)が加入した。以前、ガンバ大阪に所属した選手で、ブンデスリーガのハノーファー96では、チームの中心としてプレーしていたという、なかなかの大物である。(高原のブンデスリーガのデビュー戦の相手がハノーファーで、クルプニも出場していた。)

典型的な司令塔タイプで、ジェフに以前所属していた、マスロバルに似たプレースタイル。精度の高い左足のキックと、パワフルなシュートには定評がある。

ということで、いい選手であることは間違いないが、オシムのスタイルに合うのか、やや疑問に思う。これまでのジェフのトップ下の仕事とは、巻とハースの2トップと、佐藤、阿部のダブルボランチの間に位置して、動き回ってチームの潤滑油となれるタイプの選手が重宝がられていて、司令塔タイプのポペスクよりダイナモの羽生が起用されることが多かった。ただ、羽生区の出来が、ここ2年よくなかったので、このポジションをパワーアップしたいという考えからの獲得だと思う。ただ、この位置にクルプニを置くと、クルプニのところにボールが集められるが、逆に相手のマークが集中して、つぶしやすいチームになってしまう可能性がある。

面白いアイディアは、左サイドハーフに置くことだと思う。2トップに高さがあるので、デ・ペトロやフランのイメージで、クロスマシーンにしてしまうのもいいかもしれない。

昨シーズンの、ハース、ストヤノフの例を見ても分かるように、とにかく千葉に来る外国籍選手はまじめで、優良な選手が多い。そんな中で、ちょっと不真面目な(遊び心のある)クルプニコビッチが、チームにどんな影響を与えることが出来るのか、またJの見所が増えたようだ。




人気ブログランキングに参加しています。この記事について、”なかなか良かった”と思われたときは、

人気ブログランキングに投票する93


をクリックしてくださいね。よろしくお願いします。

 | HOME | 

プロフィール

じじ

Author:じじ
本サイトはYAHOO カテゴリー登録サイトです。

アクセスカウンター



----- Since 2006/1/12 -----

投票 アンケート

質問 あなたはどのチームのサポーターですか?
鹿島アントラーズ
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフ千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜Fマリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ
湘南ベルマーレ
京都サンガFC
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖
特になし

コメント



- レンタルサーバー -

最近の記事+コメント


リンク

ベストゲーム アンケート


今シーズンのJリーグのベストゲームだと思う試合を教えてください。

アンケートのページに行くには、

こちら
をクリックしてください。

カテゴリー

Jリーグ division1
 ├Jリーグ全般 (41)
 ├鹿島アントラーズ (5)
 ├浦和レッズ (21)
 ├大宮アルディージャ (2)
 ├ジェフ千葉 (13)
 ├FC東京 (19)
 ├川崎フロンターレ (6)
 ├横浜Fマリノス (9)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (8)
 ├アルビレックス新潟 (11)
 ├清水エスパルス (11)
 ├ジュビロ磐田 (8)
 ├名古屋グランパス (9)
 ├京都サンガ (16)
 ├ガンバ大阪 (12)
 ├セレッソ大阪 (9)
 ├サンフレッチェ広島 (6)
 ├アビスパ福岡 (6)
 └大分トリニータ (5)

Jリーグ division2
 ├コンサドーレ札幌 (5)
 ├ベガルタ仙台 (2)
 ├モンテディオ山形 (1)
 ├柏レイソル (7)
 ├東京ヴェルディ1969 (10)
 ├横浜FC (5)
 ├湘南ベルマーレ (4)
 ├ヴィッセル神戸 (7)
 ├愛媛FC (2)
 └サガン鳥栖 (3)

海外リーグ所属選手
 ├中田英寿 (14)
 ├中村俊輔 (19)
 ├平山相太 (23)
 ├稲本潤一 (7)
 ├高原直泰 (5)
 ├松井大輔 (3)
 ├大久保嘉人 (1)
 ├大黒将志 (1)
 ├森本貴幸 (2)
 ├小笠原満男 (2)
 ├小野伸二 (4)
 └中田浩二 (2)

ドイツW杯
 ├ドイツW杯 全般 (3)
 ├ドイツW杯 プレビュー (17)
 └ドイツW杯 試合レポート (34)

日本代表
 ├日本代表 全般 (3)
 ├日本代表 メンバー選考 (25)
 ├日本代表 プレビュー (6)
 ├日本代表 試合レポート (22)
 ├U21 日本代表 (14)
 ├U19 日本代表 (8)
 └U16 日本代表 (1)

その他
 ├サッカー全般 (23)
 ├海外サッカー/クラブW杯 (16)
 ├高校サッカー (3)
 └その他 (7)

メールフォーム

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のトラックバック

ランキング

RSSフィード

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。